Powered by Six Apart

« ナショナルの真空管ラジオ  5X-52 その2 パイロットランプ | メイン | 真空管ラジオ用455Khz IFT ゼネラル »

2014年10月14日 (火)

3球式△△の製作 その1

ここ暫らくは、「メーカー製ラジオのメンテナンス」と「ヘテロダインラジオ」を造っていたので、

技術面での前進はあまりない。

しいて上げれば、

「メーカー製トランスレスラジオのブーン音の下げ方が理解でき、実践できた」ことくらいだと想う。これをノウハウと呼ぶらしい。

「技術情報やノウハウをタダ」と勘違いしている方が時々居られますが、

実装技術は体で習得するしかありませんよ。 

9V駆動で3A5のAMワイヤレスマイクを造ってみたり、

FMの真空管ワイヤレスマイクで遊んでみて、色々と得ることが多かったですね。

********************************

今日、着手したのは3球式△△です。

「上手くいくか??」はまだわからんです。 

DFKさんのキットをつくって、得る処が多々あったことは事実。

050

051

052

3球だけどIPはさほど流れないのでこの小さい電源トランスで充分足ります。

*******************************

TOP PAGE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/32845941

3球式△△の製作 その1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