Powered by Six Apart

モノバンド qrp トランシーバー基板(rk-100) Feed

2020年8月 2日 (日)

AMトランシーバー基板:名刺より省サイズ。

小型トランシーバーと聞けば、思いつくのはポケトラ(JH1FCZ氏)。40x90mmに部品が載っている。

ポケロクも市場にあるが、FM用デバイス利用し「クリップした振幅変調にしかならない」ので、あまりお薦めしない。

**************************************************************

小型のAMトランシーバー基板を興してみた。 名刺と基板の大きさ比較中。

001

**********************************************

重ねるとトランシーバー基板は21mmほど小さい。

002

***********************************************************

内容は

1,先日の7MHzトランシーバー基板(RK-96a)から、 LC-OSC部を外して小さくした。

2,RX側はSFB455にして投影面積を減らした。シングルスーパー。la1600+lm386 ⇒ sp

◇◇◇投影面積は 372平方mmとなり ポケトラの360平方mmより5%ほど大きい。

プロト基板は5枚。年内にはまとめたい。

2020年8月16日 (日)

小型amトランシーバー基板 : 太陽光発電起因ノイズの除去検討。

**************************************************************

形になった小型amトランシーバー基板。 ⇒ここに前回情報あり。

050

*****************************************************************

安定化電源から通電してsp端波形を診た。

前の環境では見たことがない周期のノイズが確認できた。

053

AC100Vはノイジーで、駄目な可能性もでてきた。 低品質な太陽光発電の恩恵にあずかって、測定しても何をみているのか???? 状態になりそうだ。

************************************************************

LA1600部を切り離して、AF部だけで波形確認。

乾電池4本で5.85Vになった。 スパイクの波形が見つからないので「この集落での商用100Vは質が悪い」こともわかった。

051

*************************************************************

 

安定化電源から乾電池とおなじ電圧5.85Vを供給。 6Vを超えるとLM386が黙るのでこの部品レイアウトでは6Vは無理だった。

ノイズが5割ほど増えている。 太陽光発電の電力質が悪い。 こんなに質の悪いものを普及させてどうしたいんだ???

052

***************************************************************

試しにSSGから電波を飛ばしてみた。

受信波形に繋ぎが見える。 SSGも影響を受けている。

055

*********************************

054

真空管ラジオの+Bにも何かのノイズが増えていることは確認した。

**************************************************************

まとめ

1,測定器側は、太陽光発電起因のノイズが確認できた。 400KCのHPF電源を造るのが正解らしい。

2,トランシーバー基板は、「SSGコールド側からノイズが入ってLA1600でAM検波している」ぽい動作だ。

   LM386がこの配置で6V印加だと黙るので、TA7368に換えてトライ予定。

ウェブページ

カテゴリ