Powered by Six Apart

NF型Tone コントロール付き真空管ラジオ 12号機 Feed

2018年4月16日 (月)

製作中の真空管ラジオ

日本のすごい処は、戦後は自民が政権をほぼ独占してるわりに、年金も実質破綻してるし、出生率をただ下がっている。政策が根本から駄目な証しかでてこないことが凄い。

国策でやってきた事が間違っていたのがよく分かるね。
一次産業を切り捨て、技術開発と工業製品、産業で食ってく、というのは難しい。
林業とかじり貧どころか花粉の害撒き散らしてるしな。
食糧自給率も四割切ってるぐらいじゃない? 

すべて国のビジョン通りに進んでいます。

*********************

製作中の真空管ラジオ。

026

2018年4月20日 (金)

自作中のラジオ。

日本の首相が渡米してゴルフをした結果の発表があった

成果

1.求めていた関税からの除外かなわず
2.TPPどころか、ずっと否定していた二国間の協議の開始を約束
3.北チョン関係での、「努力ベース」の言葉だけの約束

予想通り、異様に高くつく写真撮影の代金になった。

米国の州に昇格するまでもう少しだ、頑張れアベ先生。

***********************

ここまで進んだ。

P1010016

3.5MHz自作ラジオは、 ta7613に代わるICが手元に届いていないので中断中。

P1010018

3.5MHzコイルも届いたので、TA7613を3.5MHzで作動させて様子を見る。⇒新ICで7MHzの様子を見る。 80mでTA7613が使えれば、これは80m専用基板(TA7613)。新ICは27MHz用で考えられたので恐らく50MHz近傍まではOKだと思う。

 ◇am エキサイターは基板が到着した。

AM専用ゆえに、水晶でosc.

水晶固定の代わりにTP1に目的RF信号を入れれば、そのRF周波数のAM エキサイター。

T2,T3は目的RFに整合するコイル。T1,T2の文字にしたつもりだったが、T2,T3で届いた。シルク印刷は作動確認後に治そう。

P1010021

2018年4月21日 (土)

自作の真空管ラジオが完成。回転軸。

***************************

自作のラジオは、まとまった。トーンコントロール付きST管ラジオ。

031

下のツマミ軸を取り付けて終了になる。

032

このダイヤル回転軸外用は、 前のモノが2017年初夏に販売終了になったので、オイラのような自作派にとって非常に困った状態。 祐徳電子さんに確認したら、「ラジオ少年で後継品を製作する気配が全くない」ことが判明した。 それじゃ、オイラが困るので、CADして祐徳電子さんにdxfで送り現地にて製作してもらった。「材料はこれで、この寸法公差で」とワンメールで量産してもらった。

そうしたら、今やラジオ少年でもこれを販売中だ。 デザインはオイラだが、ラジオ少年からの挨拶(連絡)はまだオイラには無い。ラジオ少年販売品として、オイラはデザインはしていない。オイラの意匠権はどこにいったやら、、。「使用同意願いの連絡」をくれるのが大人だろう。

これが、この回転軸の製品化経緯だ。

NPOラジオ少年は、新しいキットを開発しているのかどうかも外部からは判らない。

オイラは田舎のおっさんだ。FAの機械設計屋だ。TOYOTAのすべての車両には、オイラの検査装置での合格品が使われている。

*******************

本ラジオで、通算117台目の自作ラジオ(真空管)の完成。

半田工作物としては246作に届いた。

ウェブページ

カテゴリ