Powered by Six Apart

MF47 アナログ テスター キット Feed

2012年4月30日 (月)

MF47 アナログ テスター キット

ラジオ少年から、「MF47 アナログ テスター キット」を購入しました。

ラジオ少年のキットは、どれも良心的価格ですね。

スタッフ様に、いつも感謝しております。

外箱とテスター本体↓

090

抵抗を台紙に整理します。↓

091

少し半田し始めました。↓

092

ラジオ少年さんにあるように、マスキングしました。↑

093

094

セット直前↓

095

取り付けてから、バネ接点の当たり具合を目視で確認中。↓

(必ず、確認することを薦めます。接点を回して擦傷痕の有無を確認します。)

097

で、「基板とバネ接点の中心接点」で0.2mmほど隙間があるのが

目視でわかりました。(銅接点が、充分には接触していないですね)

「充分な接触圧が確保できている??」状態です。

接触圧としてのネライ値は、8グラム~15グラムでしょうか、、。

(30gfでは強いかなあ、、、。)

均等に擦傷痕がパターン上に残っているならば、接触圧は足りてます。

*************************************

接触させるには、

①「銅接点の持ち上げ」で対処

0.03~0.05mm程度なら、銅接点の下に紙を挟んで底上げしますが、、、、。

(今回は、0.2mm厚のシムを挟んでokぽいですね。サイズが小さいので、ネコプレスで打ち抜く必要があります)

②「基板の半田面を持ち上げ」て対処。

 上記のどちらかでの対処になりますね。どちらにしましょう、、。

*************************************

外して、単品で確認中。↓

オイラのは、中央が低いです。(プレスのバラツキがあるので、たまたまだと想います)

096

「目視でも、充分に接触していない」のが判るので、

何か工夫しないと通電性が確保できません。

**********************

低い接点に合わせて、基板に半田を薄く盛ります。↓

(上手く接触しているならば、この作業は不要です。)

0.2~0.3mm載るように、イメージしながら半田します。

多目でしたら、吸い取り線でバランスを整えます。

**********************

銅接点のバネ性(形状と塑性)で、そこそこの凸凹は吸収できます。

「基板と銅接点との隙間があいて非通電状態になる」ことは回避できますね。

098

他の接点も「擦傷痕が見えない処」がありました(接点が当たっていない証左ですね)

で、摺動面はすべて半田上げしました。

↓電池を取り付け。

100

半固定で電圧レンジのキャリブレーションをとって、

完成です。↓

101

このキットは1050円で、とても財布に優しいですね。

*****************************************************

TOP PAGE

カテゴリ