ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

RFスピーチプロセッサー:フィルターレス type2 Feed

2021年5月19日 (水)

小基板のRFスピーチプロセッサー

小基板のRFスピーチプロセッサー

今回も群遅延特性とは無縁なフィルターレスタイプで 回路をスリム化してみた。OSC部がやや無謀かもしれないが、やってみて駄目なら一般的な回路に戻す。

Dsc_0013

穴明基板で実験しても PCB化すると挙動傾向がちがってデータとしは役立たないことが多いので、PCBにて実験を行っている。 基板のQが違うことに起因しているようだ。

2021年6月 3日 (木)

この配置 ZTB455.

この配置。ZTB455。

1回だけ450kHzでoscした。

P1010002

低くて変だなあ、、、と .

それ以後はOSCしない。エッチングが甘くスモールリークしている可能性もある。

**********************************************

定数は実績ある値だが、念のため増減してもOSCしてきませんでした。

配置を変えて再手配。

2021年7月24日 (土)

今日の実験。


YouTube: 颜值泳装美女

*******************************************************************

メインデバイスはCA3028.

部品点数を減らした簡易調整の回路にしてみた。

001

002

この簡易調整回路では、低周波信号を1V近くいれてもまだ変調不足になってしまった。、、、と標準回路に戻して考えなおしです。

003

2021年10月 2日 (土)

今日の失敗例。

LA1600やTDA1072に接続するBFO基板は領布中だ。

********************************************************************

今日は、「もっと澄んだ波形でBFO注入できないか?」との実験をした。ZTB455を使う。

「負荷側にコイルを入れて 多少は波形が綺麗になるか?」の確認。

水晶振動子で動作実績ある回路で、セラミックレゾネーターに置き換えてみた。

0101

0102

OSC周波数が2.5KCほど低くなった。コイルレスだと455からこれほど離れた発振はほぼ無理。これはVXO時にインダクターを入れて発振周波数を下げるテクニックと同じこと。

0103

波形は オリジナルより汚いので、セラミックレゾネーター仕様でこの案は駄目ぽい。共振点に関連する部品が複数存在するとNGな実例のひとつ。

ウェブページ

カテゴリ