Powered by Six Apart

自作 中波帯 ミニチュア管 ワイヤレスマイク 2号機 Feed

2015年12月 3日 (木)

AMワイヤレス トランスミッター  2号機  真空管  6DK6,6BE6

 

      ピコサイズと呼べるかナ?⇒1号機

AMワイヤレストランスミッター(真空管)をもう 1台製作した。120x80mmと手の平サイズ。

この小型サイズに3球載せた製作記事は 今のところ他サイトには無いようだ。

半田鏝が入りにくいので作業性がやや劣る。初めてAMワイヤレストランスミッター(真空管)を造ろうとされる方は、「NPO ラジオ少年のキット品」をオイラは薦める。

010

内部写真は1号機参照。

何台もラジオマイクを造るのは、変わり者かも知らんナ。「慶治」は縁者ゆえに、その流れが出ているやもしれん。

011

012

013

6AV6⇒6DK6(3結)⇒6BE6

freqは620~1450Khz

014

通電して、波形を確認。RCA 入力。

FMラジオなどからの信号INを想定している。 MIKE AMP部で30dB+10dB程度のゲインがある。

飛びは従来と同じ3m。 長いアンテナは飛びすぎるので注意。

015

出品中の商品はこちら

ワイヤレスマイク出品中。

**************************

第156作目

2015年12月20日 (日)

ラジオマイク OSC具合

***********************************

①トランスミッターも吸い込みの良いアンテナにすると飛びすぎて、NGだが、

吸い込みが悪いアンテナだと、アンテナから放出されずに戻ってくる電力が悪さをするので

ラジオマイクはアンテナ加減が難しい。 「どのように悪さをするのか?」は体験者のみ知る。

 P-G発振だと強すぎて電波法的にNGなのでG-K発振にしているが、シャーシからのブーン音流入を完全には防ぎきれない。発振の切っ掛け用Cを減らして、ギリギリに発振する容量にすると至ってクリアな音になるが、如何せん弱すぎる。

とラジオマイクのポイントを上げておく。

ウェブページ

カテゴリ