ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« 2019年11月 | メイン | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月11日 (水)

ダイレクトコンバージョン 「NE612 ミニ」

本基板はサトー電気にでも扱い中。

*************************

NE602を採用したダイレクトコンバージョン受信機がアマチュア無線家向けに公開されたのは、1988年2月号のQST誌上のこと。ネーミングは「Neophyte 」と革新的なニュアンスも含まれている。それは今も往時のqstが見れる。

「和製ネオファイト」としてJF1OZL氏がTA7310で作成した例が公開されている。

サトー電気からのキットが89年8月号のモービルハムにて寄稿されている。ne602の前段にRF アンプを入れて混変調対策重視の回路になっている。

下のがキット実装写真。(販売終了品)

032_2

このサトー電気さんと同様にNE612をつかったダイレクトコンバージョン受信機が基板ナンバーRK-22だ。 RK-22ではLPFに専用IC(max295 )を使ったので、サトー電気さんの進化版とも云える。

002

◆◆◆◆◆◆◆◆

そこで、ネオファイトを再現してみた。NE612単体での感度確認をしたかったからだ。ネオファイト回路にはなかった音量調整ボリューム、も入れた。

基板サイズは、60x35mm.

612mini01

612mini02

612mini04

612mini05

612mini07

612mini06

 

 (S+N)/N=6dBはこの前後だと想う。

612mini03_3

 

まとめ

「NE612単体+LM386」での感度はすこぶる良い。3.5MHzや7MHzではRFアンプは不要だろう。

NE612はやや強めにOSCさせると感度が良いデバイスだ。

部品点数が少ないので、初めてダイレクトコンバージョン受信機を作成する方向けだろう。

*******************

通算282作例。 RK-50.

・受信部にダイレクトコンバージョンを採用したキットとしてはHW-7が最初であり有名である。記憶では1972年のように覚えている。受信した信号を「VR式ATT」経由で「FET」に入れたシンプルなフロントエンドだ。QRPerのスタンダードとしてHeath kitは完全に定着した。


YouTube: Huckleberry Ridge HW7 10 8 2014

・後継のHW-8は CQ誌にでも1976年11月号に記事がある。これにはmc1496を採用し3.5/7/14/21の4バンド対応品。ほぼ同じころDC-701(ミズホ通信)が7/14/21の3バンダーをリリース。DBMには3SK-39を採用。


YouTube: W9RAS Heathkit HW-8 QRP QSO morse code contact 2016 Ham Radio

・HW-9が最終モデルとして1989年に発売された。


YouTube: N4LQ and the Heathkit HW-9

***********************

ham radio 向けキットでは、CYTECさんが有名ですね。

令和元年: 長野県内最大金額の倒産

先日の長野県内最大金額の倒産:

「32億円の負債」との報道だが、近年は10億円程度の売り上げなので 32も借入できた経緯が不明。盛らなきゃここまでの借入はメイン銀行がokを出せない。

今朝状況。10時過ぎても濃霧で視界が悪い。

Dsc_0001

**********************

 東京商工リサーチの文面からすると脱法行為もあるような記事になっている。「売上計上ミス」ってのが何を指すのか。どの税理士に頼んでいたのか?

 ここからは推測になるが、使途不明金があって管財人が入ると困るお方はいないのか?等の???が起きてくる。事務系が上記建屋内にいて残務処理しているが、2weekも掛かるのか?

「住宅工事はストップ中」との事実はある。現場事務所だけで、部材は問屋にすでに回収されている。

たまたま行政エリアが違うので追加情報が来ない。

***************************

世相として もの凄い不況だ。「2.26事件が起きた往時よりも不況だ」との解析もある。

日本社会は同調圧力が強く、ヒトと変わった考えや行動を許さない社会なので、悪人を追及することもせずに、転落していくだけだ。 欧州からは笑われていることも知らないで生きてくのも選択肢のひとつだ。

韓国では悪人を追求する方々がおるので、日本よりもかなり進んでいるね。

2019年12月12日 (木)

