ラジオ系情報

Powered by Six Apart

4石スーパーラジオ Feed

2019年12月27日 (金)

3石ラジオ :AF部 ST-32の音域特性を診た。 第1フォルマントが再生されない特性。

*****************

・3石ラジオの肝は、SPを1石で鳴らすことだ。 

・ST-32でSPを鳴らす回路にしたが、ヒトの音声域で音がかなり出ないトランス特性だ。非常に参った。これでは笑われてしまうね。

・ST-32の音域特性が蝙蝠向きに為っている。

・1次側にマイラー334をパラ付けしてAMラジオ音域(1.2kHz)に特性ピークをもってきた。 ST32の2次側電圧と印加信号との電圧ゲインはほぼゼロdB.

・およそ10mV入力は必要な状態。 

・電源3Vにしてトランジスタには70mA流している。hfeは600ほど。

072

*************************

◇もともとのST32の特性 :4KHz

071

・40kHzでの特性。 ST32の2次側で電圧ゲイン30dBも取れる。400hz時はわずか10dB。

・つまり40KHz時は 400Hzより20dBほど音が大きい。(vtvm読み)。ヒトの可聴域から上で効率よく出力される。

・「蝙蝠さん寄ってらっしゃい」の特性だ。電流を10倍流して700mAにすれば負荷Zは下がるので、ほどよい特性になる可能性もある。

・蝙蝠相手ではなくヒトが使うラジオなので、冒頭のようにAMラジオの音域内にピークを持ってきた。

070

*****************

恐らくはSPを振動させれるが、充分ではないだろう。ST32の特性がまともであれば充分に鳴るが、、。

ヒトの音声フォルマントでは低域が重要。残念ながらst32では低域の音は出ない。

20160324201221

曲がりないにも「st-32の音は良い」とは云えぬ。 「このトランスを使うには、電流を500mA程度流してください。」の判断が正しいようにおもう。

オイラとしては、「Cをパラ付しても特性が尖がる割には第一フォルマントが再生されないので、使いたくないデバイス」のひとつ。

***************************

①、cパラ付特性のまま鳴らす。

②、st-32を止めて、ダイレクトドライブにする。

③、st32を止めて IC で鳴らす。⇒ 2石+1 ICラジオ

*****************

自作ラジオ群


YouTube: レフレックスラジオ 2sc1815+ta7368


YouTube: 「レフレックス+再生」式 単球ラジオ。


YouTube: 同期検波(自作ラジオ)でnhkを聴く

2019年12月28日 (土)

ST32を撤去した。

ST32は特性が悪く、ヒトの第1フォルマント再生できないことがわかったので、「使えないデバイス」にした。中華製小型出力トランスの方が周波数特性がよいので、技術面ではすでに中国 >> 日本に為っている。

st32を使った自作ラジオが多数webにあるが、その音域特性についての低周波発振器等を使った特性記述はない。随分と不思議だ。

**********************

1, ST32を撤去して、トランジスタのエミッターにSPをつるした。

073

2、 電流は100mAくらい流れている。

音として聴こえてきた。音域特性はもちろんフラット。入力10mVではやや小さいので入力20mVはほしい。

074

075

トランジスタを1段前に入れるとネライの音量になりそうだ。

**********************

まとめ。

・特性の悪いデバイス使用は諦めた。 蝙蝠さん向けデバイスとして非常に有効なので、バット△△△の製作時まではkeepしておく。

・AF部の入力では10mV~20mVほしいので、AF初段に半導体を追加する。 

2020年1月 8日 (水)

スピーカー駆動

**********************

先日のst32レスラジオの続になる。周波数特性がヒト向きないデバイスの使用あきらめた。

電源電圧3vにしてはあまり使われない回路でスピーカー駆動してみた。

P1010025

入力10mVでまあまあの音量にはなる。

2020年1月 9日 (木)

4石スーパーをトライ中。

RK-44ラジオを4石化したものをトライ中。

***************************

電源電圧3V時

08

◇◇◇◇

電源電圧4.5V時

09

出力が7dBほど増加

*********************************

4石ラジオでAF部確認。

OSC+MIXで1石。

IFは1段で1石。

AF部は2石。このAF部はある意味、眉唾ものだが音は出てくる。

・電源電圧4.5V時, 10mV in(600Ω)  ⇒  2石アンプ ⇒ VTVMの読み換算で0.00125Wの音量。

・電力換算で56dBほど。この数字は、3Vの2石アンプならば悪くない。(4.5V駆動ならば63dBになる)

・この2石アンプに20~30mVくらいは入れる必要がありそうだ。 ラジオIC :TDA1072では70~100mVほどの検波出力があるので、TDA1072の下流につるせばそこそこ音が出そうだ。

・過去、LA1600では30mV前後しかでてこなかったことを公開してある。

10

IF一段でゲインを取ろうとやや苦戦中。IFT ⇒IFTの帰還があってゲインをあげ辛い。

2石アンプ(ゲイン56dB)に入れてそれなりの音にするには、検波後に30~40mVはほしいが、アンテナ端に1mV掛かれば,「OSC+MIXで1石,IFは1段で1石」でもなんとか為るか???

