Powered by Six Apart

真空管ラジオ GT管 5球スーパー 15号機 Feed

2016年10月 1日 (土)

信州も長雨。 イワナも釣れる。

  「金持ちでないのに新自由主義を支持するワークプア層」が増えているようで、日本の平均賃金が低くてIMFから勧告です

これで上級国民(公務員)様の給料を上げる口実ができた。「やったぜ、安倍先生」と想っているのは、日本人の内10%は居る。

国公務員64万人+地方公務員277万人だけで340万人。別途、天下り員だけで構成される組織も少しはある。オイラが今 係っている相手は「天下り員だけで構成される組織」だ。配偶者、子供たちもやったぜ安倍先生と想っている。そりゃ1000万人程度は恩恵を受けるだろう。

オイラは下人ゆえ、上級国民の狙う「未来の日本」には同意できない。

***************************************

9月の16日頃からの雨がまだ続く。 今日は少々晴れた。太陽光が少なく林檎の色が出ない。

さて、山に遊びに行った。

山には木野子取りの姿が見られる。 

渓流を覗くと丁度イワナを釣り上げたとこだった。餌釣で、20cm程度の小振り。放流点から上流へ300mほどだ。毎年、イワナ放流しているので2年目ものだろう。(地域情報を上げると荒されるので、上げない。釣り人のマナーを遵守しない自称釣り人が多くて地元は迷惑している)

車で来て徒歩15分程度での釣場は養殖魚。

SPなしで1台造った。

前記事のようにSPは重要なパーツ。 音は、好みのSPで聴くのがgood.

001

局発から周波数カウンターへの信号引渡しは写真参照のこと。

003

見れば判るね。

002

明日は球を挿して通電確認予定。

やはりJAZZはレコード盤だね。

2016年10月 2日 (日)

残留ノイズはaudio並の0.3mV。  GT管ラジオ。 マジックアイ付き。

日本国内での打合せでは、ほぼ100%打合せ議事録を打合せ中につくり、打合せの最後に発注側と受注側で、確認のためにそれに手書きサインして、打合せ終了になる。

この議事録を隠すのは勝手だが、公表できない理由が東京都の発注担当側にあることを示している。

往時の毒ガス製造の土地を搬入したようで、そりゃ色んな成分がでてくるのは全く自然なこと。オツムが悪くないなら、こんなことすぐに理解できる。隣国のことを笑っていられないね。日本も同レベル。

**************************************

昨日の続きです。

通電した。

マジックアイはいつもの6E2. そこそこ閉じる。

005

下の写真は開時。

006

VRを絞ってのSP端でのVTVM値。1mVレンジで計測してこの指針位置だから0.3mV.

球式のaudio並と想ってokだろう。この数字を公開できるラジオ工作派はほぼゼロ。大概は「①造りました②鳴りました。」で終了だね。 

部品配置と配線ルートが良ければ低い(小さい)残留ノイズになる。 部品性能の差ではない。オイラは安価な部品で構成している。

009

audioではヒーターは接地しないが、スーパーラジオでは必ず接地する。 ブーン音的にはラジオの方がかなり不利だ。

8cm程度のSPではよい音で出てこない。10cmでまあまあ。

16cmでようやく音らしい音になる。可能なら2way sp boxにつなぐことを推奨する。

******************************

スーパーラジオでは必ずヒーター接地する。その理由は、古書にある。webでも見れるので、一読をお薦めする。

VRを絞ってのVTVM値は、家電メーカー製では一桁大きい。ハム音の対策は過去記事参照

通算199作目。

2017年11月10日 (金)

ラジオ工作の必需品、「標準信号発生器用テストループ」が数十年振りに販売開始された。by 祐徳電子さん。

*********************************

以前、ここで取上げたように磁気アンテナ(バーアンテナ)にはテストループがMUSTだ。

テストループは90年代には製造されていたかどうかも妖しい。 オイラのは1970年代後半の製造品。

目黒も松下も大松も標準信号発生器用テストループの製造は2000年には終了していた。販売在庫品も底をついた。現行流通品はゼロ状態だった。

さて、そのテストループが数十年振りに製造された。 祐徳電子さんから販売開始された。

自称「ラジオのプロ修理技術者」もこれが入手できるとホっとするだろう。

031

◇箱を開けた

BNCケーブルも付属していた。

「パイプベンダーの曲げ型をよく見つけたなあ!!」と驚く。昨今、このような小さい直径の金型は市場にないと想うがどこで見つけてきたのか?

033

◇支柱は「円筒研磨加工後、ハードクロムメッキ処理」と加工プロ仕上げ。日本の会社よりメッキ処理が上手い、こりゃ驚いた。インローに拘って丸研してある。

通常は「ミガキ棒のままニッケルメッキ」が加工費としては安価。

下の写真のように、ハードクロムメッキ処理は国内では2000円以上の鍍金費用になる。

機械設計屋のオイラからみて「贅を尽くした」と想える。

032

◇スタンドベースは「電着カチオン塗装」。

「ここまで手間掛けるの?」が率直な感想。 今の時代なら黒染めで安価に済ませて終了だろう。

034

035

◇さて電波を飛ばしてみる。

正常、受信中。

036

037

◇ HF仕様だが、2mまでは信号を入れて確認してある。

 

038

6m,2mでバーアンテナを使うかどうか?

039_2

祐徳電子の社長さんは、松下電器の元エンジニア。 ラジオ系のエンジニアだ。 それゆえに良く判っている。

よく現代に復刻(復活)させたものだと感動し、感謝します。

復活の切っ掛けは、数人の自称「ラジオのプロ修理技術者」がテストループの必要なことをオイラのblogで知って、祐徳さんに、中古品の捜索依頼を掛けたことがが起因。テストループの内部構造と材質はオイラからも情報提供は行なった。

機械設計屋が作るともっと手間を省いた安直なものになるだろう。

入手希望者は、祐徳さんに問い合わせのこと。

***************************

ウェブページ

カテゴリ