ネクストエナジー、北陸電力と資本提携

ネクストエナジー、北陸電力と資本提携:公開情報

1部上場から資本を入れてもらうのは、今年のこれで3回目??かな。

外部からは、「銀行が貸し付けないから泣きついた」と思われてしまう。

資金供給元からは役員も送りこまれるだろうから、生え抜きの社員も心労で大変だと思うよ。

********************************************

電圧降下計算すらできない技術陣だとここに紹介済み

オイラよりは電気の知識がない。

竹中平蔵が 「日本の人件費は高すぎる。中国なみにならないと駄目だ」

小泉政権のときに「竹中平蔵が日本の人件費は高すぎる。中国なみにならないと駄目だ」と強く云っていたので、給料が上がらない理由は、「政府主導による低賃金労働の推進」だ。

2019年12月13日 (金)

LM3080 (CA3080) コンプ基板続 .LM13600

通電した。

トランジスタの段数はここまで不要だった。

P1010026

TRを減らしてもう一度。

*************************************************************

WEBで見られるCA3080, LM13600回路は後段トランジスタを変えるとCOMP具合も大きく変化するのだが、そこまで吟味されたトランジスタ型番が採用されているとは思えない。実験したふしがない。そこが今日の謎。

オイラの回路は正味CA3080のCOMP.

********************************************************************

追記 :LM3080の音域特性が全く駄目で可聴音域に山がある増幅ICだと判明した。非常にピーキーですね。 こんなICを使ったら笑われるね。


YouTube: LM3080 :あ~あ 周波数特性に山あるね。

①中波帯ラジオ  :自作用に14種類

1,

小型ラジオ基板 LA1600-small    : 基板ナンバーRK-33 :製作記事

La160025


YouTube: LA1600 mini radio with lm386

*******************************

2,

小型ラジオ基板 TDA1072-smal  :基板ナンバー RK-34

製作記事⇒ここ

Tda107201_2

Tda107205_2

 

Tda107203_2

Tda107209

感度は TDA1072  > > LA1600です。

*******************************

3,

TA2003ミニラジオ基板 (RK-38)  ⇒ ここ

Ta200304

**************************************

 4,

トランジスタ3石+IC    自作ラジオ基板: RK-44

製作記

Small01_2

Small04_2

Small07


YouTube: 小型自作ラジオ:RK-44。

*****************************

5,

同期検波ラジオ(中波) , 基板ナンバー RK-67.

RK-44に 同期検波部を載せたもの. 上級向け。 


YouTube: 同期検波(自作ラジオ)でnhkを聴く

**********************

6,

ワンチップラジオ基板 。基板ナンバー RK-69。記事

042

041


YouTube: one ic radio :ta7613 part 2

*******************************

 7,

[6AK5トーンコントロール付ラジオ: LA1600 」 RK-73


YouTube: 6AK5トーンコントロール付 LA1600ラジオ

*******************************

8,

低電圧で真空管搭載のハイブリッドラジオ。 トーンコントロールに12AU7

基板ナンバー RK-74

記事


YouTube: 通電確認:tda1072+12au7ラジオ

*****************

9,

RK-80  高感度レフレックスラジオ

製作記事


YouTube: レフレックスラジオ 2sc1815+ta7368

*****************

10, 

高感度自作ラジオ。LA1600より高感度なIC LA1260 を使用。

RK-81  LA1260スーパー   : 

SFU455を2連にして選択度UP  :   製作記事

 


YouTube: LA1260 自作ラジオ :2IC ラジオ。

*********************************************************

11, 

高感度ストレートラジオ。

ta7642ラジオ :RK-94


YouTube: ta7642 :自作ラジオ

鉄筋住宅でもガンガン鳴ります。

*********************************************************

12, 

「トーンコントロール付TA7642」 ストレートラジオ:RK-102

008

製作記事

*****************************************************************

13, 

Sメーター対応ラジオ基板  :RK-94v2


YouTube: TA7642ラジオ基板にSメータ。RK-94v2

TA7642のagcレンジは30dBほど。上のような振れ具合になる。

*****************************************************************

14, 

同期検波  RK-118


YouTube: synchronous detection: homebrew, trial


YouTube: synchronous detection: homebrew, final trial :RK-118

専用ICを使ってみた。 「RK-118 ラジオ」で検索。

②シングルスーパー AM/SSB/CW HF受信機、ダブルスーパー VHF受信機(AM,SSB,CW )

