ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« Plessey「SL1641C」を使った作例。トランシーバーとワイヤレスマイク | メイン | イタリアでも一日200人程度 vs 900人 »

2020年7月23日 (木)

7MHz モノバンド AM トランシーバーの受信感度(量産型) 。

***********************************************

先日のプロトタイプだとRX部半固定が隣同士で調整時に勘違いしやすいので、配置を換えてみた。

012

******************************************************************

感度は変らず。

RXはTDA1072. このICはIF=465kHzなので455で使うと感度が10dBほど悪化するが、W65Hが市場流通していないので、W55Hを使っている。

Rk9611

****************************************************************

・RF-AMPのゲインを上げていくとこの「0dBuVのトーン信号」も聞こえてしまう。 SSG端での0dBuVは1uVになる。 トランシーバー基板側に1/2掛かっていると仮定すると0.5uVになる。  

ここまでRFーAMPのゲインを上げてしまうと発振するので、そこそこでお願いします。

Rk9612

********************************************************************

◇◇

IFTを外してFCZの7MHzをつけてみた。

010

011

それでも 感度はそれなりに出てきた。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34213019

7MHz モノバンド AM トランシーバーの受信感度(量産型) 。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