Powered by Six Apart

自作 ラジオ用GT管アンプ  Feed

2013年9月 6日 (金)

ラジオ用アンプを造っています。6AC7,6SJ7,6V6

********************************

真空管チューナーからの出力を受けて、SPを鳴らすAMPを造っている最中です。

AMPと呼ぶよりも、ラジオのAF段だけをシャーシに載せたものです。

010




011

GT管を3球使いました。↑




022


VRを絞ってのSP端では、この位 VTVMを振らしてます。
概ね3mVくらいです。

右は低周波発振器からの60Hz信号です。 

左がこのアンプの波形。 オシロから60Hzのハム音なのがわかります。

ミニチュア管ほど、バーストしていないので、 聴感上もハム音が尖がっていません。

「ハム音が尖がる」って表現、わかりますでしょうか?

この位のヒーターリップルで、このspだと 

SPから20cm離れればハム音聞えなくなります。

 


021

VRの軸に、ツマミをネジ留する際には、「押し子」を使います。

「押し子」を知らない方が多いようですが、「軸を傷つけてカジル」のを防止するために

通常用いてます。

ツマミネジは、「ホーローのM3.5留」が多いので、

押し子は、M3用とM4用を用意しておけば大体OKです。

ネジ屋さんに行けば手に入ります。 旧JISのネジもまだネジ屋さんにあったりしますね。 

024

023

025

波形を入れてみました。 よさそうです。

あとは、チューナーからの信号電圧を確認して、バイアスを決めて行きます。

球は、6AC7、6SJ7, 6V6です。

TOP PAGE

 

2013年9月 7日 (土)

ラジオ用アンプ6AC7のバイアス。

ラジオ用アンプの続きです。

チューナーからのOUT-PUTレベルがわかったので、

初段(6AC7)のバイアスは↓にしました。

032

「AF部で、球のIpが1~2mAと小さい場合、音が細い」ことが経験上わかっていますので、

この6AC7はIpを3mAにしました。

以下、バイアスを列記。

初段  6AC7(メタル)  -1.8V

次段    6SJ7    -4.3V

終段    6V6      -6.5V   Ip=15mA

*********************************

6AC7     9000μモー

6SJ7    2500μモー

6V6     3700μモー

9月8日追記

次段、終段で歪むので もう少し深くする

2014年8月24日 (日)

GT管のラジオアンプのノイズ値

GT管のラジオアンプのノイズ値です。

VRを絞ってのSP端でのVTVM読み。

174

1mVレンジで測定中なので、0.55mV近傍らしい。

3段アンプで0.6mVを下回っているのが判る。

2016年1月17日 (日)

毎日、年金砲を撃って 2016年1月5日~16日までに7兆円 年金が溶けたらしい。

溶けたのは30兆円とかの情報もあるが、 平民は溶かす権限もない。 もちろん溶かすことができる立場の人間は責任は取らない。

民間なら責任を責められるが、7兆円溶かしてもOKな商売もあるようだ。

*************************************

リフトはRIFT

何のこっちゃ?

「持ち上げるのは、LIFT」と中学で教わるが、オイラが世話になっている会社ではRIFTと表記する。

LIFTなどと表記するものなら「馬鹿、アホ」と罵られる。

加工基準は、BASE HOLEと表記する。originと表記して苛められた奴もいた。 

高卒程度の教養があると,色々と不都合があるらしい。

苛められたくはないので、現実にあわせる。 社会通念からズレても気にしちゃいけない。

RIFT表記のFA装置は10年前の製作だが、某大手の協力工場で今も稼動中だ。(初めてみた時は 腰が抜けた)

BASE HOLE図面は納入先でおそらくPDF⇒保存されている。 

ウェブページ

カテゴリ