Powered by Six Apart

真空管ラジオ ST管 中波&短波 5球スーパー 4号機 Feed

2017年4月14日 (金)

ST管スーパー製作、マジックアイは6BR5。

****************************************

今年初の自作ラジオはこれだった。NO,94⇒NO,102まで9台のラジオを4月初旬までにまとめることができた。このペースだと2017年内に25台~30台自作しそうだが、大方のラジオ球は触ったのでもう好いだろう。

次の製作では、トーンコントロール回路を載せてみようと想う。ST管ラジオ時代の簡便なトーンコントロールでは無く、極々普通な回路にしたい。回路を入れると6dB程度ゲインダウンしたような記憶だが、そこまで下がったかなあ??。 記憶違いだと想うんだけどな。

次段に直流を流し込む「direct drive speakers」が音源に為っても良いように、それ用に回路を追加する。ローノイズの半導体としては2SC1815L,2SC2240あるいは2SA1015Lが有名だ。半導体⇒真空管に信号を渡す際は結構な減衰がある。過去の製作記事にはその数値も載っている。

今回の信号ラインは球で揃えるべきだろうと想うので、ローノイズな球を選ぼう。ローノイズな球はUHF帯まで使えることが多いので、手持ち球とこれから相談する。

外部入力初段ゲインは8dBもあれば余るだろう。

030

従来、SP付きラジオのマジックアイは天側から見える6E5、6E5Cにしてきたが6BR5(露西亜球)にする。

上のプリント基板は、ノイズストッパ基板、PIC式LED表示器、3バンドOSC基板の3点。今年になって興した基板だ。

031

ケースは1サイズUPさせ、6BR5が正面からはっきり見えるようにしたい。

032

去年の6月以来のST管スーパー製作らしい。

UZ-42を載せる


YouTube: 真空管ラジオのブーン音はどこまで小さくなるか?

外部入力にはローノイズ球ですね。

*****************************

UHF帯のGGアンプ球では

9002,6J4,6AB4,6AF4などがある。 

033

・6J4はかなりaudio ampの初段として採用されている。0.4Aとややヒーター電流が必要。増幅度が至って大きい。オイラの経験でも6J4は良い音がした。audioで人気な理由も判る。

・6AB4は有名な球の1/2ユニットの球。

・9002は10本程度は持っていたような記憶だが探さないと不明だ。ヒーター0.15Aと小さくて助かる。

audioでは12AX7,12AY7などが人気ではある.6BQ7も良い球だが人気がない。

上記は昨日のST管スーパーへに反映させたい。

2バンドのST管スーパーはこの製作で4台目になる。

2017年4月16日 (日)

ST管スーパー。トーンBassトーンTreble。

***************************************

IFTの取り付け方向は刻印通りでは全くダメだと昔にご紹介した。

3端子レギュレーターの実力も先般ご紹介した。「実験事実に基いて情報」を時折公開している。

6Z-DH3A,6AV6はヒーターピンの接地具合でハム音の強弱があることも記した。

今回は、C同調のIFTです。

実はC同調のIFTを使うとメイン共振点以外にもう1つかなり浅い共振点があってそれがややお邪魔をするのだが、そんな実装情報は雑誌・チラシには記載が無い。 そりゃ製造メーカーにとっちゃ都合悪い情報だからね。C同調IFTラジオを15台ほどつくれば経験できる。

6WC5のSG電圧は OSC強度を見ながら設定する。 初めに90Vありきではない。オイラ自作当初は95Vも掛けていたが、OSC強度を確認して今では85V~75Vになっている。2nd IFのSG電圧は18V~24V.高くても30Vだ。その電圧でゲインは十二分だ。

再生式6D6ラジオではSG電圧9Vから再生が掛かることも過去確認している。再生式ラジオでは再生用コイルにノウハウがあるが、スーパーラジオでは部品レイアウトにノウハウがある。

037

本製作は、コスモスVRが3個。左から音量、トーンBass、トーンTrebleにしようと想う。NF型になる。

トーンコントロール配置の目的は、出力トランス(t-600)の特性が値段なりであまり誉められないことだ。ラジオだから廉価なt-600でず~と我慢している。 もうひとつはIFTによるHI-CUT音への補正。

外部入力 ⇒ プリ・トーン回路  ⇒6Z-DH3A  ⇒  UZ-42  ⇒  外部スピーカーと使えるようにする。簡便なampのようなものだ。ラジオよりは電蓄に近い。プリ・トーン回路は双3極管にしようかと構想ベクトルが昨日とは違ってきている。トーン回路で15dB程度減衰するようなので、プリ・トーン回路はトータルで1~4dBを目指す.

