Powered by Six Apart

LA1247ラジオ基板 Feed

2018年8月23日 (木)

SANYO LA1247を使ってみよう。

****************************

PIONEERのAM/FM チューナーに採用されていたSANYO LA1247が届いた。 ここでUP済みの基板に実装してみよう、、。

081

若松通商さんには 同一ピンアサインのLA1245がまだ多数売られている。

恐らく 低ノイズ選別したものがLA1247だろう。開発コストを考えると2マスクも開発するのは無駄な投資になりそうだ、それゆえに選別して低ノイズ品に新型番のせる方がコストメリットがある。

或いは低ノイズ化の為に版下変更したとすれば、「何故最初から低ノイズ品にしないのか?」と疑念が湧く。

2SC1815のlow noize品は、標準品の選別作業から低ノイズなものを抽出している。

*******

今日イーエレさんのsiteをみるとTA7320が売り切れていた。 tda1072は少し在庫があった。

DBMでは 波形の優劣を考えると送信系変調にはMC1496しかないだろう. MC1496は正電源だけで作動する。このことはデータシートに明示されている。 しかし、「正負の2電源必要だと思い込んでいる層」も存在する。

NE612は受信系或いは周波数変換用IC。 生成された波形が綺麗でないので送信用には腰が引ける。実験として遊ぶならNE612で支障ない。

MC1496, NE612を通電実験して得た感想だ。

2018年8月27日 (月)

SANYO LA1247 ラジオ基板。通電して確認中。①

***************************

実装中。 icソケットの手持ちが無かったので暫定対応。

130

セラミックフィルターに3eleのLTM455を使っているので、感度はこのくらい。AFはTA7252にしたが もっと低ゲインのTA7368で充分だ。結構な強さで検波出力がでてくる。

感度重視ならばSFU455。

SR-7と互角の感度。

132

131

◇ 

カウンター用bufferの出力 。概ね2.5Vほどあるのでカウンター側は楽だと思う。

133

134

あとはSメーター回路の確認だ。

*******************

AF部はTA7368で足りるので、見直そうとも思い悩んでいる。LA1247(LA1245)のIF端には9Vが程よい電圧のようだ、それ以上加えるとゲイン過多で帰還発振する。

2018年8月29日 (水)

SANYO LA1247 ラジオ基板。通電して確認中。② Sメーター作動中。

********************

昨日の続になる。 AMチューナーICのLA1247(LA1245)を使った7MHzラジオ基板を通電確認中だ。

(S+N)/N=10dBとなるのは この位の値。 セラミックフィルターが3eleのLTM455(トーケン製)。感度面ではアイテックSR-7と互角。

フィルターは村田製のほうが格段に良いので、本基板時の製作にはCFWM455を推奨。

141

Sメーターも振れる。 データシートには入力信号とSメータ指針の関係について公開されているので、自作する折には一読を推奨する。

142

この位の信号で IF段で歪むようだ。 波形のクリップが見られる。駆動電圧を12Vにまで上げると改善される可能性が大である。メーカー推奨は12V。

143

144

受信周波数表示もできた。このカウンターは RK-01 になる。

145

50dBu時に、LA1247のPIN 13では8mVほどの検波出力。

146

************************

一通り確認できた。 具合よいと想う。

data sheetでは IFTを3個使用することが推奨されている。 この基板は2 IFTではある。 PIN10 とPIN11間の接続部品によって SNが変化する。 オイラはSNが悪い 2IFT式にしてみた。

・セラミックフィルターは1ele タイプが推奨されているので、現3ele ⇒1eleにすると感度upされる。 IFT x3 に セラミックフィルター 1ele で選択度として充分ラジオ向きだと想う。通信機型受信基板にするのであれば、AGCレンジは80~100dBほしい。

・BFO化はしない。 BFO付きラジオ基板としては LA1600基板が現存する。 プロダクト検波基板としてはTA7613基板がある。  TDA1072基板が28~50MHz主体なので、このLA1247基板は中波~18MHz辺りを狙っている。 FCZ 1.9で中波がカバーできるかどうか? 出来ないならトランジスタラジオ用赤コイルに50cm~70cm巻けば、 先日 紹介したようにoscする。

