Powered by Six Apart

自作 中波帯 GT管式AMワイヤレスマイク 08号機 Feed

2016年5月 1日 (日)

ワイヤレスマイク工作 GT管 。マツダの6SQ7 その1

45814102q11q9

****************************

カタカナの「マツダ」の文字が読める6SQ7。

002

部品は載せた。

003

001

「6SA7(ST管なら6CW5)のg3にどの程度の信号が入ると飽和するのか?」は

2012年に 実験して確認済み。

g3の抵抗値も高くても低くてもNGぽい。 具合の良い抵抗値がある。

2016年5月 2日 (月)

ワイヤレスマイク工作 GT管 。マツダの6SQ7 その2

Yurina_yanagi_0011_620px

Yurina_yanagi_0008_620px

*********************************

この続きです。

マイクアンプ部の増幅度確認をする。6SA7はまだ挿さない。

下の写真のように概ね50dB。 出力が30Vでも波形はクリップしていない。

(6SA7にはこれほどは掛けない)

004

 次は、6SA7を挿して電波を飛ばして、受信波形の確認をする。

下の写真のようにOK.

005

006

6SQ7⇒6J5⇒6SA7の構成

007

**********************

第181作目。

ウェブページ

カテゴリ