Powered by Six Apart

バックライト式 ラジオLCD表示器_ Feed

2018年4月29日 (日)

バックライト式 「ラジオLCD表示器」。

*******************************

SC3610を使った表示器はLCD式になる。

以前のこれ

0

◇一昨年からずっとバックライト式LCDがリリースされていたので、試作を始めてみた。

上のLCDとは天地逆にLCDを取り付ける必要がある。

061

発光色はケルビンが高いらしく青白い。

062

◇FM帯はupper IFなので欧州向けのIC. upper だと日本国では「NHK 教育」の周波数に近接するのでlower IFに定まった経緯がある。 分科会で審議されたことが古書にあったように記憶している。政府記録も公開請求すれば出てくるだろう。或いは通達で出ていると想う。

「受信周波数+10.7MHz」でfmラジオを製作販売(対価交換)すると拙い。この辺りは70歳以上の方ならご存知。 

と云うことで このICは「OSC-455KHz」と「OSCー10.7MHz」で使う。

063

ICでの設定は下記になる。日本国内メーカーのFMラジオには、このdisplay ICは搭載無理。

064

065

輸入販売されているFMラジオはupper IFなので、それには使える。

**************************************

 ラジオカウンターへの信号供給は、LC7265のでは この記載のように過小でも過多でもダメだ。ICのデータを見ることもなく半田実装する蛮勇者もかなり存在するらしい。

実装前にICデータを見ることは、基礎の範疇だと想う。

◇SC3610では

これは信号過多。

066

これは適正入力。

067

P1010002

此れは信号強さが不足。

P1010004

概ね120~128の範囲が適正。 レンジで10dB弱ほどだ。

バックライトの電流制限は固定抵抗⇒可変抵抗に換えたほうがよさそうだ。

、、と基板を修正中。

2018年5月 8日 (火)

バックライト式 ラジオLCD表示器。続。

オイラはお馬鹿だと公知してはや5年半が経過した。

お馬鹿ゆえに行き当たりばったりでラジオ工作を続けている。

************************************

先日の訂正基板が届いた。

バックライト式lcd displayの確認をした。

034

035

◇この白線が正規位置だが、両面テープが効いていて寄せれなかった。

032

◇上写真のように左に寄せきれなかった。2mmほどちがった。

033

◇LC7265表示器より文字サイズは少し大きい。

031

◇作動OKなので、もう少し基板を小さくしたいなあ、、、と測ってみた。

このSIDEでは3mmぐらい縮まる。

036

こちら側は5m程度だろう、、。

037

038

作動確認できた。キットになるかどうかはまだ分からないが、キット化の依頼があったので基板化した。 3216chip等でまとめてもよいが、半田作業性が落ちるので手差し部品で構成した方がよいだろう、、と。

2018年10月15日 (月)

祐徳電子さんから新発売。LCD ラジオ周波数表示器。

********************

祐徳電子さんから新発売。

ここにあった

Lcd

KIT販売も検討したが、現日本でのラジオ工作派における半田技術の水準を考えると「半田不良で問合せ多数が予想される」とのことで、完成品のみの扱いになった。

輝度調整のVRつき。

ICは3610なので欧州・米国向け。50MHzも計測するが、表示桁が4桁止まり。MW~9.999MHzには具合良い。

*******************

6m向けにはこの5桁LED基板。

004

023Ans01

ウェブページ

カテゴリ