Powered by Six Apart

ロクタル管ラジオ3号機 Feed

2017年1月 8日 (日)

ロクタル管でラジオ製作。 複合管には7X7。

Natukiyouko3458x500

**************************************

ロクタル管は日本では製造されなかったことは、知っておいでだろう。

ラジオとしてまとめてみると、かなりノイズが低いことが判る。VTVMを見るとガラス球じゃ一番SNが良いように思える。7B6⇒7B5の構成で鳴らしたが音面も良い。

音を聞いていると、どうしてもミニチュア管のラジオに対する興味は失せてくる。audio愛好家がロクタル管を好む理由もよく判る。

ロクタル管でもう1台、廉価な表示器で製作してみよう。 「2極+3極」の複合管の7X7が手元にあったと想うので探してみよう。 7X7⇒7C5の構成予定。経験上、7X7はピン アサイン NO,6を音声にしたほうが音がよいはず。7B6よりは音が良いはずなので、TRY。

前2台は短波・中波だったので中波専用では初めてになる。

046

IFTは磨き上げた。

7B6は6SQ7と同等ってことになっている。

さて7X7は何と同等やら?

*****************************

ラジオは近接放送局からのカブリ音を低減するために「通信用の音」に為っている。AF特性は高域を下げてある。その結果、中域での明瞭度が上がる。

ラジオでaudio並の音を聴くことは、その音域特性上困難だ。 信号源をラジオに入れてもそれなりの特性しか聴こえてこない。測れば一目瞭然だ。

以前にご紹介したが、AM 放送とPre-emphasis。

USAで公開されていたラジオ受信機の音特性表。

Am_rcvr_bws

対象となるラジオは 半導体ラジオのようであるが、上のように4.1kHzでは10dBも下がっている。半導体ラジオのAF部は、CRによるLPFが通常入っている。

受信機側で高域垂れの音になるので、送り手が脚色して送信してくる。

Nrsc_am_pre_emph_curve

放送局側では各社仕様に基つき、音を脚色して電波発射してくる。

2017年1月 9日 (月)

ロクタル管でラジオをつくろう。 複合管には7X7。少し配線した。

Photo

2009y11m22d_144139366

*******************************

少し進んだ。単バンドラジオ。

047

少し実験をもしたいことがある。

「ロクタル管ラジオは何故に残留ノイズが小さいのか?」はまだ不明だ。メタル管とノイズ差が判り難い。 「もの凄くラジオ向きの真空管」と想えるようになってきた。

2017年1月11日 (水)

7C6 tube come, passed by TV-7D

********************************

ロクタル管の7C6が届いた。

050

051

TV-7DでPASSEDだから大丈夫だろう。

独逸から来た。

2017年1月15日 (日)

自作ラジオ用デジタル表示器(LED)。 radio display ver2になる。

C2p1lmhuuaaxgar

F5942777

Img8090291006253

************************************

真空管ラジオを好んでつくるオイラがeagle cadの記事が少しばかりあったので。「??」と想ったお方も多いでしょう。

既報のようにJH4ABZ式表示器は2016年11月に販売終了になった。ノイズ源にならないレア品だったので至極残念であった。

はい、LED表示器(radio display)の復活を目指しています。回路図は公開されているのでJH4ABZ氏から承諾をいただいて、MY基板を興した。

サイズは8mmほど小さくした。「radio display ver2」と為る。

本業が装置設計屋(機械CAD屋)ゆえに部品を配置して線で結ぶのは、至って楽にすすんだ。この位の部品点数だと回路図とは関連つけない方が速くパターン図が仕上がる。今回は関連つけて時間が掛かった。

067

プロト基板に部品をのせて作動確認。1点パターンミスがあったがジャンパーしてOK.

修正版は手配済み。春節前には 飛行機に載ると想う。

057

055

 

053

入手しにくい部品は皆無。LEDドライバーのTRはそれなりのものがある。オイラは10個で100円品にした。FETは小信号増幅用のものならば40円くらい。

製作時のポイントは只一つそれは、3端子レギュレータのローノイズ品を探すこと

「3端子レギュレータ 発振」で調べるとホワイトノイズの多いことが解ると想う。

78△△の品番でローノイズ品に遭遇したことは未だ無い。乾電池の6V駆動ならば不要。ドロップ電圧を考えると乾電池の6V駆動時は機能している? or いない?

