Powered by Six Apart

真空管ラジオ GT管 5球スーパー 12号機 Feed

2015年8月16日 (日)

ラジオ工作 GT管 6AQ7  その1

サントリーが話題を再び提供中のようだ。

鏡月問題で竹島を韓国領としてたサントリー。
東北熊襲発言で日本人差別を行ったサントリー。

まあ、どこからどうみても日本人の会社とは想えないね。

この会社、

工業用アルコールと寸分違わぬ香のするアルコール商品が多いので、

飲むには勇気が必要だ。(個人では怖くて買わない)







これが、某氏のデザインのbag(黄色の動物絵)

Dad736fc







海外のデザイナーによる親子キリン(これがオリジナル)

C19306e8

やはりオリジナルの方が格段に上手。

*********************************

①2015年の中間まとめで

製作途中⇒ fmラジオ

修理途中⇒ AF-10 ,S-106  の2台。

②新しく着手したのは、

052

051

ええ、GT管。

自作では60台目になるようだ。

TOP PAGE

2015年8月22日 (土)

ラジオ工作 GT管 6AQ7  その2

天津の爆発中心をグーグル見ると、ゲートが左右に建つ、「車両用通路」になっているようにも見える。

平屋の倉庫だと判り難いが、倉庫らしき建物は???。道路と同じ高さに見える。

普通に車両が行き来する場所のようにも思える。

 この写真以降に建物が増えているかも知れん。

Img_5878

燃えながら飛翔す金属片と思しきものが多数あったので、

どうも軍用物の爆発のようだ。

地表で爆発した際に、土の盛り上がりはこのような形になるのか?

****************************

さて、少し進んだ。

064

063

TOP PAGE

2015年8月23日 (日)

ラジオ工作 GT管 6AQ7  その3

****************************

通電してみた。

065

普通に波形がでた。

この6SA7は元気がよくOSC具合が強い。sg電圧を軽めにはした。

2nd IF球は6SD7にした。 SG電圧は45V位にした。

トラッキングして終了。

★VRを絞ってのSP端のVTVM読みは0.5mV(3mVレンジで)。充分に低い。

オシロ波形から判るように局発が漏れてきている。

066

067

068

これで完成。

6SA7,6SK7,6SD7,6AQ7,6V6の5球構成。

****************************

142番目?の製作品

TOP PAGE

2016年9月17日 (土)

ガラスの6SK7。 (6SK7-GT)

さて少し考えてみよう。

 6SK7-GTの1番ピンの接地の必要性は、動作点に依存する。 至って軽い動作なら浮いていても支障はない。しかるに「mustで接地」ではない。実際に電子が飛びかうエリアは格子形状の金属で覆われてはいるが、目視で確認できるようにそれは接地はされてはいない。フローティング状態でどの程度の遮蔽効果があるかは、田舎者のオイラにはわからん。

教科書的思考しか出来ないタイプには、理解できない分野になるかも知れんな。

DATA SHEETによれば、6SK7のno,1ピンはshell。 6SK7-GT/Gの場合はbase sleeveに結線されている。

6SK7-GTではno,1ピンは管内結線されておらずbase sleeveに管外結線されている。base sleeveは英語を学んだお方ならベーススリーブと楽に読めるはず。先達への敬意も含めて「ベーススリーブ」と正しく呼称することが後人の取るべき道である。間違った呼称するのは勝手だが、日本語まで亡ぼしては駄目だ。

マツダの日本語データシートによれば、base sleeveはベーススリーブの日本語になっている。やはりメーカーのエンジニアは正しく呼称している。「ベーススリーブ」以外の名をつけているとすれば明確に歴史に反する。

ghost in the shellはオイラも好きな映像だ。shellはそういう意味だ。

 6D6を銀紙で包んで実験すれば遮蔽具合の傾向はぼんやりと判るとは想う。

どなたかの実験挑戦を希望する。

*************************

ST管の6Z-DH3Aの「ヒーター・ピンはどちらの方をアースすべきか?」が
先達によって書籍化されていますので、ご一読をお薦めします。

「球から出るハムの対策」⇒

http://fomalhautpsa.sakura.ne.jp/Radio/Other/6ZDH3A.pdf

カテゴリ