1,

LA1600ラジオ基板(BFO回路あり)   基板ナンバーRK-12. 製作記

057_2

********************************

2,

 HF  AM/SSB レシーバー基板(TA7613) 

ta7320でプロダクト検波。製作記事はここ

003

****************************

3,

HF/VHF  AMレシーバー 基板 (50MHz帯にお薦め). 基板ナンバー RK-20.

製作記事。

003_2

*********************************

4,

50MHz AM/SSB  レシーバー 基板 (基板ナンバー RK-25)

HF~68MHzまで作動範囲でSメーター対応開発記事

005_2

***************************************

5

, LA1247ラジオ基板 基板ナンバー RK-27。 記事

004

***********************************

6,

ダブルスーパー 基板: 基板ナンバー RK-41

製作記事

上級向けです。

 

025

感度良好です。465kHzのセラミックフィルターであればもう5dBほど感度UPします。

Sper01

**************************************

7

, LA1135 AM/SSB 受信基板。 基板ナンバー RK-43

La113501_2

******************************

8

. LA1600短波ラジオ  (ミニサイズ) RK-49.  AM/SSB

BFOオン時にSSB対応 。製作記事はここ

La1600b008

La1600b001

****************************

9,

 RF付き LA1600短波基板(AM とSSBの2モード)。 RK-54.

製作記事

SR-7で聴こえない局を聴きたい方むけ。

006

****************************

10,

28MHzダブルスーパーヘテロダイン受信基板(LA1600):RK-57  AM/SSB

製作記 

Rk5704_2

Rk5705_2

*************************************

11. 

LA1600 ダブルスーパーヘテロダイン RK-60. AM/SSB

RJX-601より感度よくまとまりました。 6m AMのスタンダードにどうぞ

La1600zx05_3

***********************************

12. 

TDA1072 ダブルスーパーヘテロダイン RK-61. エアバンド向け受信基板。

1st IFにCA3028採用. ここ

Rx302801

***********************

13. 

AM/SSB 短波ラジオ。 基板ナンバー RK-63.

プロダクト検波deviceはCA3028(TA7045) .製作記事。

Rk63002

*******************************

14,

50MHz  AM/SSB レシーバー. プロダクト検波。 基板ナンバーRK-71.

TDA1572を使ったダブルスーパー。 

********************************

15,

短波LA1260ラジオ

Rk1051

製作記事

*******************************

③ダイレクトコンバージョン受信機・超再生式検波受信機

ダイレクトコンバージョン受信機

1.

ダイレクトコンバージョン基板製作記

基板ナンバー RK-08

P1010004_3

071_2

**********************************************

2,

MC1496 ダイレクトコンバージョン受信 基板。基板ナンバーRK-18.

製作記

005_2

003_2

******************************

3.

ダイレクトコンバージョン 受信基板。基板ナンバーRK-22

定番のNE612の後段に「8次LPFのMAX295」を配置。 LPFのキレ具合はデータシート(MAX295)参照。

7MHzでの製作記事はここ

このSG出力のビートも聴こえた。

105

◇コーナー周波数はoscの1/50. 今回はおよそ3kHz.

083

*************************************

4、

ダイレクトコンバージョンミニ (NE612) : 製作記事はここ。

初めてのDC機向け

612mini02

5, SN16913 受信機 RK-76 ここ

混信対策の雄MAX295搭載。

Sl16913rx02

***************************

超再生式検波受信機

1,

超再生式受信基板  RK-46 (rf-ampはベース接地)

製作記事

032_3

再生具合はコイルQにも依存するので上級向け。

******************************

2,

超再生式受信基板  RK-48 (rf-ampはエミッター接地)

Geney03

******************************

3.

