Powered by Six Apart

ロクタル管ラジオ3号機 Feed

2017年1月 8日 (日)

ロクタル管でラジオ製作。 複合管には7X7。

Natukiyouko3458x500

**************************************

ロクタル管は日本では製造されなかったことは、知っておいでだろう。

ラジオとしてまとめてみると、かなりノイズが低いことが判る。VTVMを見るとガラス球じゃ一番SNが良いように思える。7B6⇒7B5の構成で鳴らしたが音面も良い。

音を聞いていると、どうしてもミニチュア管のラジオに対する興味は失せてくる。audio愛好家がロクタル管を好む理由もよく判る。

ロクタル管でもう1台、廉価な表示器で製作してみよう。 「2極+3極」の複合管の7X7が手元にあったと想うので探してみよう。 7X7⇒7C5の構成予定。経験上、7X7はピン アサイン NO,6を音声にしたほうが音がよいはず。7B6よりは音が良いはずなので、TRY。

前2台は短波・中波だったので中波専用では初めてになる。

046

IFTは磨き上げた。

7B6は6SQ7と同等ってことになっている。

さて7X7は何と同等やら?

*****************************

ラジオは近接放送局からのカブリ音を低減するために「通信用の音」に為っている。AF特性は高域を下げてある。その結果、中域での明瞭度が上がる。

ラジオでaudio並の音を聴くことは、その音域特性上困難だ。 信号源をラジオに入れてもそれなりの特性しか聴こえてこない。測れば一目瞭然だ。

以前にご紹介したが、AM 放送とPre-emphasis。

USAで公開されていたラジオ受信機の音特性表。

Am_rcvr_bws

対象となるラジオは 半導体ラジオのようであるが、上のように4.1kHzでは10dBも下がっている。半導体ラジオのAF部は、CRによるLPFが通常入っている。

受信機側で高域垂れの音になるので、送り手が脚色して送信してくる。

Nrsc_am_pre_emph_curve

放送局側では各社仕様に基つき、音を脚色して電波発射してくる。

2017年1月 9日 (月)

ロクタル管でラジオをつくろう。 複合管には7X7。少し配線した。

Photo

2009y11m22d_144139366

*******************************

少し進んだ。単バンドラジオ。

047

少し実験をもしたいことがある。

「ロクタル管ラジオは何故に残留ノイズが小さいのか?」はまだ不明だ。メタル管とノイズ差が判り難い。 「もの凄くラジオ向きの真空管」と想えるようになってきた。

2017年1月11日 (水)

7C6 tube come, passed by TV-7D

********************************

ロクタル管の7C6が届いた。

050

051

TV-7DでPASSEDだから大丈夫だろう。

独逸から来た。

2017年1月12日 (木)

FMラジオ。 7セグLED周波数表示器を使う。

***************************************

shopを見ると残数が40もない

補充はされると想うが、先はよく判らん。FMラジオ専用に売られているが、オイラはBC帯用に改造した。

 

 

041

 

 

053

魅力は廉価だってことだ。LED表示するFM帯ラジオをつくるにはこの表示器しかないだろう。

日本のSANYO が昔、AM/FMラジオ用に開発したICなので ICからの電波ノイズは皆無。

この先も、この表示器しかないだろう。基板を興して日本国内で部品を集めると、この価格の2~3倍には為る。

MY 基板を希望の方は、売店へどうぞ。

2017年1月15日 (日)

自作ラジオ用デジタル表示器(LED)。 radio display ver2になる。

C2p1lmhuuaaxgar

F5942777

Img8090291006253

************************************

真空管ラジオを好んでつくるオイラがeagle cadの記事が少しばかりあったので。「??」と想ったお方も多いでしょう。

既報のようにJH4ABZ式表示器は2016年11月に販売終了になった。ノイズ源にならないレア品だったので至極残念であった。

はい、LED表示器(radio display)の復活を目指しています。回路図は公開されているのでJH4ABZ氏から承諾をいただいて、MY基板を興した。

サイズは8mmほど小さくした。「radio display ver2」と為る。

本業が装置設計屋(機械CAD屋)ゆえに部品を配置して線で結ぶのは、至って楽にすすんだ。この位の部品点数だと回路図とは関連つけない方が速くパターン図が仕上がる。今回は関連つけて時間が掛かった。

067

プロト基板に部品をのせて作動確認。1点パターンミスがあったがジャンパーしてOK.

