Powered by Six Apart

LA1600を使ったam小型ラジオ(RF増幅、BFOあり): Feed

2019年6月 1日 (土)

LA1600ミニラジオ基板は,RF増幅あり、BFOあり。 RK-54

******************

感度面では、SR-7を超えるBFO式レシーバー基板(AMとSSB両モード)を興してみた。 前記のようにSR-7では30dBuVのSSG信号受信が苦しい。AMの受信がSR-7では原則出来ない。

RF増幅を付けた。VRによる増幅度可変タイプにした。 3.5MHzや7MHzではRFアンプは不要だが20MHzあたりではプリアンプはほしい。

RFアンプには2SK192.

005

20dBuVが聴こえてきたSNは15dBほど。

SR-7ではノイズに埋もれてしまう信号が聴こえる。

FRアンプのVRは絞ってゲイン最少にしてある。この位のゲインだと随分とSNが良い。

006

008

(S+N)/N=10dBとなるSSG値。

007

BFO波形。

SR-7では局発の漏れが加算されていたが、本基板は発振回路が違うので、綺麗な波形。

注入量は80mVから120mV. VRでの可変回路なので相手信号に合わせて注入量可変すれば良い。

009

まとめ.

SR-7より15dBほど感度良い短波ラジオ基板ができた。

AMを中心に聴いて,BFOオンでSSBを聴く。

通算290作目。

RK-54になる。

2SK192+LA1600+LM386の構成。

010_2

ウェブページ

カテゴリ