ラジオ系情報

Powered by Six Apart

プロダクト検波UT Feed

2020年3月20日 (金)

プロダクト検波ユニット(基板)を通電してみた。 IF=455khz用

*****************************

ここに挙げておいた基板の続になる。

主たるデバイスは、CA3028,2SK170,2SC1815GR,455レゾネーター。

・「とりわけ455レゾネーターは型番によって455にするためのC値がものすごく違う」ことはラジオ工作者の常識。⇒ 記事末に公開済み。(この基板推奨はCSB455)

・OSC強度を上げ過ぎるとOSC周波数は低くなるのも振動体ものの一般的挙動。

・OSC強度が低いと周波数安定度が劣る傾向に傾くのも一般的挙動。結果、バランス良い処で発振させるのが技術ノウハウ。

026

・IF455向けなのでCSB455を使うがcrystal でも全く支障ない。

・メインICは 和名TA7045Mの CA3028(DIP 8).

027

********************************************

455kHzにosc周波数を合わせたのち、ssgから信号を入れてみた。

ssg=456khzなので、456-455=1khz(差分)がビートとして確認できる。

受電ledをレイアウトし忘れた。

028

***********************************

さらに差分1.5khz時。

029

**************************************************

遅い周期のは60Hzの商用電源ノイズ。 小さい山は400Hzの変調によるもの。

030

、、とAM電波をプロダクト検波で聞いてみた。 基板感度はIC CA3028 (和名TA7045)に依存するが、SSG値50udBvも支障なく聴こえてくる。

もっともTA7045M(CY7045)でのダイレクトコンバージョンも流通しているので、この基板をLC発振にすればダイレクトコンバージョン受信機になる。

・上級者向けに、

「dbmへのキャリア」と「IFの受信信号 」がシンクロすれば同期検波になる。これは1973年公開のMC1496datasheetにも公開されている。キャリアは受信信号の倍数でもok.

***************************************************

通算347作目。 基板ナンバー RK-90. 

初回LOTはLED載せ忘れたので、中嶋OMに10枚親展した。

セカンドロットからLED対応済み。これを領布中。 

**********************************************************

2018年11月24日 (土)に公開済

072

レゾネーターが違うと内部LCRも異なる。

直列に入るC値もそれに伴って変更のこと。本基板はCSB455値にて数値表記。

ウェブページ

カテゴリ