ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

スーパーラジオのケース化:LA1260 Feed

2021年8月19日 (木)

LA1260スーパーラジオ :樹脂ケース化

スーパーラジオケース化の第二弾は、SANYO LA1260にした。

LA1260はここに公開済みのように LA1600の親に相当する。

感度は LA1260の方がLA1600よりも優れている。

**********************************************************

祐徳電子から販売されているキットを転用する。ZHW-KIT-022。

Rk13801

・中国製キットの共通点として、「バーアンテナの2次側コイルの巻き数不足」がある。

1次側 :2次側の巻数比は、日本製キットだと「100:18~ 100:25」が主流だが、中国製キットは概ね半分程度しか巻いていない。⇒ 1次側エネルギーが2次側に巧く渡らずに、感度不足に終わるのが中国製キットに多い。

・2次側に今回は8回巻き足した。リッツ線は今やaitendoでも売っている。10年前にはnpoラジオ少年だけが扱っていたが、ゼニになると知ると動きが速いのは商人である。

Rk13802

Rk13803

こんな感じできこえる。VRを上げるとLM386(3V駆動)がラジオ信号過入力で歪みだすので、30%開度が歪む直前になった。LM386は5V駆動時に急峻な4mV入力で黙り込む(カットOFFモードに入る)ので、入力上限は3mVくらいだろう。

・「バーアンテナ近傍に電池(金属体)が位置するので、Qが下がり感度は出にくい」のも中国製キットの特徴。日本製キットは電池位置も考慮されていた。


YouTube: LA1260スーパーラジオ :樹脂ケース化

無事に音も出た。心臓部がICなので半田ミスさえなければ音が聞こえてくる。

通算397作目。基板ナンバーRK-138.

********************************************************

前回公開した「スーパーラジオケース化の第1弾」は、SANYO LA1600.(RK-136)


YouTube: SANYO LA1600自作スーパーラジオ基板を市販ケースにいれた。

ウェブページ

カテゴリ