Powered by Six Apart

ダイレクトコンバージョン :SN16913 Feed

2019年10月19日 (土)

7MHzダイレクトコンバージョン。 デバイスにsn16913.

2018122220541357fs

************************

sn16913を採用したものとしてピコシリーズが有名である。ピンは下写真のようになっている。

Sn16913pico

オイラもこの4月に実験したが、ミズホ 高田OMの回路でしか乗算できなかった。上記のように搬送波は5番、スイッチングされる信号は2番に入っている。 オイラも同じにした。

**************

①先日着した基板。

SN16913を使ったRX基板を実装した。

011

012

基板サイズは、NE612式RK-22(2017年作成)の7割ほどになった。

013

OSC具合。

015

SGからの信号を受けてみた。

この信号も聴こえてくる。 奇怪しい。MAX295の自励OSCの高調波が聴こえきているぽい。

014

物理的距離が近くなって飛び込んでいるようだ。

MAX295を停止させてみた。

AM検波作動になっているぞ。SN16913でのプロダクトになっていない。

016

バラックにして実験した。

搬送波は5番にいれた方が随分とレスポンスが良い。 やはり高田OMの回路が正しいと思える。

参考にsn16913を使ったam-tx時の波形。 基板はこれ

Sn16943004

*************************

DBMでは加算もできる。乗算もできる。 差動回路の動作点次第でどちらもできる。処々の算出式には動作点の考慮がないようだ。


YouTube: testing MC1496 for AM mod. adder or not ?

****************************

・FCZ氏の云う「変調トランスレス変調」のTX基板


YouTube: 6石AMトランスミッター transmitter board. amplitude modulation.

2019年10月22日 (火)

sn16913受信基板はレイアウト見直し中。

7MHzダイレクトコンバージョン(sn16913)だが、

①配置が拙い。 max295局発が飛び込んでいた。 ⇒ レイアウト変更にて対応。

②プロダクト検波しない? ⇒ 電源電圧がどうも低いらしい。上げると良好。

、、ということで配置を変更中。(基板サイズは大きくなった).

無理に小型化してしまったってことか??

017

2019年10月27日 (日)

sn16913 dc.

*******************

sn16913ダイレクトコンバージョンのレイアウトを変更してみた。

028

このsn16913 dc基板は11月2日出荷になるようだ。

搬送波はJA1AMH 高田OMの回路のようにするのが良い。レスポンスのよいピンを使うのが正しいだろう。

Ans01

2019年12月21日 (土)

ダイレクトコンバージョン受信基板。

***************************

すこし間隔があいたが、前回の続きです。およそ55日ぶりになるが、実装してみた。

SN16913を使ったダイレクトコンバージョン受信基板です。 領布中のDC基板はここを参照

035

先ほど、OSC確認してみた。

036

037

通電してssgからの信号確認。

聴こえてきた。 

038

LM386の配置が拙いようで  RF+MAX295+LM386にすると VR半ばで帰還発振する。  MAX295も含めて配置の見直しが必要だと判った。 回路はよさそうだ。

*************************************


YouTube: AM transmitter ,using mc1496.


YouTube: MIC-COMP ,useing TA2011s


YouTube: mic-comp using an829,panasonic


YouTube: Using NJM2783 , mic-comp P.C.B

2020年1月12日 (日)

ダイレクトコンバージョン受信基板 (7MHz):SN16913.

***************************

昨年から継続中のこれをまとめてみた。

・サイドのかぶり対策には、MAX295のLPF。MAX295.

・ピコシリーズでお馴染のSN16913採用。

Sl16913rx01

 

Sl16913rx02

Sl16913rx04_2

TA7320のダイレクトコンバージョンとほぼ同じ程度に聴こえてくる。

Sl16913rx03

*******************

AF部(TR +MAX295+TA7368)のゲインは60dB.

SSB復調出力が1mV程度あればしっかりとSP端で音になる。

Sl16913rx05

 ***********************

通算341作目。基板ナンバー RK-76.

・SN16913を受信で使った感想 :ta7320と同程度の感度になった。おそらく455khzプロダクト検波はマイナスゲインになる。

・SN16913をTXに使った作例は

Sn16943004

Sn16943007

Sn16943006

ウェブページ

カテゴリ