Powered by Six Apart

ミズホ通信研究所 中波帯AMストレートラジオ Feed

2013年12月26日 (木)

ミズホ通信研究所 中波帯AMストレートラジオを製作してみた。

ICラジオキットを組み立てました。

ミズホ通信研究所 中波帯AMストレートラジオ

オジサンのサイフにも優しい価格です。

部品達です。↓

150

VRが余分に入ってました。人間が行なうことなので、数え間違いはありますね。

オイラも両手の指数より多い数を数える折りは、苦労してます。

151

想像していたよりは基板が小さいです。

SP端も予備線が付いていて、良心的なキットになってます。

(おそらく半田をしくじって、SPを駄目にする報告がそれなりにあったのでしょうね)

152

半田する部品は、この数です。

ラジオIC+ICの構成なので、無調整で鳴ります。

説明書はWEB上にありますので、それに沿って進めていきます。

153

ささっと、半田します。 ICソケットはオイラの好みで使っています。

ソケットはキットに含まれませんので、勘違いされませんようにお願いします。

154

パネルを木ネジで留めます。

 付属のネジを廻すパワーがないので、手持ちのネジ(首下6mm)を使いました。

155

好みでゴム脚をはります。 もちろんキットには、ゴム脚は含まれていません。

156

基板を配置します。

158

2次側結線が間違っていたバーアンテナコイルでしたので、

一旦1次側だけにしました。

だれにでも間違いはあります。スリーシグマ(3σ)を引き当てたのかも知れませんね。

テスター通電すれば、気つきます。

159

1次側だけにしました。

160

2次側を巻いて、取り付けます。ターン数は10.

フェライトバーと電池は離れていたほうがよいので、オイラは樹脂スタンドで持ち上げました。

この黒色樹脂スタンドは、キットに含まれていません。

ご存知のように、バリコンとバーアンテナは近い方が耳がよくなるので、離れないようにします。

164

2次側が手巻きなので、1次⇔2次の間隔があいてます。

162

ツマミは、「押し子」を使って軸へ留めます。軸を傷つけないための古来からの方法です。

「押し子」は、ネジ屋さんで手に入ります。

 「ネジサイズと 押し子の厚み」で種類が分れます。

写真のはM4用 t1 真鍮です

163

SGからテストループで信号を飛ばしてみました。

普通の波形で聴こえてます。

165

実際の放送を受信してみました。

アンテナ線は半田してません。 バーアンテナ単体での受信状態です。耳はごく普通です。

ICのストレートラジオなりに普通です。

帯域は、500~1800までカバーしてます。

ストレートラジオは、

バンド上限に向かって感度が下がっていくので、上側では過大な期待はしないでくださいね。

アンテナ線は、同調回路に接続されるので、 アンテナ線を半田すると同調点が下がります。

(理由はわかりますよね)

166

ボリュームの配線です。

170

167

168

169

価格からすれば、作りあげた達成感があるキットです。

お薦めできると思いますね。

以上、製作記事でした。

171

*****************************

超再生式FMチューナーキットも面白いですよ

124

TOP PAGE

2015年12月26日 (土)

既報のように

今年はアイテックさんとDFKさんがclosedした。

★己で部品調達もせずに、造りもせずに、文句だけ垂れるクレーマーが多いからだろう。

ラジオ系キットは、生活必需品ではない。

当然、趣味の分野。

「キット品が高い」と想うなら、ご自分で部品を集めて、必要によっては基板を起こし、ケース加工すべし。 掛かる作業時間をご自分で金額集計すれば、キット品の値段の正当性がわかる。

もっとも、軽自動車だから軽油を給油する猛者。

義務教育だから給食費は支払わない猛者。

AUXをエーユーエックスと読む謎。(TONEをティーオーエヌイーとは読まない謎)

が溢れて来た日本だから、

ラジオキットの分野でも斯様なクレーマーは居る。クレーマーに追いつめられて、嫌気が起きたんだろうと推測する。

ラジオキット分野を狭めているのは、そのクレーマーの存在だね。

ラジオキット2P3が組み立てられなくて、クレームつけた方、身に覚えありますね。

クレームする以前に技術不足を反省するのが大人ですよ。

「説明書もよい2P3キット」が組み立てられないなら、学研の電子ブロックから始めてチカラをつけることをお薦めします。(失敗しても簡単には壊れないのでお薦め)

*************************

2016年1月17日 (日)

毎日、年金砲を撃って 2016年1月5日~16日までに7兆円 年金が溶けたらしい。

溶けたのは30兆円とかの情報もあるが、 平民は溶かす権限もない。 もちろん溶かすことができる立場の人間は責任は取らない。

民間なら責任を責められるが、7兆円溶かしてもOKな商売もあるようだ。

*************************************

リフトはRIFT

何のこっちゃ?

