ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

ロクタル管ラジオ8号機 Feed

2021年1月15日 (金)

「ロクタル管スーパーヘテロダイン」の自作。ssg信号をテストループから電波で飛ばす。 

web上でロクタル管ラジオの自作例がかなり少ないね。ミニチュア管なんぞより音が良いんだが、愛好家は少ないロクタル管です。

前回のロクタル管ラジオの製作は2017年4月9日 ⇒ 記事

「agc用検波に2極管」と「信号用検波に2極管」の計 2極管を2個使うのが、音質面では非常に優れています。これは印刷物で論拠が出回っていますので、向上心をお持ちのかたは勉強してください。

今日の製作:ロクタル管スーパー8号機になる。

******************************************************************

ssg信号をテストループから電波で飛ばして確認中。

11

12

13

ミニチュア管はトーンコントロール用3極管。

**************************************************

平滑回路は「4段+アルファ」にした。残留ノイズの確認。

0224

3mVレンジで0.5mVほど。 

局発漏れがオシロで判る。

0223

4段平滑ならば、「ソーラーパワコン起因の商用電源重畳ノイズ」からは逃げれそうだ。

2021年1月24日 (日)

ロクタル管スーパー第8号機 :ラジオディスプレー確認中


YouTube:ロクタル管スーパー :ラジオディスプレー:自作

動作確認中だ。今回はソーラーパワコンノイズ回避のために平滑回路4段にした。

回路はここに公開済み。


YouTube: ロクタル管スーパー 動作確認


YouTube: ロクタル管スーパー 動作確認(ラジオ)

**********************************************************

1st IFの7A7のカソード抵抗を3.3Kオームにしたがまだゲインが出過ぎ。4Kオームがよいようだ。

ST管ラジオでもIF球カソード抵抗は1Kオーム前後。

通算378作目。

ウェブページ

カテゴリ