Powered by Six Apart

NF型Tone コントロール付き真空管ラジオ 6号機 Feed

2017年7月17日 (月)

スマホ専用入力の真空管ラジオAUXを考える。

Zbgs

Photo

**********************************************

先日のmyST管ラジオは人気があった。製作記はここにある

061

「NF型トーンコントロール搭載+マジックアイ+スマホ専用入力」のST管ラジオだった。

◇ラジオ自作派向けに基本的なことを列記しておく。

 1,小型電子機器は90年代後半から D級アンプにも移行した。バッテリー搭載で長時間つかえる為にはD級増幅しかない。17インチPC~スマホ、ipod等までD級も採用されている。このDはデジタルのDでは無いので、間違った解説もまかり通っているのは残念だ。

2, 有名なIC、LAG668のDATA SHEET. 等価回路を見ると直流カットのコンデンサーが無いことが判る。

3, MP3プレーヤー にはAB級ICが載っているらしい。 D級だと音が劣るからだろうと、、。MP3機器は1.5~3Vで作動するので、ICの電源電圧は5Vじゃ高いので実際のIC型式は不明。 電源電圧2.4Vでみると出力MAXが0.02W/32Ω のICだろうと想う.appleの製品の内部写真には違う型式のICが見つかる。

4,上記にて AUXでの入力レベルが推測できる。 入力電圧に換算すると、Max△△mVになる。この数値に安全率を見込んで、作成すればよい。OCL回路ではdata sheet のようにdcが流れ出てくる。

5,オイラは実測してin-take 回路を決めている。「計算値と実測とは大幅に異なる」のが理由。

6,自作時の注意点として測定機(オシロ、低周波発信器)はmust. 測定器なしの自作は無謀、何故なら客観的な評価基準が無いので、科学的ではない。「ラジオは小人が中に居て音を出している」と想うならば測定器なしでやれるだろう。

********************************

スマホ入力専用(OCL専用)のラジオのシャーシ加工中だ。

P1010016

はいST管です。

自作ラジオ用 周波数カウンタ 製作。ST管ラジオに、、。

Am

Nzt9pzd0

9mzy

**********************************

ここのSANYO LC7265表示器の基板はこれでlast oneだ。(初回手配分)。

オイラの手持ちはこれで終了。

053

054

055

LEDの色はblue.MWとFMの2バンド対応品。

012

011

祐徳電子さんにもある

基板補充・IC補充をしよう。

2017年7月19日 (水)

「ST管スーパーラジオ+NF型トーンコントロール」

*******************************************

今日は少し進んだ。

P1010023

トーンコントロールの球にミニチュアの7PINを使おうと想う。 ハム音が低くなるのは「3番ピン接地」or「4番ピン接地」?

記憶が薄いのでこれから調べる。

「どちらのヒーターピンを接地するか?」でハム音の大小あるのは、60年前から公知でしょう、、と。また、グリッドリークバイアスは音が圧倒的に歪むので、エレキギター向きですね,これも公知の技術です。

カテゴリ