プリ・トーン回路の球だが6DJ8、6AQ8,12AU7などは充分持っている。

馴染みのコーヒーショップでエベレストスピーカーの音を時折聴くが、良いaudio ampにはトーンコントロールのように音を脚色するものは載っていない。

2017年4月17日 (月)

3バンドosc基板。

「わが闘争」の教材使用可能=政府答弁書   と報道済み

ヒトーラーの自伝著書を学校で採用してよいことになりました。教材として相応しいとの評価ですね。つまりヒトラーの評価は好漢あるいは大人物に格上げされました。

***********************************

ST管スーパーの自作記です。

 外部入力がdirect drive speakersの様に直流を流し込んでくる機器が目立つので、その対応を少し考えていた。

 audio系で次段のampへDCを垂れ流す機器はオイラは知らない。「スピ-カーの代わりに真空管ラジオをつないで音を出そう」とする思想は audioとは違う世界の話だが、「時代は安ければ良い、つないで音が出れば良い」とクオリティを無視した方向に向っている。

さて、信号源が2Ωでもそこそこ鳴るようにはしようと想う。

040

上の写真のように3バンドOSC基板を使った。SW周辺がスッキリできた。もちろん写真のようにバリキャップがオンボードされていて局発周波数の微調整できる。この基板は1月には紹介した。7000kHzで可変範囲 ±5~7kHzになるようにバリキャップ電圧を追い込む。VR開閉で1Vくらいの変化量にする。ツェナーダイオードはホワイトノイズ発生源としてよく用いられるので、ノイズにならないメーカーを見極める。それが出来ないなら使わない。  オイラは使わない。

oscコイルはeagleのライブラリーにデバイスがあったのでそれを使ったが、0.5mmほどデータが違っていた。ややきついが載った。次製作では修正済みになるが手持ちの10枚使いきるのはおそらく再来年になるだろう。2バンドラジオはぼちぼちとつくろう。

6wc5のsg抵抗は「10+3.9=13.9kΩ」にした。

2017年4月18日 (火)

ST管にマジックアイ6BR5。5球スーパー 2バンドラジオ製作。

日本は落日を迎えつつある。

各国株価指数推移。脱税と騒がれた主が主導するんじゃ、この水準になるだろう。

中国より格下にさがった。韓国よりも格下。目を瞑って生きるのも良い。 

Hhthhh0

ほんの20年前の話。
中国の現地企業から実習生とか研修生と言う形で中国人が日本に来ていた。
正直中国は貧しい国だった。秋葉原に連れて行っても、眺めるだけ。無料のサンプルに飛びついていた。
それが今では日本は観光で遊びに来るところになった様だ。

****************************************

ここまで到達した。

042

従来より50mm広いs-4なので6BR5が見える。50mm小さいと被る。

明日はbc帯の確認ができるだろう。週末にはトーンコントロール部のゲイン確認の予定。

eagle cadで 2ICの基板を書き出した。具合よい市販品が無い隙間の分野。

2017年4月19日 (水)

NF型TC付きST管スーパーラジオ

**********************************

浮遊容量について、その傾向がわかった。

さてTC付きST管スーパーラジオは感度良くなりすぎだ。従来のケースより1サイズUPした結果、第一IFTと第二IFTの距離が離れたのでIF部のゲインを上げれた。

043

AF部は、IN⇒SP端で丁度30dBも取れた。この数字が小さくないことはラジオ工作者ならわかるだろう。

「過入力時にはAF部で どのステージ(段)で飽和させるのが良いのか?」あなたはそれを考慮して、実装してますか?

