Powered by Six Apart

ケンプロ KP-60 :スピーチプロセッサー Feed

2020年5月10日 (日)

ケンプロ KP-60 :スピーチプロセッサー :PSN型の量産機

psnでのssb生成によるRF スピーチプロセッサー。

*************************************

およそ44年前のPSN-SSBである。

1977年刊行ジャーナル広告には、KP-12と共に価格がある。

KENPRO開発順では、

KP-12 ⇒ KP-60 ⇒ KP-12A になる。KP-12Aと同等品は基板化済み。DBMでの波形はオイラ基板が綺麗である。

007

**************************************************************

近年PSN-SSBに再び人気が出ているが、量産機としてのPSN-SSB採用はケンプロが日本初である。

量産機の回路学習しても罰は当たらないね。

Kp6001

Kp6002

Kp6003

KP-12Aよりは、リミッティング開始点を遅くできる。

周波数特性は悪くない。よく考えられている。、、、真空管時代からTXキット販売していた老舗ゆえに、技術はある。

**************************************

crystal filterがやや高価な時代だったのでKP-12はやや高額であった。、その廉価版になるが特性は良い。

「日本通信のLB-75」ってのがあるが、中味をみたら ちょっと拙いんじゃないの? ケンプロより造りが劣りますが、どうしてでしょうか?

******************************************************************

「PSN-SSB自作派が 量産初号機の回路を知らない」となれば、随分と間抜けなことになる。日本で唯一量産成功したPSN-SSBである。外装モデルチェンジがKP-760。

オイラとしては、実機を手にいれて特性確認をお薦めします。

・追記

原典は1972年頃の英文字文化圏。原典よりは高域カット点が低い。

feed forward式vogaがまとまったら、このpsn式も少しだけ考えてみたい、、。

************************************************************

KP-12Aと同等品を自作派向けに基板化済みである。crystal filterはサトー電気に在庫あり。

ウェブページ

カテゴリ