ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« 2極管検波。8球ラジオ。形になった。オシロ波形。6BY6,6AL5,6E2 | メイン | 真空管ラジオ用出力トランス 特性をみた。6BY6,6AL5,6E2 »

2016年4月30日 (土)

LED 1個を 100Vで点灯させる。⇒ラジオのパイロットランプの置き換え案: パイロットランプ LED AC100V 

90fba601871917f6b05b54

**********************************************

ラジオの2.5Vパイロットランプで 「GT管:真空管ラジオ」のWEB MASTERが苦労されておられるようなので、ささっと実験する。

LEDはlight emitting diodeの略なのはご存知ですね。 日本語では発光ダイオードと呼称されている。diodeゆえに整流もしてくれるが、通過電流値が小さいので注意、

電流を流し過ぎると瞬時にお亡くなりなるので、 流れる量に注意することが基本。

①メーカー推奨の電流値があるので、正式な型式とランクがわかっていれば、データシートを事前に眺めておく。

LEDは電流値と輝度で分類器にかけて、ランクを自動分類をしている。(オイラは昔、そういう装置の設計屋だった)

で、LEDに掛かる電流を絞る直列抵抗を電流制限抵抗と呼ぶ。

151

②上の写真のように、AC100vが掛かる配線にして

とりあえず470kΩ、150kΩ、56kΩの2w抵抗とシリーズにそれぞれLEDをつけた。計3系統になる。

オームの法則から、それぞれ流れる電流値が違うことは小学生レベルの計算でわかる。

③さて交流100VをON。

152

153

56KΩと直列のLEDがもっとも明るい。そりゃ、3系統の中では電流が沢山流れるからね。

まとめ

問題なく点灯する。流したい電流に合わせた抵抗値にすればOK。 抵抗に掛かるワット数はオームの法則から導きだされる「その値」。LEDはlight emitting diodeなので別途整流デバイスは不要。AC100V印加時は方向性なし。

56KΩだと2mA弱流れる。掛かるワット数はAC100V印加として0.2W弱。

安全率10倍で2W抵抗にする。

これで口金タイプのLEDに、流したい電流にあった抵抗を吊るせば よさそうですね。

ヒーター6.3Vに吊るす場合は680オームの1/2W抵抗でOK.

*******************************************************************


YouTube: ワイヤレスマイク :6sq7+6j5+6sa7


YouTube: TA7642ラジオ基板にSメータ。RK-94v2


YouTube: プリント基板でつくるワイヤレスマイク:6SN7+6SA7


YouTube: roger beep:testing


YouTube: 自作真空管ラジオ :通電確認中


YouTube: 自作真空管ラジオ: IFは6BJ6の 2段。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33813121

LED 1個を 100Vで点灯させる。⇒ラジオのパイロットランプの置き換え案: パイロットランプ LED AC100V を参照しているブログ:

コメント

こんにちは!
100VLED点灯の具体的な実験までして頂いてマジ感謝です。
100VでLED点火するならDC-DCコンバーターも不要になるのでノイズの心配も要りませんし配線も簡単ですね。
なるほど、注文済みの3Vランプでもダメだったら 100Vに「抵抗+LED」でやってみようと思います。
ありがとうございました。

こんばんは。

安全率は5倍で足りると想います。

オイラは6~8mAで使うことが多いですね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