Powered by Six Apart

« 三洋のLA1600。モノシリック集積回路。 1バンドAMラジオ考。 | メイン | 3石トランジスター式100kHzマーカー基板。動作確認。 »

2017年4月 6日 (木)

AMラジオ用集積回路でのチャンピオンデータ上のSN考

C8tknzvwaabd

C8twsksvwaaynvi

 あきえ女史と私学審議会会長と映っているらしい。

大阪府私学審議会会長ってどのおっさんや?

*******************************

LABでの技術データ(SPEC)をチャンピンデータと呼ぶ。平均的エンジニアなら「チャンピオンデータ」と呼ばれることを知っていて当り前のことである。 不幸にして知らぬならばまだ「エンジニアとしては駆け出し」の範疇だ。

3端子レギュレーターにおいて、「SPEC表の数値」と実体が乖離していることはここにご紹介した。

「AMラジオで比較的にみなれたIC」のSNについて少し考えてみる。「SNとは?」は知っていないならばどこかで学んでくださいね。

007

 取り急ぎ、よく知られたICを挙げてみた。

「記載なし」はメーカーの意図を汲み取って読んでほしいね。

先日のLA1600はSNでは平均或いはやや下回るってことのようだ。電気エンジニアならSPEC表は読めるね。

チャンピンデータゆえに実環境ではこれほどはSNが良くない。

短波ラジオの基板をICで興そうと想って比較してみた。 SNが劣るICを使っても仕方がないだろうと、、、。

余談だが、 オイラの真空管ワイヤレスマイクは、真空管ラジオ側でみてSN55dBは確保している。60dBに達することもある。ラジオICの能力を鑑みると「真空管ワイヤレスマイク」のSNはかなり良好のようだ。

さて検討に入ろう。SPEC表はメーカーによって色つけがちがうことは知っているだろう。現実に近い数値を出してくるメーカーが良いメーカーなのだがね。 色つけが大きいメーカーのものが売れることが多い。市場では良いモノが売れるわけでは無い、むしろ売れないね。なかなか皮肉な世界だ。

買う側(使う側)の水準が低ければ それに見合う簡便なものが売れる。日本のFA業界で素人受けするものが市場を席捲していることはその証左だ。

まず、「SNの良いもので短波ラジオ基板を興す」のが目的ゆえにSNが悪いものから抜いていく。LA1600は駄目。TA7792も駄目、、、

良さそうなのがLA1135だ。SPEC表が真実に近いと仮定したならばLA1135だ。

LA1600(SR-7)の名誉のために述べておくと外付け部品が少なく、量産のコストダウンにかなり貢献できるICである。 ICの開発目的はそれだったろうと。型式数字で開発の新旧順序がわかることが多い。

LA1135の社内ニュース?がWEB上にあるが、SNにはIC設計開発陣が自信を持っている文面だ。いわゆるハイエンド用だとオイラは捉えている。

WEB上ではすでにLA1135~1137を採用した先駆者も居られた。よく判っているとオイラは感服した。

繰り返すが、オイラは省力化機器の装置設計屋である。機構設計(機械設計)が本業である。いわゆるCADオペレータってのは設計能力が欠如していて、部品図に寸法線を入れる程度の技能者を差し示す用語だ。 CADオペレーターには装置製作の責任は載ってこない。その意味じゃ彼等は気楽ですむ。

機械設計屋はCADオペレーターより格上になる。責任の塊のような職種である。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34053731

AMラジオ用集積回路でのチャンピオンデータ上のSN考を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