Powered by Six Apart

真空管ラジオ ST管5球スーパー 3号機 Feed

2015年9月24日 (木)

ラジオ工作  ST管5球スーパー 3号機

E1f71206c0e57d8ff68ea048c532ec6b

********************************

ST管スーパーの3号機の工作を始めた。

電源トランス搭載のヒータラインは、片側を接地する。

昔、接地せずに配線したら 局発を拾ってラジオに成らなかった経験が2回ある。

先人達の実装に学ぶことは基本だ。

お馬鹿なオイラも2回 失くじれば3回目の失敗はしないよう心掛けるのだ。

111

YAHOOを見ていたら

6Z-E1 2球で10,000円超えしていた。 6E5も概ね5千円前後。

ST管マジックアイは高いので、ミニチュア管6E2を載せてみた。

110

 

112

★実装時の留意点は、

グリッド線から放射されるIF信号が前段に飛びこまないようにすること。

★IF段の動作を軽くすると、シールドは不要だが、感度よくラジオ聴きたいね。

2015年9月25日 (金)

ラジオ工作  ST管5球スーパー 3号機  通電した

********************************

ささっと半田した。

150

ささっと通電。

通電直後にブーン音が5mV近かったので、少々焦った。

そのまま通電させていると徐々にさがっていつものレベルになった。

球に起因するブーン音は、久し振りだ。

明日、コールドスタート時に再チェックする。

6wc5の+Bは210V. SG1は108V。

151

2nd IFのSG電圧は40V。 ゲイン過多?なのでこれから絞る。

シールドがなくてもまあ作動中。

6D6のシールドは必須ではない。

波形も出てきたのでIF段のゲイン調整は明日。

2015年9月27日 (日)

ラジオ工作  ST管5球スーパー 3号機  VRを絞ってのVTVM値

09f46d8351937595be3132bbae148a1b

**********************************

ST管のラジオの続きです。

「6D6のシルードは必要か?」と尋ねられたら、オイラは「必須ではない」と返答する。

「相が回らない距離」が確保できれば、シールドは不要。

①VRを絞ってのSP端の波形。

161

VTVM読みでは0.7mV近傍。

波形はOSCの漏れが重畳しているが、ヒーターの波形そのもの。

IFの段数が増えるとこのVTVM値も数字が大きくなることは、自作派なら体験済みですね。

②6E2

162

ミニチュア管、GT管ラジオとはAVCの安定度が異なる。球に起因する。

電源ON時のブーン音は、6Z-P1がNGだった。

ST管の不良率はべらぼうに高いな。

163

あとは慣らして音出し。

見た目では、シールドがあった方がST管ラジオぽくて良い。

BC帯オンリーのラジオは作業量が軽くて助かる。

そうそう、オイラは不器用でお馬鹿です。もう4年も TOP PAGEに掲げてあるから皆さんご存知のはず。

******************************

6WC5,6D6,6D6,DH3A,6Z-P1のIF2段ラジオ。

第146番目の製作品

2016年11月 3日 (木)

「ラジオのノイズ」考

******************************

「ラジオのノイズ」考。

耳で聞いて文字で表現すると「ノイズ」の表記になってしまうが、

ブーンと聴こえてくるのは、電源100vの50ヘルツ あるいは60ヘルツの交流分が聴こえてくる。全波整流していると、倍数の100或いは120ヘルツで聴こえてくるのは、皆様がご存知の通り。

さて、SP端子にオシロとVTVMを接続し、真空管ラジオのVRを絞り、周波数ツマミを触って受信周波数を変化させてみよう。 周波数変化に伴ないオシロ上での波形の大きさが変わることが体験できる。VTVMの値の変化をメモしよう。

VRを絞っているのに、何故信号の変化具合がオシロで判るのか?

ラジオはRF部を持っているので、VRを絞ってもRF部信号がコールドから入ってくることはオシロを眺めていれば誰でも判るほどの基本だ。電子はマイナスからプラスへ流れることは中学物理で教わってきたね。

オシロを眺めていると、「RF部の漏れなのか?」は上記のように判断できる。

  真空管によっては、オーバーシュート波形(オシロ上)が出る球もある。この場合はその球を交換する。

電源回路の平滑回路の段数が不足かどうかは、+Bのリップルをオシロで見る。20mVくらいのリップルならば平滑回路の段数は足りている。 5mVまで下げれば good.

コンデンサーの容量よりも、段数の効果があることは先達が発表された表を見れば理解できる。

ST管IF2段スーパーでの波形を参考にUPしておこう。

6Z-DH3Aの1番ピンは接地する。理由はここにある

005

間違っても6Z-DH3Aの6番ピンを接地したり、 平滑回路の接地側引き回しをしくじらないこと。修理済み品(ST管、ミニチュア管)をYAHOOで見かけるが、かなりの割合で配線が間違っている。

メーカー製ラジオ(ST管、ミニチュア管)では、だいたい平滑回路の接地側が下手。その結果ブーン音が強い。真空管ラジオ(ST管、ミニチュア管)を手に入れたら、まずは配線と接地ピン番号を疑うことからのスタートをお薦めする。

004

  「330+330+330Ω」の3段で、だいたいこの程度になる。計990Ω。1目盛りで20mVゆえに、レンジで5~6mV程度だ。1KΩの1段より格段に良い。

+Bの5~6mVは出力トランスのOUT側で「幾つの数字になるか?」は、中学生算数の範囲だ。

その計算が出来たなら、+Bのリップルが200mVの場合は、どうだろう?

まれに3端子レギュレーターを採用した製作例があるが、それが起因になるノイズ(電波)はすでに ご紹介した通りだ

オシロを眺めて ノイズ対策されることをお薦めする。

ウェブページ

カテゴリ