Powered by Six Apart

« LED 1個を 100Vで点灯させる。⇒ラジオのパイロットランプの置き換え案 | メイン | ワイヤレスマイク工作 GT管 。マツダの6SQ7 その1 »

2016年4月30日 (土)

真空管ラジオ用出力トランス 特性をみた。6BY6,6AL5,6E2

90fba601871917f6b05b4c

*****************************

2バンド8球ラジオの続きです。 短波のANTコイルは載せた。

高域が耳につくので、AF部の特性を見た

前記事のように、出力トランスの1次側にはコンデンサーをパラ付けしていないので、

素の特性を見れる。 出力トランスの型式は前記事参照。

 背面の外部入力から信号を入れる。

①低周波発信器から10kHzをいれた。

161

②3kHzにしたら、出力が減っている。3dBほど低域が出ない。

162

 と言うことで高域強調のシャリシャリ。

③出力トランスにコンデンサーをパラレルにつけて特性補正をする。特定周波数をハイインピーダンスにして補正するいたって古典的な手法。⇒日本放送出版協会発行の本を参照。

 これは感性の領域でもあるが、AMラジオなので500Hz~1kHzに特性ピークがくるようにするのが良いだろう。

★この出力トランスは真空管ラジオでは定番のトランス。周波数特性を久々に測ったが4年前と変らぬ。そこそこの価格でフラットな特性のものを手に入れるのは難しい。

このトランス、AUDIO AMPに載せている方も多いので、詳細に測定データを載せることはしません。妙なFreqでの持ち上がりもある。まあ、幾度測ってもweb上に見られるような特性図にはならん。

****************************************

ヘテロダイン検波 6BY6

1st IF  6BD6

2nd  IF 6BD6

3rd  IF 6BD6

DET  6AL5

1st  AF  6AU6(3結)

2nd AF  6AQ5

IFTにCOSMOS製を3個つかったが、サイドのキレはSTARのほうがgood.

IFTのロス具合はCOSMOSのほうが大きいので、IF段のSG電圧はSTAR使用時より高い。

************************

第180作目。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33813193

真空管ラジオ用出力トランス 特性をみた。6BY6,6AL5,6E2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