ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

mc3361でつくるssb受信機 Feed

2022年3月16日 (水)

MC3361でSSBを受信する回路。

MC3361はdbmを内蔵している。 ここ

このMC3361を2個 使うとSSB ジュネレーターが出来る。その基板は今も入手できる。

****************************************************************

MC3361で調べると 幾つか回路が見つかるのでご紹介。

下の回路は落ちていた。1970年代の回路だとは思う。cad化したのは2000年以降だろう。

CSB455使用OSCより澄んだ音で聞こえるはず。webでは作動写真が見つからないので、机上案かもしれないね。LM386, MC3361ともに3Vで動作するので ポケットサイズの受信機にまとまるだろう。

「LM386を安定動作させるは低ESR品を使わないこと」。あるいは要求耐圧より高耐圧品を使うこと。配置かげんでは「ぼぼぼっと発振する」ので、注意なデバイス。

Mc3361rx

・手軽にSSBを聴けると思う。

・TDA7000でSSB聴くよりは 造り安いだろう。

checking   tda7000 for  direct conversion RX.
YouTube: checking tda7000 for direct conversion RX.

上のはFM 用デバイスのDBM部とOSC部を使った作例。基板は領布中。 邪道だと騒ぐならばMC3362作例がJA CQ誌にも載っているので歴史を確認してください。

********************************************************

作図してみた。 落ちていた回路だとQダンパー抵抗が使われおり455kHzosc強度調整に難儀したことが推測される。dbmでの乗算作動は100%変換されるわけでないので、RF分が流下してくる。そこが弱点のようだ。

工夫してみた。 PIN1,PIN2はこれでOSCするかどうかを、これからデータシートで診てみる。

FILTERのcommonも見直した。

シングルスーパーのプロダクト検波式受信機の回路になる。短波から50MHzはこれで対応できそうだ。

Mc3361rx4_2

IF AMPはTA7061のようなリミッター動作させるので 弱めの信号も強めの信号も似た音量になってでてくる。いきなりガツンと入感しても、慌ててVRを絞らなくてすむはずだ。振幅信号をリミッター回路に通すのでHi-Fiとは逆の音色になる。

Mc3361rx5

Mc3361rx6

実際につくってみりゃ音の程度がわかる。、、と基板手配した。音がNGなら捨てるしかない

quadrature detectionは1/4周期がポイント。

1/4周期でないものを乗算させるとプロダクト検波。 周期が同じなものを乗算させると同期検波。上の回路に2個あるいは3個トランジスタいれりゃ同期検波式のAM/SSBの2モード受信機になる。もともとのFM検波コイルにきりかえりゃ3モード対応にまとまる。動作条件が厳しいかどうか???。 

実験して「仮に違和感がすくないSSB受信音」であれば3モード化したいねえ。(基板がデカくなるがAM/SSBの2モード受信基板にRK-63を領布中)

AMもFMも相と時間のパラメーターで 電波形式の表現式はひとつになる。表現式はPDFにて落ちているので調べてください。

要点情報。

Photo

ここで通電してみた。

pin5へはRF信号れても pin9から復調音はでてこない。455kHz信号がpin9から出てくる。内部回路のC5がお邪魔でむりぽい。 落ちていた回路は、単に机上図面のようだ。

2022年3月27日 (日)

ラジオ系の試作基板が出荷された。物流はまだまだ不安定。

先日公開した回路案の試作基板がようやくshippingされた。届くのは水曜日ぽいな。

Mc3361

SSB専用になる。

AMを聴くにはW55H下流に、同期検波基板(SN16913)を持ってくるように。

****************************************************

ラジオの修理用にシグナルインジェクター(試作基板)。

・ラジオの高周波部の動作確認は「455kc+tone信号」を入れる。 音でも確認できる。

・ラジオAF部の動作確認には、tone信号を入れる。調整用VRはあり。

Photo

tone部にはタイマーic555を使い455kcにはNE612を使ったので、半田ミスが無ければ動作する回路にしてみた。

*******************************************

上記のシグナルインジェクターから入れた信号を、指針式メーターで確認する基板(試作基板)。

Meter_amp

ラジオ系の試作基板は4月末までにはまとめたい。

**************************************************************

ラジオ調整につかえそうなもの(led表示だと10点表示。それだと粗くIFT調整にはややくるしい。)

1, AGC電圧をLEDバーで表示した基板。


YouTube: tuning indicator LED :trial

2,

SP端(8オーム)での電圧をLEDバー表示


YouTube: ミニワッター用のパワー計をつくってみた。

2022年4月20日 (水)

fmラジオ用デバイス mc3361を使ってみた。

先月16日に 「MC3361でSSBを受信する回路」として記事にした。

少し実装してみた。3V供給にした。

まずはoscするかどうか???

P1010032

P1010029

P1010026

自励でこの周波数でoscしてきた。 probe を x10にすると波形が来た。x1では来ないのでLCが軽いと拙い可能性もある。 

OSCは出来たぽいので次に進む。

このICには、使用したコイルのQが低くて不安定。両面基板上で、幾つか回路を試したがFCZcoil では苦しい。

トロイダルコアだとQ=100になったかどうか?? トロイダルコアでは磁束がダダ漏れするので、やや不安はある。

2022年5月19日 (木)

自作メモ

MC3361だが、HI-LでないとOSCしない。80mでの自励はできるが40mはほぼ無理。

pin8に搬送波1v入れてもスイッチングされないし、pin9から搬送波の減衰したのが出てくる。等価回路のc5がネックで後段のdbmは上手に作動させられない。

pin16への信号は10MHzあたりから上でないと減衰量がデカいぽい。

、、とメモ。

ウェブページ

カテゴリ