修正版は手配済み。春節前には 飛行機に載ると想う。

057

055

 

053

入手しにくい部品は皆無。LEDドライバーのTRはそれなりのものがある。オイラは10個で100円品にした。FETは小信号増幅用のものならば40円くらい。

製作時のポイントは只一つそれは、3端子レギュレータのローノイズ品を探すこと

「3端子レギュレータ 発振」で調べるとホワイトノイズの多いことが解ると想う。

78△△の品番でローノイズ品に遭遇したことは未だ無い。乾電池の6V駆動ならば不要。ドロップ電圧を考えると乾電池の6V駆動時は機能している? or いない?

PICは12V掛けると壊れるのでそこは注意。規格表以上の電圧は駄目。(ラジオ工作者はデータシートを確認する習慣は身についていると想う)

JH4ABZ殿 感謝候。

************************************

2017年1月15日時点での

入手可能なデジタル表示器のまとめ

①LEDタイプ。AM帯 (0.3~9.99MHz)。「10.000MHz~上」は下側から4桁表示。

  再生式ラジオに使える「OFF SET =ゼロ」モードが唯一ある。再生式での表示例。

055

②LEDタイプ

これはBC帯とFM帯の2バンド。

 -455kHzモードでは、 1.999MHzまで表示.FM帯は75~150MHz.

 FM専用でリリースされているので、AMモード化必要。

これは、市販品なので入手は簡単。しかも廉価

041

065

③LCDタイプ。AMモードとFMモード。

-455kHzで表示するAMモードは0.5~30MHzまで。 但し「10.000MHz⇒上」は下側から4桁表示。

+10.7のFMモードは11~150MHz.

061

064

最近、オイラはMY基板化した。もしもLCDタイプでTRYしたい技術派が居られたなら、請連絡。 参考になるかも

写真のように基板パターンは至って簡単なので商用転用しやすいのが難点。2次利用や類似基板はご遠慮ください。

主要部品情報

MY 基板を希望の方は、売店へどうぞ。

************************************

上記3方法にて 自作ラジオは「デジタル表示で受信周波数表示」が出来る。

2017/JAN/16 追記

3端子レギュレーターのデータシートから電波ノイズ源になるかどうかを見極めることができる

メール

2017年1月16日 (月)

電波ノイズ源にならない3端子レギュレーター。真空管ラジオに使えるよ。(乾電池駆動)

************************************

昨日も紹介した「廉価なデジタル表示器」で電波ノイズの有無を確認した。

3端子レギュレーターICが電波ノイズ源になることは、すでに紹介してある。「ええ?そうなの?」と想うのならば製作経験が足らないんじゃないかな?

メーカーのサイトには,発振の文字がある。衆知の事実ってやつだね。

「すべての3端子レギュレーターICが電波ノイズ源になるか?」と考えつつ、データシートを眺めていた。 その結果、EQUIVALENT CIRCUITで見極めがつきそう???

電波ノイズの発生源にならないと推測できた「3端子レギュレーターIC」を、秋月から購入した。

009

上の写真のように、購入時の7805は剥がしてある。ここ。

077

 届いた3端子レギュレーターを半田付けして、通電確認。


白線でOSCを拾い表示器に取り込んでいる。

075

電池を抜いて、確認。

076

はい、推測通りに電波ノイズ源には為らない「3端子レギュレーター」です。

一応、このロクタル管ラジオの残留ノイズは0.2mVだ。

「3端子レギュレータ 発振」で検索すると理解が進むと想う。

ここには、3端子レギュレータ起因のノイズが可聴域でも聞こえるケースが書かれている。WEB MASTER 殿感謝いたします。

************************************

「ああ、そうなんだ」と想って終了も由。

「データシートで調べてみよう」と技術向上を図るも由。

繰り返すが、「答えを覚えて卒業してきた」方には、ラジオ工作は不向きです。

2017年1月20日 (金)

廉価なLED表示器でロクタル管ラジオをつくろう。ノイズは0.15mV.

