Powered by Six Apart

真空管ラジオ 再生式3球(6688+6688+6LF8) Feed

2012年8月21日 (火)

再生式 3球ラジオ (6688+6688+6LF8) その1

先日、電池管レフレックスより、再生式が耳良かったので、

レフレックス vs 再生式 の優位性を再認証しようと
再生式ラジオを製作しはじめたところです。自作になりますね。
066

いつものように、1球は複合管を使おうと想ってます。

筐体に比べて 球数が淋しかったので、
ダミーで1球載せます。(ヒーターだけ点灯させます)

(後記ありますが、追加でCK6688載せました

065

球種は、まだ未定。
チョークは、ラジオ少年の200ヘンリー。
多分、1:3トランスにUP予定。

レフレックスラジオの折りに、

抵抗負荷、チョーク負荷、トランス負荷と行ったので

ゲイン差も理解しています。⇒記事

耳の点では圧倒的にトランス負荷ですね。

日本放送協会さんのS30年代の本にも、上記3負荷のdb差が表で記載されていました。

オイラは、「50年前の常識のことを体験して覚えつつある」状態です。

**********************************

平成期の雑誌での製作記事を見ると、抵抗負荷が目につきます。

これは耳の点では薦められませんが、音質面では一番フラット特性なので、悩む処ですね。

球数の少ないラジオで抵抗負荷だと、オイラの環境では、放送が聞こえません。

耳優先で、今回も インダクタンス負荷にします。

*********************************

2012/Aug/20追記

夕方は涼しくなりましたね。

前進中です。

067

*********************************

2012/Aug/26追記

079

1通り部品をつけたつもり。

スクリーングリッドの電圧で正帰還(再生)を調節します。

落ち着いて配線の確認します。

**********************************************

TOP PAGE

2012年8月29日 (水)

再生式 3球ラジオ (6688+6688+6LF8) その2

再生式ラジオ製作の続きです。

今回の真空管は、CK6688 と 6LF8。

6LF8って6AW8より具合良いので、おじさんは好きな真空管です。

6DK66EH8も好きな球たちです。局発には、6BY6ですね。

CK6688高一中一ラジオで使いました。CK6688(E180F)

IF用の球なので、どんどん使おうと想います。

085

↑2球式再生ラジオ。

(6LF8が複合管なので、O-V-2です)

087

↑SGを受けた波形。グリッド検波の再生式です。

ラジオ少年の200Hチョークを初めて使いました。

結果、具合が良いです。

「1:3トランス」とのゲイン差がありません。(付け替えてみました。)

この200Hチョークは、再生式ラジオにお薦めです

086

↑NHKを受信中

ガツンとは聞えてきませんが、鉄筋住まいの環境でも

35Kmさきの電波が聞えます。

★AFのVR8分目で、「RFCで留めきれずに流入してくる高周波信号」に起因する回り込みがありました。(後記ありますが、2段RFCにしました)

6688⇔6LF8の距離が近かったようです。

もう10mmは離した方がよいです。

★聴感上、低域が不足していたので、SGで400hzと1kKhzの変調で

波形をみると、やはり400Hzで音でてません。12dbほど差があります。

(後記ありますが、Cをパラにして低域をハイインピーダンス化し,

改善されました)

088

↑6LF8と松下の6688。金メッキの脚ですね。

真空管6688のSgは20v近辺でしっかり発振します。

トラブルも無く完成し、鳴っています。

調整することとしては、

①耳が良くなる位置に、アンテナコイルを持ってくる。

②再生具合をみて、再生用コイルのターン数を増減する。

③受信可能帯域をみて、アンテナコイルの巻き数を増減する。(これは①と相互関係にあります)

***********************************

で、AFを1球追加して3球ラジオにしました。

①SGで400Hz,1khzを変調すると、ハイブーストだったので、

少しでもフラットにしたくて、トランスは、ラジオ少年の「20kΩ:8Ω」に変更。

 (3dbほど400hzが改善されました)

②グリッド検波6688

    AF  6688

 AF  6LF8の構成です。(6LF8が複合管なので、実質はO-V-3です)

089

090

↑NHK受信中。普通に聞えます。

球を追加したゲイン増は、SGで15dbでした。 

091

**********************************

主要パーツ

バリコン                 290PF

バーアンテナ        BA-380                       (ラジオ少年)

