ラジオ系情報

Powered by Six Apart

中部電力。 Feed

2030年6月19日 (水)

中部電力 : 契約書に沿っては履行しない会社

・中部電力って会社が 名古屋に本店があって、オイラの住む地域にもある。「中電 パワハラ」とは検索してはいけません。 検索しないようにお願いします。

・太陽光発電所の「契約のお知らせ」が 会社宛てに届いている。 押印されているので、一般的には契約書と呼ばれる。 おまけに、改訂版も1通あり、客観的には追認とみなされる状態。

・入金額が契約書と整合せず低いので、「どういうことでしょうか?」とこちらから、中電営業所に伺った。

・その契約書記載の売電単価を誤って記入したとの言い訳を、その場でされた。

・商法ではこの有印私文書、つまり契約書は誤記載なので無効だと中電が言い張る。

それゆえに契約書にもとずく契約履行をもとめて、 裁判中だ。 

「押印書を誤記入との理由つけで、商行為を否定している」のが中部電力。

*******************************************************************

会社オーナーは、「誤りにも来ない。こちらから、わざわざ1時間かけて どういうことですか?と聴きに行った」 と怒っている。

*********************************************************************

諫早湾のように、 裁判官によって判断が判れる事案。

出世したい忖度人、 例えば有名な黒川氏ならば、中電側の勝ち。

定年間際ならば、忖度する必要がないので オイラ達の勝。

明治から続く商法で、三文判の押印ですら契約有効の判例がでているが、権力者の為の支配道具である法律はどう解釈されるかねえ。

地裁で法律解釈できるのか?????? 

ウェブページ

カテゴリ