Powered by Six Apart

« 『有事に日本政府は日本人を助けない』 。コロナ禍で学習できました。 | メイン | 地球は平ですか? »

2020年6月 1日 (月)

ca3028 dc案

最近人気復活中のCA3028でダイレクトコンバージョンレシーバーにしてみた。

初期の回路案。

Ca3028

・LM386は9V駆動時、部品の配置具合でボボボと発振するので6Vでの使用。

・差動出力側は等負荷が波形上綺麗なので、同じ値の抵抗にした。

・CA3028でOSCさせる手立てもあるが、OSCさせると条件が許す範囲で最大電流になる。また「定電流回路としての機能がどうなのか?」の定性データを有していないので、セパレートOSCにした。AUDIO系差動回路をみると定電流値に拘りがみられるので、OSCしない方がよいようには思う。

・感度はOSC強度に比例するので、それは調整できた方がよいだろうと。 ただしRを入れるとCRにより相がずれるのでオシロ計測では綺麗に見えなくなる。

**********************************************************

DHLによれば今日、基板が届くようだ。

NE612をself oscさせた感触からすれば、ca3028 self oscにて受信感度が劣らない周波数としては20MHzまでかなあ、、と

基板が届いた

確定回路はここ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34209470

ca3028 dc案を参照しているブログ:

コメント

こんにちは
キットを購入し作成しましたが発振してしまいました。注意事項等ありましたらお教えください。よろしくお願いいたします。

お世話になります。
1、「どのデバイスが発振しているか?」
2, AFはLM386ですので、電源電圧は6Vが上限になります。7V以上掛けますと100%発振するICです。 4.5~6Vで使ってください。
3, LPFが甘いようでしたら 予備で配置したCを利用してください。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