電源トランス           BT-1V                          (ラジオ少年)

OUTトランス     BT-OUT-1H                      (20K:8   ラジオ少年)

チョーク        BT-CH-8          (ラジオ少年)

ケース                    S-7

真空管               CK6688,6LF8

**********************************

★再生管とAF管との距離について、

おじさんが持っている雑誌や教科書には触れたものがありません。

今回、このラジオを製作して、もう10or 15mm離すべきだったと反省してます。

★バーアンテナのコイル位置は、感度ピークを追っていったら

写真の位置になりました。バリコン(金属片)に近いと耳悪いです。

「バリコン⇔アンテナコイル」の距離は、耳が良くなるベストポイントがあります。

アンテナ位置も調整が必要ってことですね。

★BC帯510~1600Khzまでの帯域になりました。

回路図は、のちほどupします。。

★RFC2段を薦めます。1段では高周波成分が留まりません。

★真空管3球を使っていますが、耳的には3球スーパーに及びません。

 IFTの効果は偉大ですね。(IFTのQの大小で耳が異なるのは、ご存知ですね)

*****************************

単球再生ラジオキットの製作は、1RW-DXです。

TOP PAGE

2012年8月31日 (金)

再生式 3球ラジオ (CK6688+CK6688+6LF8) 回路図

再生式3球ラジオの回路図です。

目新しいことは何もありませんが、RFCは2段を薦めます。

再生に使う球は、「入力の増減でバイアスが振られない球」がお薦めです。

「シャープカットOFF球」と規格に書いてあっても、「バリミューぽい動作する球」が幾つかありますので、挙動を実際に確認して使ってください。

「バイアスが振られる球」

003

★CK6688のプレート電圧が、規格を超えないように留意することくらいですね。

200Hのチョークは具合よかったです。

★ラグ板や小物部品のネジ取り付けには、スプリングワッシャーは不要です。

なぜならネジの締結は、金属の弾性変形領域を利用しています。

このことは、20年前から色んな形で発表されていますので、目にすることも多いと想います。

ネジを締め上げて、弾性変形領域までもっていくと

スプリングワッシャーは潰れて抜け出ようとします。酷い場合には、抜けてしまいます。

ハーモニックドライブが、弾性変形領域を上手く利用していることからも、 うなずけますね。

★機械体で部品を取り付ける際、面圧を確保するために、大きめのワッシャーを使ったり、

セスムネジやフランジ付きボルトすることもあります。

★鉄橋や陸橋のネジ締結に、スプリングワッシャーが使われていますか?

 自動車の部品取り付けに、スプリングワッシャーが使われていますか?

自分の目で確かめてください。

★ネジにこだわるなら、「どのメーカーが一番緩まないか?」って話であれば、

ここでしょうか、。

 仕事で10社ほどネジメーカの締結具合・ゆるみ具合を調べたことがあります。

メーカー間の差は、確実にありましたね。

M2~M4をラジオではよく使うので、差が出るサイズです。

★通電性を上げるために、菊座は使うのか?

電位勾配っていうのかな、、、。イオン勾配があるので、材質の異なる金属の接触面は

錆ます。加えて空気に触れて酸化膜も、金属表層に自然形成されます。

経年変化を考えると、使わないことを薦めます。

オイラは、半田で空気を遮断した方がいいと想ってます。

***********************************

6EW6のレフレックスと比較すると

①再生式の方が低音が出ずに、中高音になっている。

(高音の伸びが良いのでなく、低域がたれてる)

(再生式ラジオに、自分で波形を入れて確かめてみてください。)

 グリッド検波管のG1の100Pの影響がある??

「オーディオ的には、高域を強調した入力定数なので、どうなの?」と思案中。

100P⇒200P,470Pと増やして行くと耳が悪くなるので、手も足も出ません。

  負荷系に、ちょっと手を加えて見ますね。

②耳の面では、同じ球数ならレフレックスでした。←過去の実験と同じ傾向。

 (実証的には、電池管とは逆です。謎が深い分野です。 )