ラジオ製作記をみてもRF部のAVCは情報があるが、AF部での過入力についての思想が少ないのはまあ不自然だ。 オイラはオイラなりに常々悩んでいる。

044

全体にゲインが余るので、さてどうやって減らそう??。

短波は3バンドOSC基板が役に立っている。短波のアンテナコイルは明日巻いてみる。

TC(トーンコントロール)部ではマイナス5~10dBになれば全体としてOKだろう。

磁気アンテナなのでJIS準拠するにはオイラのようにループアンテナ(目黒製)で電波を飛ばす。

2017年4月22日 (土)

NF型トーンコントロール付きST管スーパーラジオ(7球 中波・短波 2バンド)製作

***********************************

東栄のt-600の特性は奇怪な処にピークがある。不思議なことに話題にならない。100個近く使って同じピーク点だから、これは真実である。決してaudio向けとは云えない。「諦めて使っている派」が多数なのか?とも想う。 オイラは「ラジオだからまあ由」としている。。

過去に、t-600について触れた記事だ

トーンコントロールを載せてみた。NF型になる。audioのように100kHzまで再生する音源ではなくam放送のラジオがメインなこと考えて、3kHzで5dBほど持ち上がる特性にした。球は12AU7にした。

051

VRを絞ってのVTVM値は0.4mVくらい。

052

短波はHバンド。微調整はバリキャップ式。

053

マジックアイはまたまた6BR5(露西亜).

054

AUXは従来通りにした。 12AU7の半分が遊んでいるので、direct drive speakers SYSTEMを音源に使うならば 回路を入れることをお薦めする。概ね20dBほどはほしい。

ラジオ信号も12AU7を通る。12AU7 ⇒ 6Z-DH3A  ⇒ UZ-42 の音は良いね。音色面ではgoodだ。

UZ-42から6Z-DH3AへはNFBを今回も軽く掛けてある。

056

ツマミは換えた。

055

***************************

自作ラジオでは 通算no,103 「ワン ゼロ スリー」号機。

トーンコントロール回路は刊行物を5~6冊読めば判る。


YouTube: 真空管ラジオのブーン音はどこまで小さくなるか?

2017年11月10日 (金)

ラジオ工作の必需品、「標準信号発生器用テストループ」が数十年振りに販売開始された。by 祐徳電子さん。

*********************************

以前、ここで取上げたように磁気アンテナ(バーアンテナ)にはテストループがMUSTだ。

テストループは90年代には製造されていたかどうかも妖しい。 オイラのは1970年代後半の製造品。

目黒も松下も大松も標準信号発生器用テストループの製造は2000年には終了していた。販売在庫品も底をついた。現行流通品はゼロ状態だった。

さて、そのテストループが数十年振りに製造された。 祐徳電子さんから販売開始された。

自称「ラジオのプロ修理技術者」もこれが入手できるとホっとするだろう。

031

◇箱を開けた

BNCケーブルも付属していた。

「パイプベンダーの曲げ型をよく見つけたなあ!!」と驚く。昨今、このような小さい直径の金型は市場にないと想うがどこで見つけてきたのか?

033

◇支柱は「円筒研磨加工後、ハードクロムメッキ処理」と加工プロ仕上げ。日本の会社よりメッキ処理が上手い、こりゃ驚いた。インローに拘って丸研してある。

通常は「ミガキ棒のままニッケルメッキ」が加工費としては安価。

下の写真のように、ハードクロムメッキ処理は国内では2000円以上の鍍金費用になる。

機械設計屋のオイラからみて「贅を尽くした」と想える。

032

◇スタンドベースは「電着カチオン塗装」。

「ここまで手間掛けるの?」が率直な感想。 今の時代なら黒染めで安価に済ませて終了だろう。

034

035

◇さて電波を飛ばしてみる。

正常、受信中。

036

037

◇ HF仕様だが、2mまでは信号を入れて確認してある。

 

038

6m,2mでバーアンテナを使うかどうか?