「持ち上げるのは、LIFT」と中学で教わるが、オイラが世話になっている会社ではRIFTと表記する。

LIFTなどと表記するものなら「馬鹿、アホ」と罵られる。

加工基準は、BASE HOLEと表記する。originと表記して苛められた奴もいた。 

高卒程度の教養があると,色々と不都合があるらしい。

苛められたくはないので、現実にあわせる。 社会通念からズレても気にしちゃいけない。

RIFT表記のFA装置は10年前の製作だが、某大手の協力工場で今も稼動中だ。(初めてみた時は 腰が抜けた)

BASE HOLE図面は納入先でおそらくPDF⇒保存されている。 

2016年10月 4日 (火)

ラジオの調整の基本。  標準信号発生器からの信号。

SSGからの信号を電波で飛ばす方法についてお問い合わせをいただいたのでご紹介しておく。あちこちのwebを見ると修理する側のクオリティが落ちているようなので、基本すぎるがあえてupしておく。

昭和35年の雑誌広告を撮像した。概ね56年前のことので当時10代のラジオ少年だったならば当然知っている内容だ。 現在30代ならば覚えておいたほうがよい。

***********************************

①まず、三和無線測器研究所の広告。昭和35年の雑誌から。

010

標準信号発生器(SSG)とセットでループアンテナを使う。これは往時のラジオ技術者の基本。オイラも20代時代に教えられて使ってきた。(業務でラジオ修理)

「何故セットなのか?」は、画像の説明文を読めば理解できると想う。

50KC~なので455KCを飛ばせる。

011

と説明通りにSSG値を直読できる。無線電波を受信する機器に有線で信号を入れるのは不自然だよね。

オイラのは、目黒。商品名「テストループ」の文字が読める。

「ラジオ調整 テストループ」で検索すると、オイラのように「業務用テストループ」を所有するsiteが一人だけ見つかる。他は無さそうだ。やはり、修理する側のクオリティが落ちている。

013

75ΩなのでNコネクター。 この頃は測定器VTVMもNコネクター。(現代はBNCだが)

3つ上の先輩のM氏も同僚のS氏も テストループで時折ラジオ調整しているといまも聞く。

014

「テストループを所有し使っているか?」 or 「持っていない」が、修理業務経験者と素人との違いだろう。

現在の入手方法は、年1回ていどみかけるYAHOO出品をgetするしかない。

見様見真似でラジオ修理を始めるのは当人の勝手だが、修理業務経験者なら半導体ラジオで1万台程度は軽く修理しているので、修理経験の桁が大幅に違うだろう。(2桁?3桁?)これだけの台数を趣味では治せない。(趣味では総時間が不足。)

「プロとアマチュアとは決定的に違う。どこが違うか?」 。プロは数をこなしているので、仕事が安定している。

これとか これも参考になるだろう。追加でこれ

ラジオ修理業務では、「標準信号発生器+テストループ」はmust。

②不幸にして「標準信号発生器+テストループ」でない場合にはJISC6102-2に準拠のこと。

JIS C6102-2によると

「標準無線周波入力信号は,適切な擬似アンテナ回路網を介して受信機のアンテナ端子に印加するか(第1部の表 III 及び図 参照),又は標準磁界発生器で信号を受信機の磁気アンテナに誘起させることによって印加する。」と定められている。

1部記載の擬似アンテナ回路網を見ると開放線の長さが、5m と10mでは 擬似アンテナが異なる。また受信周波数帯によって 回路定数も違う。 磁気アンテナのラジオだとテストループで調整するので擬似アンテナ回路網の組みなおしは不要だ。

「長さ5m程度の室内開放線アンテナのための100kHzから1.7MHzまでの周波数範囲の擬似アンテナ回路」では図示のようにCは無い。この場合はCが存在するとJISから離れた「自己流の好き勝手な調整方法」になってしまうので注意。

この「好き勝手な調整を行なう」のは知識不足に加えて民度も低い証になるので、ご注意されたし。

JISはここから読める。

開放線アンテナのない「市販ラジオ」では、標準磁界発生器で信号を受信機の磁気アンテナに誘起させることになる。 このためにテストループは必須であり、プロエンジニアはそれを使っている。受信機の磁気アンテナに誘起させることがポイント。

yahooで「ラジオ調整します」のようなものが出品されているが、それがJISにどのくらい準拠しているのは知りえない。プロエンジニアがJISを知らぬとは考えにくい。自称「プロ」の可能性もある。

③おまけに、松下電器からFMラジオキットが販売されていた写真。

015_2

ラジオ工作派なら、手に入れてみたいものだ。⇒半年後だが手に入れることができた

***************************************

2016年10月14日 (金)

菊水 テストループ SA100。 JISに準拠。 ラジオ調整の基本。

****************************

 菊水 テストループ SA100.

JIS C6102-1998準拠。

菊水さんから写真はお借りした。

Ksgoption

先日、ラジオ調整の基本としてテストループで電波を飛ばすことを記した。

バーアンテナで受信するラジオのために、テストループのインダクタンスもJISで定められている。JISの文面にあるようにトランジスタラジオ調整ではmustの設備になる。これを所有するのが、プロ。

家電メーカーでは、JISに準拠してラジオ調整を行なう。

修理業務の未経験者は、テストループの存在そのものを知らない。

テストループを用いてラジオ調整することができるのは、国内では5人もいないようだ。ラジオ整備品を出品する大多数は測定器が無いようだね。文面がそうなっている。 修理する側の技術水準がだんだんと低くなっているので、修理済み品を入手するときは慎重に。

*****************************************

オイラのは目黒のテストループ。

014

カテゴリ