********************************

2012/Sep/1 追記

同調がクリチカルだったので

サブバリコン(スプレッドバリコン)を追加しました。

004

005

AM/FM用のポリバリコンです。

FM帯側をシリーズにするとMax17PF⇔Min7PFと10PFの可変量がとれたので、

スプレッド用に使いました。

具合よくなりました。

********************************

2012/Sep/6 追記

4mhのRFCをもう1個追加して、2段にしました。

RFCが1段だと高周波成分を止めきれなくて、AF段に流れてきて

AFのVRを上げると「流入してきた高周波成分」も増幅されて、

AFのVRを上げると再生が掛かってました。

結果、AFのVRを最大にしても回り込みしまくなりました。

↓「RFCは2段仕様」を薦めます。2個見えますね。

008

再生管の負荷側の100KΩに470PFをパラしました。

低域をハイインピーダンスにして、見かけ上のゲインを持ち上げました。

聞き易くなりました。好みですが、0.001μFでも良いです。

009

↑4mHと470PFを追加した回路図。(最新版)

*******************************

電池管再生ラジオと使っているパーツで決定的に異なるのは、バリコンです。

「ポリバリコンとエアバリコンのQ差に起因する?」と想像中です。

Qメータを持っていないので、真相はわかりません。

TOP PAGE

2012年9月 1日 (土)

400Hz変調と1khz変調

この再生式3球ラジオにSGから400Hz変調と1Khz変調いれてみた。

★低域がもちあがるように470pf実装済み

★RFCは2段

★200Hのチョーク負荷(ラジオ少年製のBT-CH-8 )

↓400Hz変調時

015

↓1Khz変調時

016

**********************************

で、実験です。

チョーク負荷⇒1:3トランス負荷に換装してみた。

017

↓400Hz変調の信号をいれた。

018

がっくりと下がっていた。

**********************************

★200Hのチョーク負荷(ラジオ少年製のBT-CH-8 )は、良い。

かなり驚いた。

ひょっとしたら、「1RW-DXや6EW6レフレックスで換装したら、

もっと良い結果が出る?」と期待すらしてしまうのでありんす。

★CK6688のP側の100KΩ抵抗が、1:3トランスに悪い影響があるのかな??

**************************************************************:

TOP PAGE

2016年6月14日 (火)

グリッド・リーク再生検波 考

民主党政権時代に最低賃金を1000円に上げようとしたが、それを潰したのは自民党様です。覚えておいででしょう。 色々な幹部の方が、1000円賃金を批判してましたね。もし忘れているなら痴呆症を疑ったほうが御体の為です。

現政権は、さて批判したのにも係らず最低賃金を1000円したいらしいですね。まあ一貫性がないがな。

******************************

検索エンジンで「グリッド・リーク検波」を調べると 上位にオイラの記事が来て、とてもビックリしている。 枯れた技術なので、大方の「真空管ラジオの本」には説明文が載っている。

そのような情報は、①先ずは、本を手に入れて読む。②そして自分の手で造って確認する。③そして真偽を検討すればよい。

再生式ラジオは受信中にデジタル表示できる。そりゃ当然のことだ。


YouTube: はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

この1-V-2の製作記事はこれ

再生式ラジオの再生状態をLEDカウンターから見ると、

強く発振していると 表示する。

弱く発振していると数字がちららちしている。 だが音声がまともに聞こえるのでこれが再生状態だ。(カウンターで検出できる程度の発振強度状態だ)

①「バリコン ⇔グリッド抵抗」にオシロプローブをあてた。


YouTube: バリコン ⇔グリッドにオシロプローブ

SG電圧の増減でオシロの波形が大小する。VRを絞ると横線状態になる。SG電圧で発振強度がコントロールできることを示している。発振振幅も安定している。自動制御が効かない発振ならば暴走状態になるが、アンダーコントールできる。

