Powered by Six Apart

NF型Tone コントロール付き真空管ラジオ 5号機 Feed

2017年7月 6日 (木)

GT管ラジオにNF型T・Cを載せる

274d33763fbaf7652b529386a623dcbc

009

***************************

newestの基板はこれ。1/6w抵抗サイズにしたら、3種類が秋月さんにない。1/4w抵抗をつけてある。

010

GT管ラジオにNF型T・Cを載せる。

011

LED表示器はここで取り扱っている。

2017年7月 7日 (金)

「三極管+ニ極管検波」の6AQ7.

O0640042513330693314

12818889_1527401830894562_76577335_

*********************************

GT管スーパーで6SQ7を予定していた。 6AQ7の方が引き回しで有利なので、明日変更する。

013

********************************

ST管には人気がある。ロクタル管より人気だ。 音はロクタル管>>ST管

012_2

2017年7月 8日 (土)

GT管スーパーは大方部品がついた。スマホ専用入力。

***************************

GT管スーパーは大方部品がついた。

015

016

IFTの取り付け向き。

knowhow.

このgt管もスマホ専用のaux(オックス).

*****************************

前作のST管スーパー

020

2017年7月 9日 (日)

このメーカーのは広帯域のIFTでした。HI-FIでAM放送を聴くGT管。

0q3m0necundr

 

Hljq

 

***********************************

022

023

LED表示器(LC7265)のラジオもほぼまとまった。

トーンコントロールもOK.

021

マジックアイを載せて、糸かけで終了予定。

IFTは帯域が広い。いわゆるHI-FI向けの特性だ。TRIOのT-50よりもHI-FI。 このIFTメーカーのは見つけたら買いだね。

写真からメーカー名はわかるね。

ノウハウ。 ハム音の対策

***************************

通算224作目だと想う。

今年の15台目ラジオ。

2017年8月15日 (火)

NFB型トーン・コントロールについて。1956年刊行誌に学ぶ。

***********************************

「1956年発行の雑誌21頁に記載」の回路をあげておく。

webでもこの亜種が多数見つかる。

055

文中にあるように最初USAで発表されたものだ.61年前には充分に知られた回路だ。

オイラが使っている回路は、これより部品が2点少ない。

下に挙げておく。1963年刊行本に記載がある。

P1010001

ウェブページ

カテゴリ