1137947301960

***************************************

前回、シャーシ加工は済ませた。7C6はこれ

ちょっと配線してみた。

ヘテロダインラジオなのでヒーターの片側はシャーシー接地。つまり交流6.3Vがシャーシーを流れている。

131

今回は、3端子レギュレーターが電波ノイズ源にならなかったので乾電池からのsupplyは止めてみた。

132

SP端でのVRを絞ってのVTVM値は0.1~0.15mV(3mVレンジにて)と至って優秀。聴感上も3端子レギュレーターからのノイズは確認できない。シャーシーに交流6.3Vを流してこの数値。

よい3端子レギュレーターなら、ヒーターラインから供給してもよいことが解った。ただし、放送に同調させると AVCが効いてバリミュー管の作動が軽くなるのにあわせて、ヒーターの電流?が暴れるのでLEDの明るさがやや変化する。 これは、やや気になる。乾電池供給の方が好ましいようにも思える。 

ヒーター定格2Aに対し、この球5本でデータシート上では計1.5Aになる。

IPは抵抗に掛かる電圧をデジタルテスターで測り換算したもの。

7Q7  7mA。

7A7   3mA。 SG=81V

7A7  1mA。  SG=20V

7C6

7C5  10mA。

傾向としては他の球種よりプレート電流は流れないと言える?。RF球は電流が少ない作動になっている。。

+Bは30mAも流れていない。

妙にバンド上限の感度がとれて帰還発振してしまう。1250~上がアカン。CUT OFFして黙り込んでしまう。バリミューなのにCUT OFFする。 7Q7に起因するのか或いはOSCコイルのタップなのか?

OSC強度のほぼPEAKで帰還発振する。やや珍しい事象にて思案中。以前、6SA7で電流制限を掛けた折の挙動ににているがやや異なる。 2nd IFの動作が弱すぎる可能性もある。

OSCコイルは一貫してラジオ少年のを採用しているが、3年前のモデルとは発振強度が随分とちがっていることに気ついた。3年前モデルよりも一目弱い発振。さて何人がこれに気ついているだろうか? 

ラジオ工作で何割のお方が発振強度に注意して自作しているか?。 WEBをみると1割もいないようだ。「部品集めました⇒半田終了⇒鳴りました」の過程で大切なことが見落とされている。接地してよいヒーターピン番号、発振強度、残留ノイズ等々はラジオ工作の基本。

情報はタダではない。情報を売って成り立つ企業として「リクルート」が筆頭に上げられる。教えて君向けのBLOGではないので悪しからず。

*************************************

Unit1

013

参考に動画をひとつ。


YouTube: 真空管ラジオのブーン音はどこまで小さくなるか?

これが残留ノイズ0.7mVの世界。 本ロクタル管ラジオはこれの1/4程度のブーン音。

廉価なLED表示器でロクタル管ラジオをつくろう。 作動中。

東京の豊洲事案は、「利権絡むと検査さえもちゃんとやらない」と中国と同レベルの民度を世界にむけ発信できました。

日本の民度は中国とイーブンですね。

大学入試でのカンニングも多数あったことが報道されていましたが、若い世代もとても「良い民度」で親の背中を見て育ってきたことでしょうね。

売る側のガス屋はあの手この手で売るのを拒否してる議事録がどんどん出る。ガス屋いじりは政治家誰もしないので、誰が仕込んでどう儲け様としたかはもう判りますね。

**************************************

残留ノイズが0.15mVとaudio並に低い「ロクタル管ラジオ 3号機」のつづきだ。従来は2バンドゆえにBC帯単バンドとしては初号機になる。

6E2はSWで「ヒーターOFF、+BもOFF」になる。

謎だった挙動も無事解決した。

まだ感度を上げる余裕があるので、これから感度はしっかりと追い込む。

111

外部入力で確認。

112

真空管ラジオの外部入力の使い方はここ

2nd IFはSG電圧=35Vにした。

あとは糸かけ。

*********************************

「IFTは刻印通りに使ってはNGだ」等の情報は昔からここにある。

2017年1月21日 (土)

廉価なLED表示器でロクタル管ラジオをつくろう。 鳴らし中。

何でだろう??

①安倍総理 急いでトランプと会談しTPPよろしくとお願いする

TPP離脱

②安倍総理 プーチンに会い、北方領土返還お願いする

プーチンが国後にミサイル設置


なぜ、安倍先生様のお願いとは真逆の結果なのか??

Rp010b

***********************************

感度UPも終った。

141

ダイナミック点灯LEDではないので、チラツキが皆無なのが嬉しいね。

142

鳴らして球を暖める。

感度よくまとめるknowhowの写真を1枚。文面はここ

143

文中には記載ないknowhowが1点写真には映っている。

回路図を読める力をお持ちなら、写真から重要点がわかるはず。

以上。

2017年1月21日夜追記

144

PCBは緑色タイプに換装した。

***********************************

通算209作目。

ロクタル管は入手難。 ご紹介したようにかなりローノイズ。ロクタル管ラジオ3号機でした。

カテゴリ