Powered by Six Apart

レフレックス 2球 真空管ラジオ (6JC6+6EH7) Feed

2011年12月23日 (金)

真空管 2球式 レフレックスラジオ  (6JC6+6EH7) 

これは、配置を考え直すことにして、

この筐体で 6JC6+6EH7の2球レフレックスにしました。

(後で判明するのですが、リモートカットオフ球はAFに向きません

波形を入れてみればすぐにわかります。2012、 2月26日 追記)

人気の6EH7と あまり人気のない6JC6を採用です。

規格表を見ると6JC6は15000μモー

6EH7は12500μモーですね。(差し換えできるピンアサインです)

43

回路はいつものように、1:3トランスと20K:8のOUTトランスです。

OUTトランスは、上面に配置しませんでした。

1球ラジオの時は、AVR化により電圧ドロップが大きかったので

今回は、当初 平滑回路だけでした。

発振することもなく、簡単に音がでました。

(今の所、配線ルートを誤らなければ、15000μモーでも20000μモーでも発振しません。

6GH8で学習しました。)

で、リップル音が、やはり酷いので(6EW6+6EW6での経験 忘れてました)

AVR化を追加しました。

(広域のサー音も追加されたのは、6EW6+6EW6の時と同じです)

41

耳は6EW6+6EW6と同じですが、こちらの方がサー音が強いです。

(同調時に、妙な挙動します)

(今回はAVRの配置が悪いです⇒写真はアカンです)

このサー音で受信するなら、1球レフの方が音質面でベターです。

球を換装してみたら

「レフ部に6JC6を使用した6JC6+6EH7」>>

      「レフ部に6EH7を使用した6EH7+6JC6」 になりました。

RS 44で聞えている信号が、

6EH7をレフ部に使うとノイズに埋もれて聞えなくなります。

「モー値の差」だと理解してます。

(6JC6は良い球ですよ、もっと人気があるべきですね)

「同一型式での真空管の製造上のバラツキが、どの位あるのか?」が

気になりますが、 情報が見受けられませんね。(雑誌には30%の文字はありましたね)

42

ピラニー真空計の製造に携わる方々から、

個体差は概ね50%範囲に収まることを最近聞きました。(現代技術でも、苦しい分野です)

真空管の物理的な製造精度が0.1mm単位で出来るとは思えないので

真空管の同一型式での個体差は,30%には収まらないだろうと考えています。

INTELのICも選別出荷する時代ですからね。

追記2011/DEC/24

で、サー音がきついので、抵抗負荷に戻そうかと思案中です

レフ部を「1:3トランス負荷⇒抵抗負荷」にするとバルボル値で

3レンジ強も落ちるので、球数で補う方向になります。

(低域ブーストからは逃げれます)

マージンを取れる5球スーパーでは、検波段は通常 抵抗負荷ですね。

追記2012/JAN/4

規格表を見てたら、品管系のデータも併記してありました。

「メーカー発表のバラツキの数字」の捉え方ですが、50%(±25%)の差異は存在しますね。

出荷検査で絞りこんでいるのが判ります。

***********************************************

TOP PAGE

2012年2月25日 (土)

真空管 2球式 レフレックスラジオ  (6JC6+6EH7) その2

昨年の12月のまま、未完成でした「6JC6+6EH7」です。

少し、前進しました。

昨夜、配線を見直ししました。

①,6JC6で波形が歪んでいたので、バイアスを深くしました。

6JC6のカソード抵抗は150Ω⇒1.2KΩにUP

2月26日現在、 カソード抵抗は100Ωです。バイアスはマイナス1.3Vにしてあります

②,6EH7もバイアス抵抗を150Ω⇒390Ω

(330Ωがベストぽいのですが、手持ちにありません)

6EH7はこれより浅くても深くても、上下均等の波形になりませんでした。

****************************

追記、

後の実験で気ついたのですが、入力レベルに応じてバイアス(動作点)が動くので

浅い動作点ですと、波形は上下非対称になります。

6JC6も6EH7も深い動作点で、ゲイン極少で使うか、、、。

****************************

092

SGでの波形↑

093

進行中↑ AVRは使わないようにしたので、撤去予定。

094

VRを絞っての、リップル波形。

バルボルの測定レンジは0.01Vなので、4mv位ですね。

095bmp 

起稿時の回路(参考扱い)

******************************************************:

TOP PAGE

2012年2月26日 (日)

真空管 2球式 レフレックスラジオ  (6JC6+6EH7) その3

096

↑AVR撤去とあわせて、負荷トランスもTR用に換装してみました。

後付けですのが、偶然にも収納できました。

097

波形です。↑

ケースは、穴凹だらけになってしまいました。

真空管トランス⇒TRトランス負荷の結果列記。

1, 出力は減りました。マイナス10dbくらいです。

  「昇圧比が小さい」のが要因だと想います。(ST-27がベストのようですね)

 やや負荷が軽い感じもします。

2,周波数特性は、「1:3トランスに起因する低域ブーストから解放されました

f特性は未測定ですが、「SSG 1Khz変調>SSG 400Hz変調」の出力になりました。

 差は7dbでした。  (音声高域が強調されて、聴きづらい方向??)

