Powered by Six Apart

自作 DC12V 3球式AMワイヤレスマイク  Feed

2013年5月 3日 (金)

DC12Vの真空管AMワイヤレスマイク.。12AX7,12BY7,12BE6

先日の12V実験で真空管は「供給12Vで50Mhz帯で発振・増幅する」ことがわかりました。

今日は、「DC12Vで使うとどの位電圧ゲインが取れるのか?」の確認です。

12V球でワイヤレスマイクを製作しました。
ごく一般的な回路です。
球は12AX7.12BY7,12BE6です。

↓バリコンもつけました。
003

↓発振波形。普通に発振しています。
3A5を9Vで発振させた場合より弱弱しいのは、本機はプレート同調ではないからです。

001

002


004

↓左が6GX7のレフレックスラジオで受信した波形。右がMICへの波形。
005

飛距離は80cmほどです。発振が強くないので、この程度の距離です。

2~3m飛ばしたい方は、プレート同調にするか、

或はオイラの他の記事を参考にしてください。

006

↑12BY7が一番明るくみえます。

007

↑12AX7 1球で34dBほどゲイン取れました。

008

↑12BY7のプレート電圧は概ね4Vになってます。ゲインは15dBくらいです。

プレート負荷が47KΩで8V掛かっているので、

オームの法則から12BY7へのプレート電流は0.2mA弱です。

電流が少ないので トランス変調に使うには苦しい動作点ですね。

12BE6のg3に変調を掛けて、12BE6をプレート同調させると面白そうですね。

009

↑OSCコイルは、GT管ワイヤレスマイクでも使ったPA-R63です。

010

↑12V電源はリップルやノイズの少ないものを使ってください。40KΩ⇒47KΩに訂正してください。

測定機メーカーさんの電源を推奨します。

011

************************************

「12BY7も12V動作する」「ゲインが15dB」が判ったので、実験終了です。

TOP PAGE

カテゴリ