・AF AMP ICを低ゲインのものに変更するかどうか??  思案中。

SANYO LA1247 ラジオ基板。 AF ICは TA7368化。

****************************

AF ICを TA7252 ⇒ TA7368に変更し低ゲイン化した。

147

バリキャップVRの回転具合 あるいは バリコンのバーニア機構を備えれば、3~8MHzをカバーするようにコイルを巻けば 短波 Hバンド をカバーできる。

データシートをみると28MHzあたりまで守備範囲ICの可能性はある。

148

**********************

ロクタル管での短波。

150

短波① 2.3~4.4MHz

短波② 4.4~9.5MHZ

中波  の3バンドST管ラジオ。

151

村田製作所のフィルター CFWLB455シリーズ

*************************

村田製作所のセラミックフィルターのカタログは公開されている。

murata_filters_AM.pdfをダウンロード

152

 

 

 

153

特性図も公開されている。

155

入手したのは±3kHz(-6dB)タイプ。 -70dB近傍まで綺麗だ。 IFTを3段にするので跳ね返りは判らなくなると想う。 まだ多数 市場にあった。SPEC表でみると このCFWLB455シリーズは CFWM455シリーズと同じだと想う。

156

LA1247ラジオには、 CFWM455 或いはLTM455が載る寸法にしてある。LTM455はトーケン製で廉価だが、特性上跳ね返りが強いので原則推奨不能だ、しかしIFTを3段にするのでトーケン製の跳ねあがりは誤魔化せると思う。

本来は、村田のフィルター(CFWM455,CFWLB455)を使うこと。

2018年8月30日 (木)

村田製作所のフィルター CFWLB455。 LA1247基板は プロダクト検波 対応。

****************

LA1247 基板の続。

プロト基板に IFT を1個追加した。

フィルターにはCFWLB455(CFWM455)を推奨。

161

知人から 「プロダクト検波を載せてくれ」と連絡が届いた。 AM検波専用を狙っていたが、リクストされりゃ対応はスムーズに行なうのが良い。 プロダクト検波には 7MHzダイレクトコンバージョン 基板(RK-22)で採用したNE612君に頑張ってくれるようにさきほどお願いした。

これで、プロダクト検波対応の基板は、RK-17 、RK-25に続いて3機種目になる。 ヌケ・オチのないことをこれから確認する。AM/SSB 対応の基板として3種類(TA7613,TDA1572,LA1247)あれば 自作派も喜ぶだろう。 

4機種、5機種,6機種と 増やすことはこの瞬間は検討していない。  

オイラは田舎住まいのFA装置の機械設計屋。 

2018年9月12日 (水)

SANYO LA1247 基板。 プロダクト検波デバイスにNE612。

*******************************

検討中のLA1247チューナー基板のサイズはこうなる。 eagle cad free版の上限が80 x100mmなので 上限に近い。

016

回路はデータシートそのものの。 プロダクト検波にNE612.

crystalやrezonatorでNE612を作動させると、LC共振に比べて強い発振になる。 このOSC強度がプロダクト検波の成否になるか?

015

filterには、 CFWM455(あるいはW55)を推奨する。 TOKENのLTM455だと跳ね返りが割りあいに強い。 ここは村田製作所のfilterでしょうね。

プロダクト検波デバイスにTA7320を採用した回路例は、JA1AYO 丹羽OMがおよそ35年前に公開している。

017

455kHzの発振源としてはCSB455。 幸いにCSB455(村田)はebayで多数流通している。 

018

W55を載せてみた。 このW55もebayにて多数ある。

2018年9月16日 (日)

80年代チューナーのAMチューナーIC LA1247 (最高峰)で am/ssb の2モード狙う。

**********************************

SANYO AMチューナー用IC LA1247を使った「レシーバー基板」の続。

PIONEERのF-120,F-505 ,F-757、 KENWOOD KT-V990, ナカミチ ST-70等に採用され、YAMAHAのT-2x, ONKYO T-435, LUXMAN T-117等では「下位のLA1245」が使われており、往時の最高峰AMチューナーICだ。

10番ピンに接続するIFTは直列共振作動なので、 IFT付属のコンデンサーを除去する。(写真 左)

