Powered by Six Apart

12BE6 12V ワイヤレスマイク Feed

2018年1月 2日 (火)

2018年の製作第1号。12BE6,12AU6。。はいぶりっどワイヤレスマイク製作プロジェクト (MT管編)

6cba605ad77a7630a231df5f94

Pose

*******************************

2018年初頭の自作物はこれ。はいぶりっどワイヤレスマイク製作プロジェクト(MT編)

トランスレスラジオ用真空管の12BE6と12AU6を其々1本使う。

真空管ワイヤレスマイクの自作を公開してあるSITEは多くないように想う。FM帯のワイヤレスマイクは半導体キットが多数流通しているが、AMワイヤレスマイクキットの現行品は、札幌の原先生の処だけのようだ。180V等の電圧が嫌われている可能性もある。

FM帯真空管ワイヤレスに至っては製作例がほぼない。 偶々オイラが数台自作したのは紹介してある。

そこで感電しない電圧(正確には感電しにくい低電圧)の12.6Vで作動する真空管ワイヤレスマイクを自作した。回路は下。

1, 構成は、MIC AMP (2TR)⇒VR⇒ MIC AMP(1TR)⇒12BE6(OSC,MOD)⇒12AU6(BUFFER)

2, 特徴として、入力はスマホ等OCL音源対象。MD PLAYERもOK.12AU6で3倍程度は増幅している。

3,飛びはアンテナ次第。

4,12BE6はプレートに100V印加を想定し設計された球ゆえに12.6VでOSCさせるとやや発振が弱いので、よく見かける抵抗値とは値を換えてある。

5,自動車用真空管12AD6,12AF6もピンアサインが同じなので使えると想う。 

6,樹脂の底板も用意してみた。

001

回路図は写真のようになっている。1点間違えたがよく見ればわかるだろう。訂正版は手配した。 OSCコイルは祐徳電子さんで売っているもの。札幌のラジオ少年の領布品は基板つきなので、剥がす必要がある。

heptode管でam変調かけると、下写真の波形になる。(6WC5波形)。教科書で見かける波形になる。

045

◇通電してみた。

002

アンテナ線はゼロcm. つまりアンテナ線無しでこの状態。


YouTube: transmitter 12be6 in test

◇マイクアンプ部のゲインを確認する。

最大で3Vほど12BE6に印加できるようだ。 25mV inで歪む設定になっている。スマホだとpeakで10mVちょっとなので支障はない。スマホ用の実績ある入力回路を持ってきた。

電源は0.3A以上流れているので、0.5Aや1A用のものが必要になる。

入力回路はスマホ等OCL機器向けの回路になっている。

006

アンテナ線は20cmつけた。 このままで40cmほど 飛ぶ。 


YouTube: Transmitter 12be6 in 2nd test

作動確認も出来たので、ケースに仮組立してみた。真空管もので剥き出しは見た目が拙いと想い、底板等を樹脂で製作した。

004

このアンテナだと0.2mほど飛ぶ。クルクル巻かないほうがよいようだ。 回路図のようにマッチング用LCを配置できるよう工夫はしてある。

005

支柱長は15~18mmが良いようだ。

基板の作動はokだが、シルク印刷を間違えた。第二トランジスタのエミッター印をベース側に印してしまった。このままではちょっと領布は無理。

修正して基板を手配した。

ほぼ完成だ。

◇◇2018年1月9日 追記無事完成


YouTube: 12.6Vで動作する真空管ワイヤレスマイク

◇◇

もっとマイナーな電池管でのプロジェクトはこの記事

12vのような低圧で真空管をoscさせる技術は会得した方がよい。トランジスタよりOSCが弱いのでやや手強い。

032


YouTube: 電池管1A2実験 その2

2018年1月 8日 (月)

12.6Vで動作する真空管ワイヤレスマイクの動画をupしました。.はいぶりっどワイヤレスマイク製作プロジェクト (MT管編)

 

はいぶりっどワイヤレスマイク製作プロジェクト (MT管編)

*************************

この試作基板の続きです。

訂正した基板がelecrowから届いた。 シルク印刷が直っているはず。

本機は、トランスレス球を使っての「12.6Vワイヤレスマイク」の製作記事です。


YouTube: 12.6Vで動作する真空管ワイヤレスマイク

プレート電圧が100V用の真空管なのだが、動画のようにプレート電圧12.6Vで使ってみた。 飛びはアンテナ次第だが、この青色アンテナで0.2m程度。アンテナをビニール線にしてラジオに結線する方がよいように思う。

マッチング回路用のインダクターで具合良い値のが見つからないな、、。

026

025

12.6Vで使うとHEPTODE管の音声信号は0.5V程度で球側(12BE6)が歪みはじめる。通常は5V前後までOKだが、プレート電圧12.6Vなりに小入力で飽和する。結果としてMIC ゲインとしては35dBもあれば足りる。

027

フェライトビーズの在庫があったはずだが見つけられなかった。 廻込みするほどは電波が強くないので、ジャンパー線にて繋いでokだ。

029

感電しない真空管ワイヤレスマイクを造ってみたい向けの基板になった。

通算237例目。

◇RF出力を有線にてラジオに入れてみた。

030

思いのほか具合が良い。 程よい電波強さだ。

031

「半導体+真空管」のワイヤレスマイク基板の現行流通品は無いようだ。本基板で、感電しにくい12.6Vで真空管トランスミッターをつくることも出来る。

032

  「基板ナンバーRK-09」にて1月10日から 領布します。

出品中の商品はこちら

ウェブページ

カテゴリ