Powered by Six Apart

50MHz AMトランシーバー自作(tx-dbmはNE612) Feed

2020年1月 2日 (木)

SL1641で50MHz AM トランシーバー基板化

SL1641の50MHz AM波形がNE612よりも綺麗だったので、 「NE612でPCB化済みのトランシーバー基板」を SL1641でリプレースした。 ついでにVXO化もおこなった。

01

サイズはこの位。

出力: 800mW~1Wになると想う。mic-compにはta2011。

受信: 基板化済みダブルスーパーの回路をもってきたので、1μV S/(S+N)=10dB位にはなる。RJX-601並の感度で75x91mmならばよいように想う。

02

************************************

ne612でのam トランシーバー基板。

超再生式amトランシーバー基板(rk-58)の受信部を ダブルスーパー(rk-41)にしたもの。

結果「am ⇔ dsb 」の調整は不要にするべく固定抵抗で決め打ち。

ta2011sはオンボード。

03

067

おそらくはオイラ実装する時間が作れないので、ne612トランシーバーをトライしたい方は連絡ください。

2020年1月 3日 (金)

AMトランシーバー基板:W55H (CFWLB455)、W55I. 50MHz /28MHz.

成田税関でプリント基板が足止め状態。

27日に税関についたがまだ成田から移動できない。 ほぼ1weekロスっている。成田で2梱包停留中。 さらに本日LA1260基板がshippingされた。

新ラジオ基板の着手ができないので、AMトランシーバー基板を実装した。

**********************************

NE612によるAM生成。

how to make up '50mhz am trx'  はここ。

自作派むけにこの基板を2020年1月25日から領布中。

P1010013受信のフィルター(写真)はW55H. W55Hは昨年春からRSにて扱っている。

W55h

W55h01

W55h02

************************************

CFWLB455K シリーズの最上位は,下のW55I(CFWLB455KJFA-B0)。

W55Iは国内ではまだ未流通品。

P1010023

W55Iだと帯域幅が4kcなのでssbよりに為ってしまう。SSB専用受信機ならばW55Iは必須になる。

サイドのカブリ対策にはAFのBPF(RK-64)で対応。

2020年1月12日 (日)

50MHz AMトランシーバー自作基板。 受信部作動OK. RJX-601並感度。RK-77

78350181_2552736011446183_680261051

**********************

6mのamトランシーバー基板:ダブルスーパー受信方式で、「tx用dbmがne612式」 と「tx用dbmがsl1641式」の2通りがある。TX 入力は1W程度。3.5MHz~50MHz任意のシングルバンド用です。

今日はne612式trx を確認した。

main IC ; TDA1072 ,

filter W55H

21

・受信部はダブルスーパー(RK-41)と同じ。⇒LC7265表示器が使えます。

・送信部は RK-65にTA2011を追加したもの。

ともに作動実績ある回路で、1枚基板にまとめました。

***************************

通電してみた。

25

***************************

普通に聴こえてきたが1st IFのコンデンサーを間違えて随分と小さいようで、コア抜けて感度がでてきた。

作動はしているので全体としてはいいようだ。

26

*****************************

さて間違えた同調Cを正規値にした。

感度が出てきた。

28

********************************

(S+N)/N=10dB 時のSSG値はこの位。SSG端出力で5udBVは1.8uVに置換できて、受信側がZ=75ならば 半分の0.9uVが印加されている。 RJX-601と互角だ。RSでは53.

裸で計測ゆえに筐体に収納すればノイズがさがり、結果S/Nは良くなる。

027

SSG端で1uV. 基板には0.5uV.  RSでは42.

30

これもかつかつで聴こえるが,RS31かな?

29

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

送信部:

1.4mV入力でCOMPスタートにした。

35

am波形。 TX部はRK-65よりも注入量を小さくするのがノウハウです。

 

 

Amtrx03

サトー電気のみで今月末頃から取扱いです(yahooに於いても扱いません。only サトー電気)

意思確認の問い合わせしたら反応が戻って来ないので、領布形態は現瞬間では未定。基板ナンバーを入れたPCBを手配したが、大陸は正月なので2月に到着らしい。

通算342作目。 基板ナンバーはRK-77。

tx側は水晶oscにて固定周波数。メインIC TDA1072はKURA電子にあります。受信側フィルタはRSにありますのでご確認ください。

tx部負荷(RFC)は追い込み必要です。50MHzでは3.3uH~0.6uHのどこかでpeak点があります。3,5MHz用であれば図中のRFC値が割合goodです。

32

初めてこの基板に挑戦してもやや困難だとおもいます。 RK-20,RK-41,RK-61B等でTDA1072の挙動を確認してから取り組むことをお薦めします。基板はここにあります。

************************************************************

受信部はLC7265表示させると楽です。

2nd OSCから信号を貰います。

La1600zx18

La1600zx19

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

この表示器のほうが薄くてよいかな?

Lcd04

これも、2nd OSCから信号を貰います。1st OSCを加算したものが受信周波数ですね。本機につけてみた。

33

1ST OSCの48MHzを加えると受信周波数になる。

ウェブページ

カテゴリ