超再生式検波受信基板 。RK-59.

LPFにはMAX295.クエンチングノイズカットも兼用

Geny0203

******************************

4.

ダイレクトコンバージョン (SN16913)  

RK-76.  製作記事

 

Sl16913rx02

Sl16913rx03

******************************

5.

CA3028-DC.

7MHz ダイレクトコンバージョン受信機 : RK-91. 

製作記事。

Rk9101

Rk9103

④amワイヤレスマイク(中波ラジオ用 ・ 短波ラジオ用)

1、

AM トランスミッター6TR基板   基板ナンバー RK-04.

 中波でのトランスミッター基板です。shopには無い分野です。

001_2

6石AMトランスミッター transmitter board.  amplitude  modulation.
YouTube: 6石AMトランスミッター transmitter board. amplitude modulation.

製作記事

*************************

2,

7石トランスミッター基板   基板ナンバー RK-06.

段間トランスは自作。

016

上級者向け。実装記事

*****************************

3,

12BE6 トランスミッター 基板  基板ナンバーRK-09

2018年1月10日 から領布開始。製作記

030_2

***************************4,

4,

1R5トランスミッター基板   (基板ナンバーRK-11)

製作記

032_3

 

031_2

***********************

5,

AMトランスミッター基板 (MC1496)。 基板ナンバー RK-13

開発記事

AM変調波形は非常に優秀です。音の良いワイヤレスマイクをお探しの方向けです。

002_2

020_2

****************************

6、 

電池管3A5 ワイヤレスマイク  RK-23   製作記事

088_2

*****************************

6, 

AMワイヤレスマイク (NE612)。 基板ナンバー RK-26。

NE612をバランス調整レスで作動させました。製作記

Ne612tx01

波形もまずまずです。 初めての中波帯ワイヤレスマイク自作にどうぞ。

Ne612tx02

******************************

7,

短波帯トランスミッター S042基板  :

基板ナンバー RK-35 (AM/DSB選択 )

S042006_2

**************************

8.

AMワイヤレスマイク基板(TA7320)  : 基板ナンバー RK-45

Ta732003_2

*************************

9.

SL1641 TX(AM.DSB) 。RK-62.     ここ

Sl164107

Sl164106

*********************************

10.

PWMワイヤレスマイク。中波帯のワイヤレスマイク RK-68。記事


YouTube: PWM変調の中波ワイヤレスマイク:タイマー 555②

**************************

11,

AN612ワイヤレスマイク。

基板ナンバー RK-78.  記事

An61203_2

**************************

12

TA7310式 AMワイヤレスマイク基板 . RK-98

Rk9803

 

Rk9804

製作記事

***************************

⑤fmワイヤレスマイク

1,

電池管3A5式  FMトランスミッター(2 TUBE)、 基板ナンバー RK-31。

リアクタンス管に3A5を使いました。

Fm004_2

Fm002_2

*************************************

2、

FMワイヤレスマイク(水晶発振:直接変調) :RK-51

053

051

2019年12月14日 (土)

⑥qrp-tx HF・50MHz (AM/ DSB):水晶発振式。dbm変調。

1,

AMエキサイター基板 (MC1496によるAM変調) 基板ナンバーRK-16.

現行ICでは最も綺麗なAM/DSBが作れます。

091

004

製作記事はここ

**************************************

2,

SN16913  TX  AM/SSB   (QRP) :基板ナンバー 52

phone用にta2011をオンボード。 製作記。

018_2

015_2

************************************

3,

TA7045(CA3028)  dsb-tx基板(80m~10m)。 RK-55。

入力上限はおよそ1W。製作記。

Ca302801_2

******************************

4.

  50MHz用 am送信機(QRP) .基板ナンバー RK-65.

製作記事はここ。

5062001

*****************************

5. 

  50MHz am 送信基板 (s042p). 基板ナンバーRK-66

製作記事。

S042p110

*****************************

6. 

