ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« 3石トランジスタオーディオアンプ。SEPP:3Vでスピーカーを鳴らす。 | メイン | delay unit for ptt :roger beep ( stanby beep ) »

2022年8月 7日 (日)

3石トランジスタオーディオアンプsepp。 3Vでスピーカーを鳴らす。続

今日は、6V供給でのR値も確認する。R4=1.1Kがベストぽい。


YouTube: 6V supply, three transistor amp test.

6V供給だと3Vの倍は出る 。 流れる電流値のみた。

checking current(mA)
YouTube:checking current(mA)

50mAから70mA近傍でベスト点がある。 3V供給で50mAならば150mWのエネルギーが動いており能率に比して出力されるが、音声信号の世界でオームの法則が成立すると仮定した場合には20mWも出ていない計測になる。 

供給電圧を上げて9Vにしても 計測は50mW未満の出力になる。エネルギーとしては9V X 50mA の450mWが動いている。 能率13%であれば出力は58mW.

 VTVMでは0.35Vなので算出値15mW.(能率3%となる)。   97%が熱等になるのであればトランジスタはチンチンに熱いはずだが、常温のまま。  このパッケージのトランジスタを熱チンチンにするには100mA程度は流す必要がある。この音が15mWとは信じるには無理なことだ。加えて 能率からみてもオーム則は 成立しない世界だ。  音は交流波形であるが vtvmで観測するとエネルギーを正しくみれない?? 、、、と頭がクラクラする。 

 パワー計では50mW未満になる。 

SP端には交流が掛かるので どの道具で測るとより正確なのか? テスターACレンジならばダイオード印加時の0.6V補正はどうしているのか? 

RFパワー計はエンベロープ検波で搬送波を除去し、低周波信号?(AC)を計測している。

***********************************************

日本でのパワー計測例として、落ちている情報。

Photo

******************************************************

6Vであれば もう少しTRを増やしたこれ。


YouTube: 6transistor SEPP amp ( 2SA1015+2SC1815) :通電確認

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34251631

3石トランジスタオーディオアンプsepp。 3Vでスピーカーを鳴らす。続を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