チューナーメーカーの製品写真を幾つかみたが、IFTは1~2段だ、「データシート記載の3段」までは使っていない。

041

、、、とここにきて 「プロダクト検波ON/OFF」をつけるのを忘れていた。

042

前回AM作動を確認してあるので、今回はSSB(DSB)が聴こえるかどうかの確認になる。 このままDSB受信してみる。

支障なければ 「ON/OFF」のpin headを配置して 手配に移る。

2018年9月17日 (月)

am/ssb の2モード狙う(第3弾目のicにla1247)。 IFT x 3 だと9V供給まで下げた。

*********************************

am/ssb の2モード基板の第3弾になる。 すでに第1弾はta7613。第2弾はtda1572で開発済み。

第3弾のla1247を14v供給でsw on したら 発振してきた。 前回はIFTは2個、 今回は3個にした。 どうも455kHzでの帰還発振ぽい。

044

◇9V供給にしたら 正常に波形がでてきた。

電圧を換えて、テスターでピンに掛かる電圧を確認していった。このレイアウトだと 14番ピン電圧が6.7Vなら正常作動する。 IFT x2 ならば 前回同様の14v供給でokの可能性もある。 「 IFT x3 」はデータシートのようにSNが改善されるので, IFT3個にしたい。

043

◇ プロダクト検波は 第3IFTの後から貰うようにしてみたが、どうやら無理っぽい。オシロに1mVも引っ掛からない。

 貰い方は第3トランスの2次側がよい可能性もある。 方向性が定まらないので、 AM/ SSBの2モードは保留。 もう少し実験してみる。

*******************

前回の作動実績ある基板を持ってきて確認した。 12V供給でOKだ。

045

 ◇

左は前回基板。 右が今回基板。

046

「IFT x3  + プロダクト検波化」には梃子摺りそうだ。

***************************************

すでに2機種 開発済みなので、 「第3弾まで必要か?」との思いもある。国内にはla1247はないようで、下位のla1245ならば多少ある。

単に技術興味でトライしていることは事実だ。

2018年9月19日 (水)

am/ssb の2モード狙う(第3弾目のicにla1247)。 IFT x 3 の挙動。

統一教会へ動員要請したようだ。 岸先生と統一教会は物凄く仲が良い。歴史的な事実だ。その岸先生のお孫さんであるから、関係は40年以上に渡る。

34234

Sekaishiso6gatsufwp

***********************

「IFT x3 」で 帰還発振中。

1, まず 「IFT x2 」で挙動確認した。 

14番ピン(LA1247)の電圧を下げるようにR76を「51オーム⇒1.5Kオーム」に換えた。結果電圧は下がったが、帰還発振による可聴音がビートに変った。 ん???。

妙だなあ、、、と、 R76オームをゼロオームにした。 帰還発振は止まった。 このR76の値は「初回基板時にはゼロオームでは発振したので51オームに上げた経緯がある」。初回と今回では配置が数mm異なるので、パターンの微小抵抗差が要因のひとつの可能性がある。

051

2,

「IFT  x 3」にしてみた。

帰還発振する。 3rd  IFTを 1st IFTに近づけると、発振が強くなった。

052

いろいろとやっていると SPをIFTに寄せると帰還発振が強くなることも判った。 検波しきれない455kHz成分が AF部で増幅されているようだ。 データシート記載のLPFでは段数不足のようだ。

初回はTA7252,今回はTA7368なので 差があるようにも想う。

PIONEERの回路図にはLA1247がある。 10番ピンはIFTにつながっていない。これなら帰還発振はしない。

Photo_2

2018年9月24日 (月)

AMチューナーIC LA1247 基板。

***********************************

オーディオメーカーが 「10番ピン ⇒ C R ⇒ 11番ピン」の使い方をしていたのでLA1247基板もそうした。

070

(S+N)/N =10dBとなる SSG値。

071

メータも振れた。

073

ポイントは周波数カウンターへ渡す信号をあまり増幅しないことだ。 

FCポイント端でRF2Vもあると、回り込むことが判った。

074

LA1247は 高周波増幅内蔵だがその負荷はLC共振ではない。この辺りに留意する必要がある。似たICのTDA1046では高周波増幅内蔵だが外部LC負荷になる。

カウンター用ポイントを以前の位置に戻して確定版になると想う。20番ピンからの出力では自作カウンターは動かなかった記憶だが、再確認する。

**********************

9月23日 追記

20番ピンから信号は、JH4ABZ式表示器で周波数表示できた。 FC用回路は撤去する。

回路図中C17⇒104にすると発振が強烈になった。 R8,C17は不要ぽい。

R72⇒1.5kにすると 程よく発振した。 R72⇒0にしても 軽微な発振。

9番ピンでの吸い込みは465や460kHzの方がよい。 IFTを455にするとピークがふたつみれる。(CFWM455を入れると460のピークは見えなくなる)

ウェブページ

カテゴリ