   50MHz am 送信基板 (SL1641). 基板ナンバーRK-83

製作記事

Rk8306_2

*****************************

7. 

   HF am 送信基板 (TA7045M) :記事

基板ナンバーRK-85

Lm3028tx02_3

⑦qrpトランシーバー 50MHz AM /DSB。 7MHz am.

RFCは要調整。負荷目安として 1.9MHz⇒330uH~220uH. 50MHz ⇒0.6~1.2uH . 40MHzあたりから上はチョーク用コアに巻いてベスト点あわせ

1.

ハンドトーキ基板 : 基板ナンバー RK-36。dsb-trx.  製作記事

009

007

*****************************

2, am qrp トランシーバー基板。RK-58

製作記事はここ

受信は超再生式検波。

Amtrx03

Amtrx05

*************************

3, AM トランシーバー基板。RK-77.

RXはダブルスーパー。 RJX-601並み感度。

TXは1W入力。tx-dbmにNE612.

28

4, AM トランシーバー基板。 RK-89

RXはダブルスーパー。 RJX-601並み感度。

TXは1W入力。tx-dbmにSL1641.

016

*********************************************

5,

7MHz AM 小型トランシーバー :RK-96a

96a

製作記事

*******************************************************

6,

LA1600式 AMトランシーバー基板。RK-100.

サイズは69.6 mm X 53.4 mm。

081

製作記事

*******************************************************************

開発中

1.ハンドトーキ基板 : 基板ナンバー RK-36v2。

RK-36をinput 0.8wに上げた基板。

⑨マイクコンプレッサー :8種類

1,

SSM2166 マイクコンプレッサー基板    基板ナンバー RK-05. 

LPFを載せたIC基板を作画した。 

037_2

基板が完成しました。製作記事。 結構好評です。

********************************************

2,

 NJM2783コンプレッサー基板。基板ナンバー RK-14.

アタックタイムの速さで有名なNJM2783基板。 製作記

005


YouTube: Useing NJM2783 , mic-comp P.C.B

*********************************

3,

マイクコンプレッサー基板(TA2011)  RK-15

開発記事

002

************************

3,

 マイクコンプレッサー基板 (SL6270) 。 基板ナンバーRK-28。

製作記事

往時、Royal navyで評価の高いSL6270を使いました。

026

********************************

4.

スピーチプロセッサー基板  RK-47。ここ

Al002

**************************************

5,

マイクコンプレッサー AN829P . 製作記事

RK-56

実測で30dBほどcompできる。

An82911


YouTube: mic-comp using an829,panasonic

********************************

6,

RFスピーチプロセッサー 

RK-84。製作記事

クリスタルフィルターは日興電子。サトー電気に在庫多数。

Rk8402

Rk8401

KP-12Aよりも強力なリミッター設定もできます。

その辺りの味付けは好みでお願いします。

********************************

7,

RFスピーチプロセッサー :フィルターレスタイプ

RF-95 . 記事

群遅延特性を気にしなくて済むRF式スピーチプロセッサー。クリスタルフィルタタイプだと帯域制限されて上側の音の伸びに掛けますね。 フィルターレスですのでより自然に近い音色になります。


YouTube: 自作RFスピーチプロセッサー :ta7061 クリスタルフィルターレス

********************************

8,

AFスピーチプロセッサー :

RK-110 :記事

Rk1103

********************************

LM3080は 中域の盛り上がりが強烈なICで、ヒトの高音が劣化してきこえるので、このデバイスは使えません。


YouTube: LM3080 :あ~あ 周波数特性に山あるね。

⑩455khzマーカー、トーンジュネレーター、ユーティリティ

1,

455kHzマーカー基板    基板ナンバー RK-07.

基板化経緯等はここ

054_2

************************************

2.

100KCマーカー基板 Ver2      基板ナンバー RK-10

トランスレス変調です。ようやく充分な高調波が飛ぶ基板になりました。

開発内容

066_2

069_2

071_2

**************************

3、

 トーン信号発生基板   RK-24 . 製作記事

Tone01_2

057_2

*******************************

4.

