Powered by Six Apart

QRP パワーメーター自作 Feed

2020年11月 5日 (木)

qrp power meterを自作する。100mWを計測したい。

「100mWを測れる道具が必要だ」と思って眺めていたら、先日のyahoo japan auctionで JH1FCZ氏リリースのQRP Power meterが そこそこの価格になっていた。

送料込みの合計では、1万円札を渡しても、おつりが200円程度しか戻らない。そこで自作できる内容なので急遽製作した。

001

****************************************************************

002

*****************************************************************

003

******************************************************************

・M1.6のネジが手元に無かったので両面テープつけ。この両面テープは、2005年頃には国内最強力であったが、もっと良いものが昨今流通している。

004

******************************************************

・BNC座もM座も無かったので暫定でRCAにした。ケースはリード NO.9.

・インジケータの新品は九州の祐徳電子で販売中。 オイラはactionでtrio tr7100のものを調達した。

005

・調整方法はJH1FCZ氏が公開済み(刊行本).

・bnc座を手配したので、届いたら交換する。部品代はケース含みで2,000円弱。



通算368作目。基板領布は考えていない。 管理のために番号はつけておく.(RK-108)

この本にも how to make "qrp  power meter" の製作記事がある。

P1010021

P1010018

*************************************************************

・メータの精度は、電気料金メーター程度はある。  規格でプラス10%まで認可されている電力メーター業界なので、工場出荷時にはプラス5~6%に合わせてある。つまり実際より多めに計量でき、電力会社が非常においしい思いができる。 

・電気メーターの製造拠点が安曇野にある。オイラがそこを初めて訪れたのは34年前。

・東京電力の検針メータ(スマートメーター)の製造ライン最後端には、オイラ設計/製作の「通電検査+封印機」が活躍中。

ウェブページ

カテゴリ