Powered by Six Apart

メンテナンス 東京芝浦 FM/AM ラジオ RM-306F Feed

2013年5月28日 (火)

東京芝浦さんのFM/AM ラジオ RM-306F  その1

SECOND HANDのTRラジオを手にいれました。
東京芝浦さんのラジオ RM-306Fです。
FM/AM の2BAND。
「音が小さくて難あり」とのことで、入手。メンテナンス前提で手に入れました。

ロッドアンテナも綺麗です。
シーソーSWが良い雰囲気ですね。

一通り FM/AMの動作確認を耳で行います。
095

確かに鳴らしてみると音が小さい、「キットのラジオに比べて20dbほど 音量不足かな、、。」

「キングパワーの電池を使わないから、音が小さいのだ!!
」と想う方は
ロートルの仲間ですね。

096

SGから テストループで信号を入れてみた。

夜間なので雑多な波形にはなっているが、、上下対象ぽいのでAF段の動作点は正しそう。

ちょっと強い局を聞いてVRを上げていくと、VR8分目から詰まった音に変るので
何かあるのだろう、、。

「SPが過入力になって歪む」のとは、音が異なって聞える(聴感も重要な測定器ですね)

AF段に2SB54が見えた。



097
SP端が赤線で配線されて、赤線が集まっている処に結線されている。
そういう回路ってことですね。

SPは0.4W表記なので、 その位の音で鳴るように修復予定。

今日は、バラシもせずにこのまま、、、。
AM帯のVCのトラッキングを直したら バンド上側で4dbほど 良くなった。
アンテナコイル位置は そのうち触ってみる。

FM/AM 共に 音が小さいので、 AFの石を手にいれてから着手予定。

RF部のトランジスタは NPNタイプのように見える。

NPN+PNPの混成なのかな?

TOP PAGE

2013年5月29日 (水)

東京芝浦さんのFM/AM ラジオ RM-306F  その2

FM/AM ラジオ RM-306F。
今夜は、ラジオ基板の半田面を眺めてました。
あやしいそうな 箇所は無し。
TRは、RF部は2SC380
         AFは2SB54のPP。

098

↓ 東京芝浦さんのラジオには、キングパワーをご指定です。

099
キングパワーを是非使ってください。

SP端からの音に違和感を感じるので 色々と観てました。

①このSPは300Hzから下側は、音圧が急激に下がっていて
  音質としては??状態。
 250hzは かなり入れないと音として聞えてこない。
VTVMで測るとSP端の電圧下降は100hz近傍からなので
信号ラインは正常動作中。

②FM帯の耳具合は普通ぽいので、TR系の不良は考えにくい。
 まあBC帯の調整がズレている可能性大。
 FM帯でVRをMAXにすると0.4WのSPが歪むので、そういうことだろうなあ。

③下の写真のように、クロス点が どうも、、、。
  経年変化かな??

100

BC帯は第3IFTがずれていたので、 455に合わせたら+5dbした。

④夜間なのでノイズ多々で判読しにくいが、20Khzとか25Khzとか高いFreqの
波形が時々オシロに映んだよね。  
こりゃ、昼間 ぼーとオシロを眺めている必要ありそうですね。
外乱で、この周波数の発生源が身近にあったかな??

ラジオキットに比べると、やや劣るが聞えてはいる。
RFのTRを換えると格段に聞えるようになるが、、
それを行なってしまうと、価値が下がるから、思案中。
「この年式のSPって 低域はこんなにスカスカなのか?」

耳は重要な測定器ですね。

お盆までには、まともな音で聞えるようにしたいなあと想ってますが、

手を加えて良いかどうか、、悩みますね。

こういう時は、皆さんどうされます?

************************************

TOP PAGE

2016年11月 3日 (木)

「ラジオのノイズ」考

******************************

「ラジオのノイズ」考。

耳で聞いて文字で表現すると「ノイズ」の表記になってしまうが、

ブーンと聴こえてくるのは、電源100vの50ヘルツ あるいは60ヘルツの交流分が聴こえてくる。全波整流していると、倍数の100或いは120ヘルツで聴こえてくるのは、皆様がご存知の通り。

さて、SP端子にオシロとVTVMを接続し、真空管ラジオのVRを絞り、周波数ツマミを触って受信周波数を変化させてみよう。 周波数変化に伴ないオシロ上での波形の大きさが変わることが体験できる。VTVMの値の変化をメモしよう。

VRを絞っているのに、何故信号の変化具合がオシロで判るのか?

ラジオはRF部を持っているので、VRを絞ってもRF部信号がコールドから入ってくることはオシロを眺めていれば誰でも判るほどの基本だ。電子はマイナスからプラスへ流れることは中学物理で教わってきたね。

オシロを眺めていると、「RF部の漏れなのか?」は上記のように判断できる。

  真空管によっては、オーバーシュート波形(オシロ上)が出る球もある。この場合はその球を交換する。

電源回路の平滑回路の段数が不足かどうかは、+Bのリップルをオシロで見る。20mVくらいのリップルならば平滑回路の段数は足りている。 5mVまで下げれば good.

コンデンサーの容量よりも、段数の効果があることは先達が発表された表を見れば理解できる。

ST管IF2段スーパーでの波形を参考にUPしておこう。

6Z-DH3Aの1番ピンは接地する。理由はここにある

005

間違っても6Z-DH3Aの6番ピンを接地したり、 平滑回路の接地側引き回しをしくじらないこと。修理済み品(ST管、ミニチュア管)をYAHOOで見かけるが、かなりの割合で配線が間違っている。

メーカー製ラジオ(ST管、ミニチュア管)では、だいたい平滑回路の接地側が下手。その結果ブーン音が強い。真空管ラジオ(ST管、ミニチュア管)を手に入れたら、まずは配線と接地ピン番号を疑うことからのスタートをお薦めする。

004

  「330+330+330Ω」の3段で、だいたいこの程度になる。計990Ω。1目盛りで20mVゆえに、レンジで5~6mV程度だ。1KΩの1段より格段に良い。

+Bの5~6mVは出力トランスのOUT側で「幾つの数字になるか?」は、中学生算数の範囲だ。

その計算が出来たなら、+Bのリップルが200mVの場合は、どうだろう?

まれに3端子レギュレーターを採用した製作例があるが、それが起因になるノイズ(電波)はすでに ご紹介した通りだ

オシロを眺めて ノイズ対策されることをお薦めする。

カテゴリ