ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

中部電力。 Feed

2020年8月11日 (火)

これがパワコン起因のノイズ(電波+送電ライン) :太陽光発電は質の悪い電力を垂れ流す。

*****************************************************************

パワコンのスイッチング周波数は4.3kHz前後で運用されている。 質が非常に悪い電力だが、人気ではある。 電力の質を考えたことがない人間が政策を薦めるので、低質なものが出来上がる。

・その質の悪さを体験中だ。

・パワコンが50m先にあり、電波として測定ラインに重畳する。50kwのパワコンが20台ほどある。

・細かいヒゲのようなスパイクノイズがガンガン飛んでいる。 長野県松本地域ではパワコン高周波(123次)とnhk第1が重なりラジオ受信不能になる。概ね230次高調波まで確認できる。ラジオを聴こえなくする道具が普及して、体への影響は確実にある。

・50kw電波が体に良いわけがない。オーム真理教のあれも50kwほどの出力は無かったはず。

*************************************************************

tone400hzのssgを受信したら、細かいものが重畳している。

061

**************************************************************

11発数えられる。⇒ 400 x 11=4.4kcなので 波形からも4.3kcのスイチングノイズ確認できた。

062

*******************************************************

重畳波形なので、トリガー次第でこのツートーン波形になる。

063

*******************************************************************

無信号時にもパルス性ノイズを観測できる。 

011

012

*********************************************

 

 

写真では判り辛いが パワコンノイズにトリガーが反応して輝線が重なり太く見える。

013

幸いにターゲット周波数は判っている。

*********************************************************************

狐の鳴き声が五月蝿い田舎で、質の悪い電力と戦う羽目になった。

世界最大のパワコンメーカーの取説(日本語版)には、pwn制御のよるAC波形が記載されていた。

50Hzベースで86発ほど見えるので4.3kHzでのスイッチングになる。

Dsc_0006

****************************************************************

穴明き基板でtrap(減衰量40dB)をつくり、vtvm上流に入れた。

随分と影響が減ったが、受信感度測定にはまだノイズが強すぎる。 前の環境とは、まだ20dBノイズが強い。

070

TRAPは10枚基板化しました。太陽光発電ノイズで計測苦労しているようであれば連絡ください。

2021年3月31日 (水)

中部電力がFIT契約不履行なので、提訴した。「中電は差分を支払え」となった。

ここであげていた民事裁判は、 「契約書は成立した」「中電は原告に支払え」との判決になった。一部勝訴ってやつだ。 

判決文を2021年3月2日 午後に弁護士が受け取った。

************************************************************

・太陽光発電での「契約書記載単価」について争った。

・事は、FIT法に基づく「契約のお知らせ」記載の単価と 実際に中電から振り込まれた額が異なり少ないので、「どういうことでしょうか?」と此方が出向いてお尋ねしたことが発端。 被害を被った側がわざわざと出かけていった。担当窓口からの詫びの言葉は無かったとオイラのメモにはある。

・此方は契約書記載単価での収支計算を行っており銀行にもそれで話を進めた。工事完了後に「金額を間違えました」と口頭で云われてもねえ、、、。

・「他例で、金額間違えはないのか?」とお尋ねしても、「お答えできない」と云った。「ない」と言い切れない深い闇をそこで感じた。 

・「単価を記載間違えしたので、単価を下げた契約に変更しろ」と中部電力が3月下旬に押し込んできたのが要因。新しい契約書がこちらの同意なしに郵送されてきた。そこで弁護士に相談を始めた。

・「単価間違えにて、予告なしに金額下げられた(商法上NG)」と一方的に泣き寝入りしている方々も多いだろうと思い、商法に沿って提訴した。

・「契約書記載単価で中電は支払え、新しい契約書発行までの期間分は支払え」 との判決。

公共事業で1円入札で契約書交したらそれはそれで成立しているので、押印書は記載金額の中身とは無縁に成立する。これは明治からの商法で定められている。明治に制定された商法は今も生きている、、、と感じた。

yahoo知恵袋をみても、「金額まちがいなので過去に個人にお支払したものを戻せ」と電力会社から商法上NGなことを云われた事実が掲載されている。おそらく全国で100人程度は泣き寝入りしていると思う。

***************************************************************

・この話を聴きつけた新聞社(本社長野市)が取材にきた。経緯をお話したが、記事にはなっていない。 電力会社に忖度したようで握り潰したようだ。 

 報道系(長野県)には正義心はないことの証になった。文春さんが取材にくるようであれば対応したい。

「設備投資金額 vs  売電金額」で赤字にも黒字にもなるが、2018年~2019年の建設単価は19~22万円/kwが相場。これを超えるなら部材調達が下手。 10kwで200ちょっとでないと設置は無理。

2021年6月 4日 (金)

嫌がらせモード中ぽい

中電からの 嫌がらせぽい 対応を受けた。

経緯

・接続検討回答書を2018年に交付されている。「有効期限の定めがない」押印書である。これは国税庁からすれば「契約書だ」とweb公開された順序そのまま。

・オイラの世話になっている会社が中電相手に、「2021年3月に 松本地裁で 一部勝訴判決を得た。」。裁判資料にも上記接続検討は契約並みの扱いになっているのが閲覧確認できる。

・2021年6月1日に分担金を払うべく、中電に電話したら再度「接続検討申し込してください」とのこと。

これね、中電から公開されている内容がまったくない。 「申し込者の同意なく契約書有効期限をさだめた」のは、商法上ではアウトですな。押印した時点で効力発揮しているし、こちらの捨印でもありゃ中電側での契約内容変更もできるが、、交付されたものなので此方の押印はない。

地裁に提訴したら98%は勝てる。裁判官が中電に忖度する可能性を2%とみているが、、。

・勝訴したので嫌がらせモード中ぽい。とやさしく表現しておこう。超大手が田舎の会社に裁判で負けたなんて、超大手は恥ずかしくて公言できない。

ウェブページ

カテゴリ