Powered by Six Apart

3球式△△ Feed

2014年10月14日 (火)

3球式△△の製作 その1

ここ暫らくは、「メーカー製ラジオのメンテナンス」と「ヘテロダインラジオ」を造っていたので、

技術面での前進はあまりない。

しいて上げれば、

「メーカー製トランスレスラジオのブーン音の下げ方が理解でき、実践できた」ことくらいだと想う。これをノウハウと呼ぶらしい。

「技術情報やノウハウをタダ」と勘違いしている方が時々居られますが、

実装技術は体で習得するしかありませんよ。 

9V駆動で3A5のAMワイヤレスマイクを造ってみたり、

FMの真空管ワイヤレスマイクで遊んでみて、色々と得ることが多かったですね。

********************************

今日、着手したのは3球式△△です。

「上手くいくか??」はまだわからんです。 

DFKさんのキットをつくって、得る処が多々あったことは事実。

050

051

052

3球だけどIPはさほど流れないのでこの小さい電源トランスで充分足ります。

*******************************

TOP PAGE

2014年10月27日 (月)

3球式 少し前進

先日の3球式の続きです。

少し進みました。

087

009

上手くoscしてくれない。う~ん。

2014年11月 7日 (金)

3球式 +Bが30Vでも一応OSCした。

先日のこれ

球は6HM5にした。

012

こんな波形をはかったり、

014

この波形を測ったりしていた。

013

球は6C4や6AK5にもしてみたが、6HM5に戻ってきた。

+BはVR可変で+30V~+80Vにしてみた。真空管で+Bが12Vでも50Mhz帯で遊べるので30vは掛けすぎのような気もするが、osc電圧をみると30vは印加したいなあ、、。

Freqの可変はバリキャップが簡便だが、この周波数になると「バリキャップからの雑音がどうなのか?」も気になる。

*************************

TOP PAGE

カテゴリ