波形はよく見かける波形。

②LED式表示器への 信号引出し点での波形。


YouTube: 再生ラジオの「表示器への信号取り出し点」波形

グリッド側で引き出すよりは弱い。JH4ABZ式LED表示器はこのレベル程度入力でも計測するので優れものだと想う。 

グリッド側で取り出すとLC共振回路にお邪魔な負荷が吊り下がり、Qが下がるのでお薦めはしない。

③ベストな再生状態を探る。SP端にオシロを接続し受信音を波形で計測。


YouTube: ベストな再生点

波形を見ると判るように、ベストな点がある。音でも聞き分けできる。この時カウンターは信号を拾っているのでラジオは発振状態ではある。

オイラが持っている本には、ピー音、ボー音など差分によるビート音が聴こえる状態を帰還発振。支障なく音が聴こえる状態を再生状態と区別したニュアンスで記述がある。

カウンターが信号を受けているのは事実であり、数字表示しながら放送が聞こえるよう調整できるのも事実だ。オシロ波形からは多くのことを学べる。

上手に再生できている時は残念ながら発振している。(動画のように周波数カウンターが反応している)。

高一部の同調バリコンを回すと信号が強弱するので、入力に応じて再生されていることも判る。

④もう少し触ってみた。


YouTube: 6D6再生ラジオで実験

強い発振になってしまうと放送波がなくてもoscする。(当り前ですね)

まとめ

軽微な発振状態でラジオ受信できる。これを再生検波状態と呼ぶようだ。

強い発振状態では音声には為らない。強い発振になる前に「ベストな検波状態」がある。

発振強度はコントロールできる。これは普通の発振回路と同じ。

いわゆる「発振の一歩手前」ってのを今回は動画にUPできた。(ただしカウンターは反応しているので強い発振の手前と呼ぶのが良いと想う)。言葉だけ一人歩きしたようで、実際には軽微な発振状態が感度よい、取り分け強い発振の手前がgood.

「如何に軽微な発振をスムーズ化するか?」 これは結構 難しい。並3コイルの出来とバリコンの相性もある。 

グリッド抵抗とC値の設計方法はNHK発行の本に記述があるので一読をお勧めする。

再生式ラジオの理解が進みましたでしょうか?

再生時は軽微な発振状態だ へ続きます。

再生検波に相応しい球はバリミュー管だ。古書にも列記がある。特性を考えるとバリミューに帰結する。とりわけややお疲れで増幅度が少し下がった球のほうが、電圧に対するレスポンスがゆるやかなのか? いたって具合が良い。 再生動作のsg電圧はコイルの巻き数(比率?)に依存するので、様々な製作記は参考情報として眺めるのが良い。

出品中の商品はこちら

2016年6月17日追記

オイラが部品購入で好んで使っている「マルツ」さんのWEB

懐かしのラジオでラジオの基本をおさらい 第1回」記事中の説明文が

「再生式では発振(ピーー音)寸前で再生バリコンを調整し、この時が最大感度です」とあるが実際には再生時は軽微な発振状態なので、訂正していただくようお願い申し上げた。 広報性の強い販売商社さんゆえに正しいことを伝えていただきたい

さて、訂正されるか? そのままか?

自分で手持ちの再生式ラジオに周波数カウンターを当てればすぐに判ることなんだけどね。

どうも、訂正される気配はないようですね。

2016年9月25日 (日)

プレート検波。グリット・リーク検波。 2極管検波。 検波考。歪み率。

00455e9athumbnail2

************************************

同調回路のQ プレート検波で検索すると、深い情報も見つかる。

オイラのような機構設計者が、弱電検波回路に言及するのは身の丈を超える。プロの電気回路設計者が数値式で、プレート検波を解析してくれると想う。

繰り返すが 先達の本を読むように、、。


YouTube: 再生式はいぶりっどラジオ 1-V-2 デジタル表示

上の動画は再生式ラジオで受信周波数をデジタル表示させたもの。今のところ日本では初めてらしい。

***************************************

昭和30年代のとある「初心者向けtext」からごく僅かお借りしてきた。 初心者向けなので、お馬鹿なオイラにも理解できる。

歪み率に注目しよう。

①プレート検波

「一部では音が良い」との記事も見かけるが、「真実はどこにあるのだろう」と初心者向けtextで確認した。

131

上記図のように,歪み率はほぼ10%以上。よい処で8%。 この歪数字で音が良いと言われるのは、流石に腰が引けてしまう。

入力を1.5~2.5Vで使うと8~10%の歪みに納まりそうだ。

球で増幅している分、outは出る。

1V 入力ならば20V出力なので 電圧は20倍(26dB)と,ずばり球1個分の増幅度。

②グリット・リーク検波

再生式ではポピュラーな検波方式。

132

注目の歪み率は、プレート検波よりも小さい。半分というか1/3というか確実に歪みは小さい。

入力を0.2~0.4Vとし、グリット検波使うと歪み率は2~4%。プレート検波では歪み率10%。あなたはどちらを使いますか?