PICは12V掛けると壊れるのでそこは注意。規格表以上の電圧は駄目。(ラジオ工作者はデータシートを確認する習慣は身についていると想う)

JH4ABZ殿 感謝候。

************************************

2017年1月15日時点での

入手可能なデジタル表示器のまとめ

①LEDタイプ。AM帯 (0.3~9.99MHz)。「10.000MHz~上」は下側から4桁表示。

  再生式ラジオに使える「OFF SET =ゼロ」モードが唯一ある。再生式での表示例。

055

②LEDタイプ

これはBC帯とFM帯の2バンド。

 -455kHzモードでは、 1.999MHzまで表示.FM帯は75~150MHz.

③LCDタイプ。AMモードとFMモード。

-455kHzで表示するAMモードは0.5~30MHzまで。 但し「10.000MHz⇒上」は下側から4桁表示。

+10.7のFMモードは11~150MHz.

061

064

最近、オイラはMY基板化した。もしもLCDタイプでTRYしたい技術派が居られたなら、請連絡。 参考になるかも

写真のように基板パターンは至って簡単なので商用転用しやすいのが難点。2次利用や類似基板はご遠慮ください。

主要部品情報

MY 基板を希望の方は、売店へどうぞ。

************************************

上記3方法にて 自作ラジオは「デジタル表示で受信周波数表示」が出来る。

2017/JAN/16 追記

3端子レギュレーターのデータシートから電波ノイズ源になるかどうかを見極めることができる

メール

2017年11月10日 (金)

ラジオ工作の必需品、「標準信号発生器用テストループ」が数十年振りに販売開始された。by 祐徳電子さん。

*********************************

以前、ここで取上げたように磁気アンテナ(バーアンテナ)にはテストループがMUSTだ。

テストループは90年代には製造されていたかどうかも妖しい。 オイラのは1970年代後半の製造品。

目黒も松下も大松も標準信号発生器用テストループの製造は2000年には終了していた。販売在庫品も底をついた。現行流通品はゼロ状態だった。

さて、そのテストループが数十年振りに製造された。 祐徳電子さんから販売開始された。

自称「ラジオのプロ修理技術者」もこれが入手できるとホっとするだろう。

031

◇箱を開けた

BNCケーブルも付属していた。

「パイプベンダーの曲げ型をよく見つけたなあ!!」と驚く。昨今、このような小さい直径の金型は市場にないと想うがどこで見つけてきたのか?

033

◇支柱は「円筒研磨加工後、ハードクロムメッキ処理」と加工プロ仕上げ。日本の会社よりメッキ処理が上手い、こりゃ驚いた。インローに拘って丸研してある。

通常は「ミガキ棒のままニッケルメッキ」が加工費としては安価。

下の写真のように、ハードクロムメッキ処理は国内では2000円以上の鍍金費用になる。

機械設計屋のオイラからみて「贅を尽くした」と想える。

032

◇スタンドベースは「電着カチオン塗装」。

「ここまで手間掛けるの?」が率直な感想。 今の時代なら黒染めで安価に済ませて終了だろう。

034

035

◇さて電波を飛ばしてみる。

正常、受信中。

036

037

◇ HF仕様だが、2mまでは信号を入れて確認してある。

 

038

6m,2mでバーアンテナを使うかどうか?

039_2

祐徳電子の社長さんは、松下電器の元エンジニア。 ラジオ系のエンジニアだ。 それゆえに良く判っている。

よく現代に復刻(復活)させたものだと感動し、感謝します。

復活の切っ掛けは、数人の自称「ラジオのプロ修理技術者」がテストループの必要なことをオイラのblogで知って、祐徳さんに、中古品の捜索依頼を掛けたことがが起因。テストループの内部構造と材質はオイラからも情報提供は行なった。

機械設計屋が作るともっと手間を省いた安直なものになるだろう。

入手希望者は、祐徳さんに問い合わせのこと。

***************************

ウェブページ

カテゴリ