Powered by Six Apart

ダブルスーパーヘテロダイン TDA072 CA3028 Feed

2019年7月28日 (日)

AM :50mhz ~エアバンド向け ダブルスーパーヘテロダイン。CA3028+TDA1072. Sメーター対応

67228126_2283259848393802_433897692

********************

ca3028(ta7045)をIFにつかったダブルスーパーを興してみた。

①RK-41に1st IF段を追加し、デバイスにCA3028をつかった。

1st IF+ TDA1072ではまずまずの感度だ。

Rx302821

実装写真:CA3028が見える。

Rx302801

ssg端で0dBuv(1μv)の信号を入れた。 (s+N)/nは10dBはある。

Rx302802

メーター回路はIC内蔵。 振り切れるのでVRを使ってあわせ必要。

Rx302803

Rx302805

このSSG=-10dBuV(0.33μV)も RS44で聴こえる。SSG端で0.33μvなので 基板には入力インピーダンスなりの電圧が掛かる。基板Z=75であれば 0.33の半分が基板に掛かっている。

オイラの環境はノイジーなのでこんな微弱信号でSN測定は無理。

LA1600だとAGCモードにならない微弱信号時は、軽微な発振をしているのでこの弱信号は聞き取れない。RK-60ではこの信号は聴こえなかったので、このRK-61のほうが感度良いように想う。

基板サイズはRK-60に分がある。

感度ではRK-61。

Rx302804

IFはマイナスゲインで作動させている。プラスゲインだとSNが悪くなったのでほど良い処で作動。

まとめ。

メーカー数値の感度にかなり近づくことができた。シールド小屋があればもっと真実に近い数値を知ることができる。ARDFにも使えると想う。

048

************************

通算267作目。 RK-61

2SK192+NE612+CA3028+TDA1072

・AGCはラジオICのTDA1072に依存。CA3028でもVRなので可変できるが精々10dB.

・無線用受信機でのAGC範囲は100dBほどは必要だが、ラジオICではそこまでカバー出来ない。 上記AGC範囲を確保するのに半導体は4~5個必要だろう。その辺りのことを含めてこれから検討して、通信機向けのレシーバー基板を考察しようと思う。 

Rx302806

*****************************

AGCレンジが広い国産デバイスはLA1247.

LA1135は、LA1247の1st AGC ut が外部半導体に変わったタイプ。

ウェブページ

カテゴリ