Powered by Six Apart

RF スピーチプロセッサー:自作 Feed

2019年11月13日 (水)

RF式スピーチプロセッサー

要望が多かった RF式スピーチプロセッサー。

サイズはこの位になる。クリスタルフィルターは手持ち品を使う。ICOMからの転用になる。

YAHOOにはまだ数個あった。サトー電気取扱い品とサイズがよく似てはいる。

スピーチプロセッサーの考え方はこの辺りの記事

Rfara

ケンプロのKP-12Aと同じにするには、TA7045(CA3028)の採用になる。しかしケンプロ回路ではTA7045の動作がよくない。ケンプロのta7045回路部は、たまたま基板を興して実験済みだ。

今回はNE612の予定。  (ta7045の回路図も仕上がっている)

043

********************

補足

・当初は廉価な455khzフィルターを使おうとbfoの安定度を確認した。 ドリフトが15Hzに楽に収まることはデータで取れた。オイラの回路とQが高いコンデンサーを使うとこの位。

・Qが低いコンデンサーならばもう少し暴れるだろう。

・「振動子をEBCとどう接続するのか?」で周波数の安定具合が異なる。 しかし、これに触れた技術書は少ない。 

 ******

だから455khzフィルターで海外在庫を随分と調べた。

フィルターのキレ特性を見ていたら、こりゃだめだと判断した。heath kitの455kcフィルターが入手できるならば、455kcではそれがベスト。

続報はここ

2019年11月14日 (木)

RF式スピーチプロセッサ: レイアウト

こんな感じになった。

Ara1

一応配置できたので、「SNが劣化しないか? コールド側ノイズ対策」を確認する。

****************

続報はここ

2019年11月30日 (土)

RF式スピーチプロセッサ: 基板サイズ

Baba_fumika63

「自作派のお手伝い用」に生基板(pcb)を興しました。これらは、「ラジオ工作中に興した基板(pcb)」です。my 基板を領布中です。

・教えて君向けではありません。「穴あけ基板でつくると見栄えが悪いから出来上がり基板を探している自作中級者」むけです。

・カラー抵抗値が読める方向けになります。CR・半導体等の部材は海外調達のほうがかなり廉価です。ご自分でCR等揃えるとコスト低減になりますね。pcbの提供です。回路図、部品配置図は付属します。部品表をつけるほどの部品点数ではありませんのでご了承ください。

・機械設計屋なので 2000点程度の部品には慣れっこだ。「オイラの回路図の部品表をつくる時間」と「箱から部品を取り出しに費やす時間」がほぼイコールなので、部品表はオイラにとっては役立たないのも事実。

*****************

この14日の基板サイズより600mm2ほど小さくなった。

062

KP-12Aのおよそ4割ほど小型化できた。 「フィルターのサイズが間違っているか?」を確認して手配に移行。

追記

手配した。

2019年12月14日 (土)

クリスタルフィルター : スピーチプロセッサー。

*****************

問い合わせの多いRFスピーチプロセッサー の基板化。

ARA方式( audio  -  rf  - audio)になる。

014

市場流通しているクリスタルフィルターは綺麗にのった。

015

このフィルターは結構流通している。

016

KP-12との比較。 (KP-12 と KP-12Aではデバイスも異なるし回路も違う。 結果性能も違う)

017

KP-12は10.7IFTは2個使用。

KP-12Aは1.7IFTを4個使用。

018

OSC部とクリスタルフィルターの距離が随分と離れた設計のKP-12だが、 その設計意図は何だろうか?

*********************

年内には着手したい。

2019年12月30日 (月)

バランスドミキサー SA612でbalanceを取る。

*******************************

RF式のスピーチプロセッサーの基礎実験を始めた。クリスタルフィルターはICOM製の10.7MHz。

1,キャリアを抑圧したdsbがmustなのでSA612(NE612)にキャリアバランスVRを入れてみた。日欧で見かける回路にした。 SA612のOUTは4番と5番から出しLC共振にいれて多少は波形を綺麗にしたい。

084

082

081

080

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

結果は駄目。IC内負荷が均等でないようで [外部負荷でアジャストする必要がある波形]が出てきた。トランス出力方式ではちょっと使えないことも判った。 定番のMC1496は外部負荷で可変できるのでこのような波形には陥らない。

RK-26同様に4番出力だけでで使うのがお薦めらしい。

083

直接LC共振に入られるとおもったが今のままじゃ無理だ。もう少し触ってみる。

予想よりも波形が悪いのでAN612あるいはCA3028にし、コンデンサーoutにするのも手立てだ。

************************************************

balance抵抗であわせた送信基板ものの例

・RK-62 のDBM  SL1641ではこのようになっている。 NE612より良好。

・キャリアリークはSL640(1640)で-40dB。

・本家SL1640のコピー品がNJM2594.

Sl164101

*************************************

・RK-55のCA3028ではこの感じ.

本家CA3028のコピー品:TA7045はKP-12Aに使われている。

但し、KP-12A回路のままTA7045を使うとバランス調整が追い付かなく歪むのでそこは工夫必要。

Ca302801

これもNE612より良いだろう。

*********************************

amラジオではpwm電波も受信できる。


YouTube: タイマーIC の7555: PWMワイヤレスマイク実験


YouTube: PWM変調の中波ワイヤレスマイク:タイマー 555②

ウェブページ

カテゴリ