Powered by Six Apart

« ステレオアンプキット AMP-MINI  (6AB8) 製作 その3 | メイン | ラジオ用アンプ6AC7のバイアス。 »

2013年9月 6日 (金)

ラジオ用アンプを造っています。6AC7,6SJ7,6V6

********************************

真空管チューナーからの出力を受けて、SPを鳴らすAMPを造っている最中です。

AMPと呼ぶよりも、ラジオのAF段だけをシャーシに載せたものです。

010




011

GT管を3球使いました。↑




022


VRを絞ってのSP端では、この位 VTVMを振らしてます。
概ね3mVくらいです。

右は低周波発振器からの60Hz信号です。 

左がこのアンプの波形。 オシロから60Hzのハム音なのがわかります。

ミニチュア管ほど、バーストしていないので、 聴感上もハム音が尖がっていません。

「ハム音が尖がる」って表現、わかりますでしょうか?

この位のヒーターリップルで、このspだと 

SPから20cm離れればハム音聞えなくなります。

 


021

VRの軸に、ツマミをネジ留する際には、「押し子」を使います。

「押し子」を知らない方が多いようですが、「軸を傷つけてカジル」のを防止するために

通常用いてます。

ツマミネジは、「ホーローのM3.5留」が多いので、

押し子は、M3用とM4用を用意しておけば大体OKです。

ネジ屋さんに行けば手に入ります。 旧JISのネジもまだネジ屋さんにあったりしますね。 

024

023

025

波形を入れてみました。 よさそうです。

あとは、チューナーからの信号電圧を確認して、バイアスを決めて行きます。

球は、6AC7、6SJ7, 6V6です。

TOP PAGE

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/31823807

ラジオ用アンプを造っています。6AC7,6SJ7,6V6を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