 NE612式 455kHz marker。基板ナンバー 30.

開発記事。

057_2

***********************************

5,

真空封印型水晶振動子(100kHz) を使ったマーカー :基板ナンバー RK-42

記事

068_2

***********************

6、

クリコン  RK-53 。記事

Xcon03

Xcon08

*****************************

7.

phone用  バンドパスフィルター(AF)。 基板ナンバー RK-64  製作記事

「OP-AMPのHPF + MAX295のLPF  」。ダイレクトコンバージョン受信機の混信除去むけ。

Bpf01

 

Bpf07

*****************************

8.

455kHzマーカー基板。 IFT調整用。電波を飛ばして調整。

基板ナンバー RK-72。 製作記事   

 

022

023

*****************************

9.

mic-amp (2sk30a+6AK5) :RK-79  記事

およそゲインは20dB。

Rk7906

*****************************

10.

mic-amp (2sk170+6AK5) :RK-82

製作記事

Rk8203

*****************************

11

プロダクト検波ut (IF=455khz) :記事

RK-90

027_2

クリスタルフィルター : スピーチプロセッサー。

*****************

問い合わせの多いRFスピーチプロセッサー の基板化。

ARA方式( audio  -  rf  - audio)になる。

014

市場流通しているクリスタルフィルターは綺麗にのった。

015

このフィルターは結構流通している。

016

KP-12との比較。 (KP-12 と KP-12Aではデバイスも異なるし回路も違う。 結果性能も違う)

017

KP-12は10.7IFTは2個使用。

KP-12Aは1.7IFTを4個使用。

018

OSC部とクリスタルフィルターの距離が随分と離れた設計のKP-12だが、 その設計意図は何だろうか?

*********************

年内には着手したい。

2019年12月15日 (日)

地方の魅力を発信し、ネットショップなどの事業を興す :政府方針

市井の意見です。

*****************************

中国共産党の方針:

3年ほど前に「先進的なIT技術を身に付けた若者を田舎に戻して、農村のIT化を推進する」という政策を始めた。具体的には、「地方の魅力を発信し、ネットショップなどの事業を興す」などの目標が掲げられていた。そして、しばらくしてリーズーチーの爆発的なブームがあり、「農村動画で年間3億円稼ぐ」とマスコミに騒がれて、真似する人が続出した。都会では既に小規模のネットショップは流行っていたんだが、流通が発達してない中国では、工場で仕入れてネットで売る、というような個人で出来るような商売がやりやすいのだ。それを都会にまで拡大して貧しい農村にもたらそうという目論見があったわけだが、それが動き始めている。特に、山岳少数民族は若者が街へ出て行ってしまい、帰ってこなくて、過疎化、高齢化で存続の危機にある。それが、共産党の仕組んだ農村動画ブームで一旗挙げようと、田舎暮らしの動画を発信しながら、ネットショップで稼いだりしてますね 

・「日本は売国政策実施中」 VS  「中華人民共和国は自国民を大切にする政策実施中」。さてどちらの国が栄えますか?


YouTube: 农村大爷打造传说中的第七代鲁班凳,成品的那一刻燃爆了,好厉害

・田舎の爺が器用で孫のおもちゃつくりです。通勤地獄の企業勤めのイエスマンには到達できない技術を身につけています。

・自然あふれる長野県北安曇郡白馬村では 「夏季山岳ガイド・冬季スキーインストラクターをやっています」と吹くおっさんや若者が多いんだが、それだけじゃ年間150万円くらいしか収入がない。その金額じゃ車両(田舎での移動手段)を維持するのが精いっぱい。嫁も働かせても足らずに土方や旗振りして食い扶持をつないでいるのが実態です。通年で土方で働いたほうが2.5倍超えで収入があるのに、自称自営業を好むようだ。

