Powered by Six Apart

7MHzダイレクトコンバージョン 初号機  Feed

2017年9月26日 (火)

LCRによるTノッチ回路実験。45dBほど減衰。  JA1AYO丹羽氏に感謝候。

******************************

LCRに拠るTノッチ回路の実験を行なった。

このCQ誌掲載の記事(JA1AYO氏 著)が目にとまったことが起点。

MPX用コイルを使用してあったので、似たMPXコイルを手に入れてみたがセンター無しだった。

それでは、、、と。

代用品にアキュシャル型インダクタを持ってきて実験した。

051

NULL点で45dBほど減衰する。 CRでの波形はこのようになる。減衰量は同じだがシャープ具合では明らかにインダクタが優る。

CRによる波形よりは格段にシャープだ。インダクタンスを採用する理由もこれで体験できた。

挿入ロスもほぼゼロのようなので、半導体で増幅する必要は思いつかない。

CR型ノッチは頻繁に見るが特性上お薦めしにくいが、目的Freqを合わせるのは簡便だ。

052

概ね45dB.

Tノッチでは30~40dBの減衰で使う回路をかなり見かける。Tノッチ2段で60~80dBになる。

053

手頃な可変インダクターを探そう。 見つからないならこのLCR値にて回路化する。流通多数の市販品でもこれだけのNULLになった。

7MHzダイレクトコンバージョン(本機)のカテゴリが無いようなのでここに興す。

*******

追記

ウルトラソニック(40kc)が多数出回っている。 ただインダクターが1割少ないので上記写真ほどの低いNULLには成らない。それ(40KC)を使えば4~5kHzのどこかでNULL点が取れると想うが、AUDIO LOW PASS FILTERの効きだす境目のノッチがほしい。 さすれば可変インダクターはセミオーダーか?

2017年9月27日 (水)

ダイレクトコンバージョンAF部の構想回路。 For 40m.

**********************************

ダイレクトコンバージョンAF部の構想回路。

054

LPFはcut off点を替えたのを2段。

TノッチはJA1AYO氏の記事と同じT型。 Tノッチは可変インダクタンスの良いのがないので、2つのFreqが同じになってしまいそうだ。 ならば1段Tノッチだろう、、と。

2017年10月 1日 (日)

LCRによるTノッチ実験を回路化。

熱さは彼岸までらしい。

風邪を引いた。

****************************

Tノッチの実験を受けて回路化した。

1011

可変インダクタンスがやはりほしい。

LPFはトランジスタ方式。 オペアンプはオイラにはまだ早い。

2017年10月19日 (木)

eagle cad で基板化中。 Direct Conversion Receiver

エンゲル係数をあげた安倍先生、がんばれ。

******************************

少し基板化を始めた。

009

試作で3回は必要だろうと、、。

AM変調項で購入した3SK114が多数あるので、RF用にそれを使う。

3SK114乗算回路による動作ができるらしい記事があったので購入したが、 実験のようにロスが多くて目も当てられなかった。

「能動素子で10dB以上ロスる使い方」のは駄目でしょう。「エネルギー減少ならば能動素子を採用するメリットが無い」ってのが、オイラの考え方。

ここは、RFアンプとして3SK114が登場。サトー電氣さんのダイレクトコンバージョンも3SK114搭載だった。

051

大方、配置できた。

出品中の商品はこちら

2017年10月20日 (金)

eagle cad で基板化中。 Direct Conversion Receiver その2

2~3mm小さくなった。

010

ウェブページ

カテゴリ