考察

1,「音量優先or音質優先」で,負荷トランスを選定すればよさそうです。

 (フラットな特性の負荷トランスを探す必要が発生しています。)

ST-21,ST-28,ST-30も試しましたが、アカンでした。

    TRトランス群では、サンスイのST-17がベターです。(高音・低音差が少なめ)

 

2,放送局にしっかり同調をとると、バイアスが深くなるので

「変??」と想って6JC6の規格をみたら、リモートカットオフでした。(選定ミスです)

ゼロインすると、波形が軽度な発振状態になりました。(理由は判りますね)

すこし離調して聴いてます。

「TRトランス」+「リモートカットオフ」の挙動を理解しました。(真空管って面白いです)

今日は、色々と勉強しました。

101

同調近傍↑

102

103

同調点だと想う周波数↑

104

同調点を通過した波形↑

105

6BX6も挿してみました。

************************************

追加実験です。

6EJ7(東芝製 シャープカット??)に球変えしてみましたが、

同調時の軽い発振はやはりあります。(バイアスが振られる球ですので、確実に発振します)

106

6EJ7+6BX6のアイドル状態。(無信号状態)↓

107

初段(6EJ7)のバイアスは、1.3V↑

108

信号をいれると初段(6EJ7)のバイアスは、1.76Vまで変化↑

変化量は0.45Vくらい。

OUT波形は写真のようになります。波形は軽度の発振状態ですね。

(「入力の増減でバイアスが振られる」ことは、軽度の発振状態なので、波形が示す通りです)

6EJ7は、AF段では、使えないですね。

「バイアスは変化しない」と想って設計していませんか??

これが「シャープカット球」とは思えないので、マツダの規格をみました

「sharp cut off」の文字はないですね。

RCAの6EJ7には、sharp cut offの表記ありますね。

6EH7や6JC6に比べると「バイアスの変化勾配がゆるい」ので、

東芝の6EJ7は「シャープカット寄り」との表現が良いと想います。(SEMI)

☆真空管用1:3トランス負荷では、ここまでは発振しなかったですね。

(聴感上は感じとれませんが、波形上は微妙な気配でした)

TR用トランスは、要実験です。

***********************************

比較のため 6EW6+6EW6も同様に測定。

109

アイドル状態(無信号状態)↑

110

同調時。↑0.05Vくらいの変化。 

シャープカット球って、こういう挙動の球だと想っています。

☆「TRトランス+リモートカットオフ」は、

同調させ方に「再生ラジオぽい味」があるので、

このままでも面白いと想うば、 面白いか、、、、。

6EW6並のシャープカット球(MT9)の探索を始めますね。

(6BX6は1本しか所有していません)

RCAの6EJ7も 挿してみたいですね。

「AF段にはsharp cut offを使え」と当たり前のことを学習しました。

(腰を据えて、真空管を触りだしたのは、2011年6月からです)

リモートカット球は、「入力VS出力の直線性が無い」のでオーディオに不向きなのは

ご存知ですよね

★トランジシタだと、AFでもRFでも発振させるには、動作点(バイアス)を振るのが簡単ですね。

追記2012/Mar/3

TRトランスを使うのは、ハイブースト傾向になってやはり聴きづらいです。

高音がしゃりしゃり言います。もう少し巻き数の多いトランスを探してみます。

************************************************************

TOP PAGE

2012年3月 1日 (木)

真空管 2球式 レフレックスラジオ  (6JC6+6EH7) その4

夜作業が出来る程度に、暖かくなりましたね。

引き続いて、初段のバイアス電圧の測定です。

初段は、6JC6⇒6BX6⇒6JD6の順に交換して、その都度テスターで電圧確認。

2段目は、6BX6。(6BX6はシャープカット オフらしいですが、、、)

***********************

6JC6の場合

003

6JC6↑ 無信号時。

004

見事な発振波形です。聴感上もはっきりわかります。

入力の変化で、バイアス(動作点)が動く球です。(発振球として使えます)

***********************

6BX6の場合

005

6BX6↑ 無信号時。

006

波形は、軽度の乱れがあります。(軽度の発振。聴いても違和感少ないです)

入力の変化で、バイアス(動作点)が動く球です。(発振球として使えます)

***********************

6JD6の場合

001

6JD6↑ 無信号時。

002

波形は、軽度の乱れがあります。(聴いても違和感少ないです)

***********************

6JD6+6JD6

007

008

SGで強めにいれました。

***********************

入力に応じて6BX6も6JD6もバイアス(動作点)が明確に動きますね

実験のように6BX6,6JC6,6JD6など動作点が変化する球は、聴感上も波形からもAFには使えないですね。

6EW6はほとんどバイアスが変化しないので、耳で聞いても差が歴然とします。

6BX6もワイヤレスマイクのAF段になら使えそうですが、、、、、。

先日のように6EJ7(東芝製)もバイアスが振られるので、RF専用ですね。

よいデータが取れました。

7ピンの6EW6の良さが、数値上からもわかります

「6BX6+6BX6」で区切りにしようと想います。

音質面では、不十分で納得できてません。)

追記2012/Mar/3

松下の6EJ7も東芝球と挙動は同じで動作点が変化しました。

やはりRCA球でのTRY必要です。

基礎実験のまとめ

基本的なことですが、「リモートカットオフ球は入力に対して、出力の直線性が無い」ように開発された球ですので、AF用には不適応です。

******************************************************:

TOP PAGE

カテゴリ