11

2020年1月10日 (金)

4石スーパーをトライ中。AF 特性。

************************

11

************************

信号が帰還して発振するので、とりあえずoscを停止させてssg455kcを入れてみた。

SSG端で70udBVだとこれだけしっかり聴こえてくる。OSC停止中なので「455KC信号を増幅後、ダイオード検波 ⇒ AFアンプ の構成」 。高一ラジオの455kc版みたいな状態。

012

*************************************

・AF部がBC帯まで例えば1000kHzまでゲインがあると拙い。なぜならスピーカーからの1000kHzが電波となって受信アンテナに入り、発振モードに突入してしまう。

・AFアンプに使われる LM386では1kHzで45dB, 100kHzで40dB,1000kHzで10dBの電圧ゲイン、、、。1000kHzでは35dBほどゲインが下がる。

13

************************

この2石アンプの周波数特性を診た。

6.7kHZ

14

*******************************************

15

1000kHz超えてもゲインは同じ。

16

、、と云うことで 1MHzより上まで平坦特性だった。 

「検波されないIF成分を50dB近く増幅すれば、RFが廻って発振モードに突入した」状態だった。検波直後のLPFは入ってはいるが1MHzで60~70dBも減衰はしない。

*************************

まとめ。

・この2石アンプは平坦特性が1000kHzまではあるので、audio趣味の方は興味を持たれるかもしれんが、ラジオ用途には無理。

・もともとサンスイST-32の特性が蝙蝠向きだったので、ヒトの可聴域でのdirect driveを狙ってみた。

・音扁平なST-32等小型サンスイトランスの採用は避けたい。 すこし考えてみる。 

2020年1月11日 (土)

4石スーパー:ST-32 特性の続。

La1600zx14


YouTube: ラジオ工作 段間トランス  6GX7 レフレックスラジオ


YouTube: 12Z-E8 マジックアイ RE-860

*****************************

 ・サンスイ小型トランス ST-32の周波数特性をみたら、蝙蝠さんの会話周波数(43kHz)で最も出力してきた。 ヒト向きの設計品でないことを確認した。 そこでST-32をゴミ箱に捨てて 2石アンプをトライしてみた。  2石 AF アンプはdirect driveにしたら、周波数特性が1000kHzまで平坦だった。IF=455kHzなので検波しきれないIF(中間周波数)がそのまま 増幅されてしまう。 ダイオード検波だと90%台後半の能率なので、数%は455信号のままでおよそ電力ゲイン53dBも増幅されると、 はいIFTに飛び込んで帰還発振します。

 これが前回までの到達点。

・WEBをあちこちST-32確認したが「特性計測しない。性能確認はしない」のが主流。端に「何も考えずに使っている」ようだ。「己の頭で思考しない」とは非常に現日本人らしいね。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ST-32は廉価でないので、もうone chance を与えようと 通常の回路で新しく配線した。ST-32はコレクター側につるした。

右がアンプへのIN.

左がスピーカー端の波形

22

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

少しさげて250Hzにした。 おっと出力の相が可笑しい。う~ん、拙いね。 周波数を下げるともっと酷くなるね。ラジオは多数触ってきたが、一番酷いと思う。参ったね。

23

まとめ。

・やはり駄目ぽいね。ヒトの音声域では使えないね。皆、よく使っているねえ?? 「赤信号、皆で渡れば怖くない」の世界のようだね。

*********************************************

スピーカーにDCを流した場合のムービングコイルの動きを診た。 電位差は0.3V。 市販アンプの保護回路の作動下限より随分低い。

ミツトヨので最大1μm動く。

コーンの弾性があるので、コンタクト式では実測しにくいが何度みても最大で1μm動く。ウエイトキャンセラーを付けて測定するのが正しいが、コーン張力も数値で捉える必要がある。これをやるには装置ぽくなる。オイラの本業の世界に為る。

24

コーンのフォームで、レーザー測量は無理。 画像でも計測無理。HDDのmoving head ギャップはおよそ1μmだが、それとて画像検査はスキルが必要だ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「3V駆動でゲインの取れる2石アンプ」を諦めると進むが、工夫を思案中、。

DCがSPに流れる使い方の例。dc電流で駆動する。

18_2

2020年2月22日 (土)

1石+sepp

*******************************************

AF部を 1石+seppで組んで見た。

3V供給ではこの程度。 正直ゲインが不足で音が小さい。

5mVも入れてこの程度。 このままではラジオには使えない。

021

************************************************

3.2V供給にしたら5dBほど増えた。

検波後に信号10mVあれば そこそこの音で出てくる。

022

********************************************

色々とトライしたが 3V~4.5V供給でAF部を3トランジスタで組んで充分な音を出すには 段間トランス使用しかないだろう。半導体黎明期からの手法だが、それが正解だ。

仮にSEPP回路でまとめるならば4石は欲しい、3石では非力だと判明した。

*******************************************

ST-32は過去公開のようにコウモリ向けの周波数特性になっているので、オイラの興す回路では使わない。使えないと云うべきだろう。

まとめ: 段間トランスを使わない4石、5石ラジオは形になるが、田舎のオイラには実用性ゼロ。

ウェブページ

カテゴリ