0.1V 入力ならば1.5V出力なので 電圧は15倍(24dB)の増幅度。プレート検波よりやや増幅度が落ちているが定数次第だろう。

③2極管検波

スーパーラジオでお馴染の回路。

133

1Vも入力させると、歪み率は1%以下になる。 プレート検波、グリッド検波より1桁以上goodだ。

入力10Vでも3Voutゆえに入力レンジは 他の回路より広い。

2極管検波の信号を25dB程度増幅すれば、出力レベルはgoodになる。

  試算すると、           

★1   2極管検波+6AV6増幅  1v入力+25dB増幅 ⇒ 出力20v 歪み1%

★2  プレート検波         1V入力    ⇒ 出力20v 歪み9%

どちらを選ぶかは、お好みによるが、歪みの多いものを選択するゆとりはオイラには無い。

初心者むけTEXT」には基礎情報が載っているので、入手し読むことをお薦めする。

***************************************

複合管の登場以前ならば、グリッド検波 VS プレート検波で回路検討するのだろうが、6Z-DH3Aや6AV6のような複合管が市場登場したので、「2極管検波+3極管増幅」が歪み率と音量面からもgood。

以下、ラジオ工作の基本だが

①加えて、検波回路とAVC回路は其々別にすること。 

②IFTの直後に検波素子を入れるとIFTのQが下がる

③6AV6,6Z-DH3Aのヒーター・ピンはどちらの方をアースすべきか? ここ。

オイラのサイトの訪問者は上記3点 ご存知のはずだね。

2016年11月 3日 (木)

「ラジオのノイズ」考

******************************

「ラジオのノイズ」考。

耳で聞いて文字で表現すると「ノイズ」の表記になってしまうが、

ブーンと聴こえてくるのは、電源100vの50ヘルツ あるいは60ヘルツの交流分が聴こえてくる。全波整流していると、倍数の100或いは120ヘルツで聴こえてくるのは、皆様がご存知の通り。

さて、SP端子にオシロとVTVMを接続し、真空管ラジオのVRを絞り、周波数ツマミを触って受信周波数を変化させてみよう。 周波数変化に伴ないオシロ上での波形の大きさが変わることが体験できる。VTVMの値の変化をメモしよう。

VRを絞っているのに、何故信号の変化具合がオシロで判るのか?

ラジオはRF部を持っているので、VRを絞ってもRF部信号がコールドから入ってくることはオシロを眺めていれば誰でも判るほどの基本だ。電子はマイナスからプラスへ流れることは中学物理で教わってきたね。

オシロを眺めていると、「RF部の漏れなのか?」は上記のように判断できる。

  真空管によっては、オーバーシュート波形(オシロ上)が出る球もある。この場合はその球を交換する。

電源回路の平滑回路の段数が不足かどうかは、+Bのリップルをオシロで見る。20mVくらいのリップルならば平滑回路の段数は足りている。 5mVまで下げれば good.

コンデンサーの容量よりも、段数の効果があることは先達が発表された表を見れば理解できる。

ST管IF2段スーパーでの波形を参考にUPしておこう。

6Z-DH3Aの1番ピンは接地する。理由はここにある

005

間違っても6Z-DH3Aの6番ピンを接地したり、 平滑回路の接地側引き回しをしくじらないこと。修理済み品(ST管、ミニチュア管)をYAHOOで見かけるが、かなりの割合で配線が間違っている。

メーカー製ラジオ(ST管、ミニチュア管)では、だいたい平滑回路の接地側が下手。その結果ブーン音が強い。真空管ラジオ(ST管、ミニチュア管)を手に入れたら、まずは配線と接地ピン番号を疑うことからのスタートをお薦めする。

004

  「330+330+330Ω」の3段で、だいたいこの程度になる。計990Ω。1目盛りで20mVゆえに、レンジで5~6mV程度だ。1KΩの1段より格段に良い。

+Bの5~6mVは出力トランスのOUT側で「幾つの数字になるか?」は、中学生算数の範囲だ。

その計算が出来たなら、+Bのリップルが200mVの場合は、どうだろう?

まれに3端子レギュレーターを採用した製作例があるが、それが起因になるノイズ(電波)はすでに ご紹介した通りだ

オシロを眺めて ノイズ対策されることをお薦めする。

カテゴリ