039_2

祐徳電子の社長さんは、松下電器の元エンジニア。 ラジオ系のエンジニアだ。 それゆえに良く判っている。

よく現代に復刻(復活)させたものだと感動し、感謝します。

復活の切っ掛けは、数人の自称「ラジオのプロ修理技術者」がテストループの必要なことをオイラのblogで知って、祐徳さんに、中古品の捜索依頼を掛けたことがが起因。テストループの内部構造と材質はオイラからも情報提供は行なった。

機械設計屋が作るともっと手間を省いた安直なものになるだろう。

入手希望者は、祐徳さんに問い合わせのこと。

***************************

EBAYでは往時の未使用品(日本製)が、日本円で7~10万円弱で取引されている。 往時のものを必要とするならEBAYにて調達をお薦めする。不思議なことに、テストループアンテナは日本製しかEBAYでは見たことがない。

2018年2月 4日 (日)

「真空管ラジオでの6Z-DH3A」はゼロバイアスかカソードバイアスか?

オイラは一貫して6Z-DH3Aはグリッドバイアスで使い続けている。6Z-DH3A,6SQ7,6AQ7,6AV6など複合管(ダイオード+トライオード)は、カソードバイアスにて製作をオイラは継続している。

6SQ7をゼロバイスでつかってラジオ自作した2012年に、出てくる音が拙くて「ゼロバイアスじゃ使えない」と聞き分けできたことが発端だ。それが「複合管を使ったラジオの初号機」であったことも幸いした。

◇COSMOSのおやっさんに云わせると「6Z-DH3Aのバイアスについて往時雑誌で話題になった」そうだ。

それ以来、注目していたがようやく出典の情報がWEB上に公知された。1953年の刊行誌だそうだ。 オイラの生れる前のことではある。 「ゼロバイアスかカソードバイアスか。6ZDH3Aのトラブル

往時ラジオ少年(12~17才)であれば64年を加算して、76~81才に至る。COSMOSのおやっさんが86才なので,きょう現在80歳を超えてこの文献を知らないならば、「往時はラジオ少年では無く、一般的少年だったであろう」との推論が成立する。

しかるに「自称 ラジオ少年」も紛れ込んで「ラジオ少年」のふりをしているのが理解できた。だから、音の劣るゼロバイアスを好むのだろう、、と。

◇さて、文中にあるように、結論まで明記されている。 

オイラの製作ノウハウでは、一貫してカソードバイアス推奨だ。音色が違う。 ゼロバイアスの汚い音を聴いても楽しくあるまい。オイラの製作品はカソードバイアスだ。 AVCと信号ラインが個々に取れる6SQ7や6AQ7,6AV6などは、AVCと信号ラインを個別にし、音が汚くなることを避けている。

「論理的にもゼロバイアスの音の拙い」ことが公開されて、よかった。よかった。

それにしても半田工作派では音の聞分けができない方が多いらしい、また聞分けできない方が主流だろう。

◇音の聞分けが出来るならば、6Z-DH3Aや6SQ7はカソードバイアスで製作することをお薦めする。カソードバイアス(6Z-DH3A,6SQ7,6AV6)で製作公開しているサイトはオイラを含めて僅かながらある。しかしさほど有名ではないのが残念だ。

回路図6SQ7,

6Z-DH3A回路

リードのs10に組み上げた3球ワイヤレスマイク。

009

上記のは2014年12月の作例であり、このサイズでの2号機になる。 初号機は都内に嫁いでいる。

初号機製作後3年6ケ月が経過したが、web上ではこれと同サイズあるいはより小型の3球トランスミッターの作例はまだ無い。「ラジオ製作⇒ワイヤレスマイク製作」はラジオ工作の王道であった。真空管トランスミッターを製作するラジオ工作派は少数かも知れない。

アマチュア無線通信士になるのは、己の勝手だが、免許にはアマチュア無線技士と明記されている。「技士」の2文字の読み書きができるなら、無線技士の道に進むことをお薦めする。

◇真空管式FMワイヤレスマイクの自作。⇒ここ

010

ウェブページ

カテゴリ