・「嫁を働かせずに一家で食べていける」。オイラが世話になっている会社の社風です。


YouTube: 农村老大爷真厉害,红木做原料,用榫卯环环相扣打造了一个中国馆


YouTube: 【香槟or樱娘】喜欢!雪!真实的魔法❄ 【死库水】【绅士】

大企業に手厚く、庶民に厳しい税制という指摘: 2020年から実施

「日本の経済をどのようにして破壊していくのか?」の2020版が公開された。

現政府は 自国民を護らないぞ。企業も従業員を護らないぞ。

MIC-AMP : 6ak5

**************************

マイクアンプを実験してみた。 12V駆動の6AK5は概ね14dBほどゲインがあることが過去実験でわかっている。

①トランジスタ1石のマイクアンプでは20dB~25dB取れるので6AK5の1本アンプではやや非力だ。そこでFETを前段に入れてみた。 「FET ⇒ 真空管 」の信号引渡しでどの程度ロスるのか?  を確認するために基板化した。

②ゲインが取れるFETに2SK192があるので、それにした。

019

 

020

ゲインは 総合22dBになった。  予想より信号引渡しのロスが少ない。

021

022

たまたま上手く行ったのでこの基板は、 RK-75にする。

L7805はヒートシンクなしで通電30分後に52℃前後だ。SPECでは120℃まで耐えるので放熱は不要。 パソコンのチップセットほどまでは発熱しない。 気になる方は貼り付けヒートシンクで対応願います。

********************

通算337作目。

本来、前段は2SK30ATMが好ましいがゲインに不安があったので試作に、2SK192を使った。さほどロスらないので2SK30Aのmic ampもつくってみる。

2019年12月16日 (月)

東亜細亜で経済成長が停止している國がひとつ

忖度しない報道もでてきた。

Itibkhp

N7m4yg9

Mbkvsnz

**************************************

以下、市井の意見です。

・外国人観光客誘致のために税金使いまくってるんだから
観光業界と航空業界は儲かってるんじゃないの?

・中途採用も日本企業だと給料低くされるから外資に行く。
日本企業にはバカしか残らない。何も作れない・

・外国人観光客が増えたってのも相対的に日本の所得、物価が下がったから来られる訳だしな

・いままでは「韓国と比較すれば日本はまだマシだ」って慰め合ってたんだろうな。
それが「韓国と比較したら日本が惨めになるから、比較やめろ!」

・あと低賃金化の弊害がもう一つ 。
優秀な人材が海外に仕事を求めるようになる。
優秀な人材に給料払わなくて他国に負けて来たのにまだ続けようとする。

・川崎重工元社長みたいに、反対を押し切って、新幹線技術を中国に流出させた結果がこれ。国際特許を中国に申請されたのが判明して、日本はもう駄目状態。

・今をときめくノーベル賞受賞学者にして次々とすごい業績を出している山中伸弥に、来年から国の支援100億/年カットと言い渡す権力行使の快感はたまらんモンがあっただろう。しかもこんなことが役人の職務権限で恣意的にやりほうだい、であるのだ。これが日本だ、私の生まれた國だ。

**************************

もうひとつの事実。

Frtmpal

チリと互角な日本。

***********************************

生産性が向上すると 賃金が下がる変な國は 日本。ギネス級の珍事。

213

生産性が向上すると時間当たりの売り上げが増えるので企業は儲かる。 ⇒ 従業員には儲けを配当しないので、さらに企業は儲かる.(日本の経済はこのシステムで運用されている: この行為は搾取と呼ばれている)

乗算回路で DSB生成:   松下のDBMで実験中。

************************

先日間違えていたこれの訂正版基板が到着した。

デバイスはSSB用DBM  AN612. データシートはここ。

023

******************************:

1, DSB確認した。この1.8MHz近傍はok. キャリア入力上限は低い。

024

2、

25MHzでは駄目。

IC内部の負荷がアンバランスだとこういう波形になることが多い。

025

3,

11.7MHzでもだめ 。 データシートでは11MHzで実験した記述がある。

026

・上限10MHzが安全。 使用上限が低くて驚いた。

・データシート定数ではAMに為れなかった。 ほどよいRは幾つか?

ウェブページ

カテゴリ