Powered by Six Apart

トランジスタ式AMトランスミッター。 typeⅡ-1_ Feed

2017年11月 4日 (土)

7石式AMワイヤレスマイク基板に部品実装中(自作) その1

*******************************

先月10月14日に6石AMトランスミッター基板の領布を始めた。これ記事にてup済みだ。動画はここ

その基板にRFを追加し7石式基板。

003

使わない部品の穴があったので、要修正だ。

009

◇発振コイルはトランジスタ用OSCを利用できるが、段間トランスは自作になる。 IFTを利用し 下写真のようにコイルを所定数巻きなおす。

010

3端子レギュレータ部以外は実装できた。

011

自作7石式AMワイヤレスマイク基板。その2。飛びすぎです。領布できません。

*****************************

今朝の続きで通電してみた。トランスレス変調。

◇とりあえず出口での波形確認。

012

◇コアを回して調整した。peak to peakで100v程掛かっている。段間トランスの2次側は予定巻き数でよいようだ。

013

◇入力過多(過変調)だと受信音がかえって小さくなることをラジオで受信しつつ、「おお飛ぶぜ」と再調整していたら、パキっと音がした。 外装を外してみると、 折れていた。 と、基板が暖かいことに気ついた。体温よりは温度ある。

014

たまたま25mAほど流したが、放熱は必要なこともわかった。6石式トランスミッターより△mも電波が飛ぶが、こりゃ非合法の領域。 おじゃまな部品が載っているが、回路の間違いはゼロ。

25mAx7.5v≒180mWのINPUT。飛びはアンテナに依存するが、inputがそこそこあるのでこれを領布すると非合法推奨者と疑われるので、本基板の領布は無い。kit化もない。悪しからず。終段を「増幅度2程度のCR定数」にて実装してもらえばセーフにはなる。

終段トランスにおいては0.1径UEW電流許容値の上限ギリギリ、IFTケース利用だとこれがほぼ限界INPUT。燃えるほど許容を超えていない。巻体積は有限なので0.14径だと巻数不足になるが、Lを減らしてCを増やすのも手立ての一つ。

◇ 「段間トランスの1次巻数vs2次巻数」の目安も得た。 RFアンプの定数もなんとなく理解した。実験するには具合よい基板になった。

************************

通算231作目。

2017年11月 5日 (日)

7石式中波トランスミッター基板。その3。飛びすぎです。UEW0.14径に換えた。

****************************

昨日の続きです。基板が熱を持ったので線径を0.14mm径に上げた。この径だと40mA程度はOK.

巻き数は0.1径時の6割しか巻けなかった。2次側は同じ巻数。 1次側:2次側の比が上がったので、2次側OUTも増えた。

015

◇下のオシロのようにPEAK TO PEAKで200Vほどになる。良い子は真似をしないように、、。

016

◇さて、 実際にラジオで聴くと、RFの信号が低周波発振器からの信号線に廻り込む、回り込む。「ラジオマイクでここまでRFが回り込むのか?」と驚きつつ、 段間トランスを離調して出力を減らし、音で聴こえるようにしたのが、これ。

017

◇uew0.14mmだと基板は暖かくならないことを確認した。

◇出力を能率良く飛ばさないと廻り込む(当たり前です)。現状のアンテナ線は7cm。

◇アンテナとのマッチング回路を追加で載せてしまうと、飛びすぎて駄目。要は出力を減らすのが正しい。

◇MW帯の高周波増幅段で 25mA程度流すと廻り込み対策回路は必要らしい。LCRの簡単回路を追加して図としては残しておく。

********************************

ウェブページ

カテゴリ