Powered by Six Apart

真空管ラジオ用 周波数カウンタ紹介 (all my 基板)。キット品はyahooにて。

「電波ノイズの発生源にならない周波数カウンター」を作製しましたのでご紹介します。中華製カウンターは電波ノイズを撒き散らすことが確認されています。 

「自作派へのお手伝い用に私の興したプリント基板です」に在庫があれば下記基板の領布は可能です。2017年4月時点で以下の3種類です。shop等からの市販品は無いようです。真空管ラジオのOSC強さを想定しています。(半導体ラジオでも作動します)。

2017年9月7日から LC7265 キットがshop発売になりました。LC7265キット(non-pic)はshopからお求めください。

 

信号の貰い方はここにup済み。

yahooにキットは出品中

*********************************

①LCD式生基板。(ラジオ表示用am /fm) 基板ナンバー RK-01

BC~FM帯まで連続して受信周波数表示

表示詳細

Lcd2

027

*****************************

② バックライト式LCD表示器 AM/FM

上記CD3610を使った発光タイプ。

 

067

ICが欧州/USA 仕様なので、FM帯は国産ラジオ向けでない。

日本において、「FM帯のIFがupper あるいは lowerどちらを選択するのか」は 往時 、関係機関(行政)と放送局とで協議され決定された。 60歳以上ならば知っていて当然の事実だ。

064

065

キット化されるらしい。

開発記事はここ

*********************************

③LEDダイナミック点灯式生基板。(pic方式) 基板ナンバー RK-02

「oscマイナス455」でヘテロダイン向け。 または「oscマイナスゼロ」のモードで再生ラジオ向け。

JH4ABZ式基板。 JH4ABZ氏の承諾を得て基板にしてあります。「JH4ABZ氏による書き込み済みPICとmy 基板」のSETです。

010

087_4

2016年6月製作のラジオ。 これを真似て同年初冬FETラジオにつけた御仁はいる。

再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2  デジタル表示
YouTube: 再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

再生式ラジオへの搭載例

Img_1418

ここここに紹介情報あり。

RADIO COUNTER
YouTube: RADIO COUNTER

*********************************

LED点灯式。(non-pic方式)   基板ナンバー RK-03

FMとAMの2バンド用。

092_3

088_2

「35年ほど昔のLED表示専用IC(SANYO)」をそのままで表示させています。いわば80年代ラジオカウンターの復刻版。 調べましたが東芝・松下には無いようです。三菱のICはやや付属部品が必要です。

このLC7265式表示器は、2017/07/03から祐徳電子さんで取り扱い始めました。

*********************************

⑤ 5桁LED(M54821)   基板ナンバー RK-21

3.5MHz~87MHzまで  .off setは455,460,470を選択.

開発記事

004

 

006

M011

M001

M004

******************************

⑥  開発中

もう1案 検討している。

Ans01

ウェブページ

カテゴリ