ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

飯山ホテル 補助金 Feed

2024年1月 1日 (月)

飯山ホテル 補助金 :最大15.5億円

補助金は飯山駅前市有地宿泊施設整備促進事業に係る基本協定(2021年:足立正則市長締結)に数値公開されている。

。kyoteisyo.pdfをダウンロード。

内容は 補助金2件。 資金貸付1件 を利用とある。基本協定で補助金を2本明示ってのは、超レア。 それだけ この法人によりそっており、公平?? 。これを締結した市長は、締結した実績を掲げたが再々々選選挙(2022年)落選した。 

 上記協定では、

1,「地域総合整備資金貸付制度を利用」(国からの支援金で 上限10.5億円)

2,飯山市健康増進施設整備事業補助金交付要綱  上限2億円

3,飯山駅周辺地区宿泊施設整備事業補助金交付要綱  上限3億円

                  合計15.5億。 

法人飯山市が 「利用」と調印した事実がある。 取り交わした書面では15.5憶円になる。 

しかし 「法人飯山市は5億円と小さく数字で云う。」。財布が違うので、法人飯山市では5憶円。「国からの補助を利用しますと契約した数字」は 法人飯山市の広報では告知しなこれは闇がみえますわ。

信濃毎日新聞記者よ 忖度していないで、「 国、県、市からの補助金は いくらですか?」と法人飯山市の広報係に聴け、 「国と県の補助金利用はゼロ円ですね」とトドメを刺せ。

そろそろ、ジャーナリズムの仕事をしろよ。

有識者懇談会報告書が2023年5月15日に公開されている。20230515shiryou4.pdfをダウンロード

内容は 「飯山ホテルだけに親しくすることは、競争性、透明性の観点からみてNG」。 採算ベースに乗れないし、課税率1.4%の固定資産税を払えるかどうか?? ってレベルじゃ、良識ある人間ならば 縦に首は振れない。

*********************************************************** 

飯山市からの公開資料 :法人飯山市としては5憶の数字が公開されている。

つまり「補助金10億円は、 飯山ホテルが直に国から引き出せ。 飯山市・長野県を経由するな」との法人飯山市(議会??)の主張が読み取れる。

kikakuteiannsyo.pdfをダウンロード

Photo5_4

別途上乗せで、国のゼニ上限35憶を引っ張ることもできる。(国側の財布が 個別なので、重ねること可能)

ホテル運営は採算ベースにはかなり無理なことが、法人飯山市の公開資料でわかる。

ここ。 

この資料を理解できない方には、さらにここ

2023年9月17日 (日)

飯山ホテル(藤巻篤代表取締役) :「飯山市の藤巻建設、藤巻発電」のオーナー

飯山市の藤巻発電のオーナーである藤巻篤氏。

与信は東京商工リサーチ、帝国バンク等の 会社から引っ張れるとおもうよ.

一般的には、登記簿記載の氏名から氏素性が見え隠れすることが多い。

建設業法にそって公開されていたのは、下ファイル。

hujimaki_keieisinsa.pdfをダウンロード

************************************************************

Hujimaki

藤巻発電で検索しても この瞬間経営事項審査ではヒットしないので 建設業免許と無縁な可能性もあるが、、オイラの検索が下手なのか?

Kensaku

電気事業法での工事であれば、工事金額上限は500くらいだった記憶だ。

飯山駅前市有地(3000m2)リゾートホテル建設は2016年中止。飯山市が「飯山商工会に補助金(10億)だしますとお願い中」。

Photo

信濃毎日新聞の2016年4月1日 記事の紹介、 元はここ

飯山市の北陸新幹線(長野経由)飯山駅前の市有地3千平方メートルでリゾートホテルの建設を計画していた日本リゾートシステム(東京)が計画を白紙撤回したことが31日、分かった。同社は「資金が限られており、他の事業を優先せざるを得ない」と説明。市は今後、新たに市有地で宿泊施設を運営する業者を公募する考えだ。

 同社と市によると、市有地の賃貸借について昨年1月に交わした覚書を3月31日付で解約した。市は5日の市議会運営委員会で経緯を説明するとしている。

 市は新幹線飯山駅開業前の14年6月、駅前への民間企業の進出を促そうと、小売店や宿泊施設を新設し、市民を雇用する業者を対象に、賃料や固定資産税などを一定期間免除することを盛った条例を制定。この市有地には同社を含む3社から進出の申し出があった。同社は当初、9階建てのホテルに60室程度の客室を備える計画を作成。昨年5月の着工を目指していたが、建設資材の高騰などで計画は先送りになっていた。

 同駅は冬季に外国人スキー客らが多く利用した一方、夏季は伸び悩んだ。同社は「長い目で見れば良い場所だと思うが、(資金の)回収は先になると判断した」とした。足立正則市長は「残念だが、民間企業の話なのでやむを得ない。駅前の宿泊施設の必要性は変わらず、できるだけ早く新たな事業者を決めたい」と述べた。

web魚拓はここ

************************************************

ビジネス的に成り立たないとの判断がでた土地を、 法人飯山市は活用しないと負の財産のまま進行中。

そこで、

飯山商工会議所に補助金15.5億ですから、ホテル建ててねねと、「市長:足立正則(2010年9月から2022年9月)氏が 動いた事案。

日本リゾートシステム(東京)には補助金ゼロ。

飯山ホテル(飯山商会主体)には、補助金15.5億。 詳細はここ

***************************************************************

税金の用途が公平でないのは、長野県の十八番。 ソヤノウッドパワーって調べると闇が見える。

2023年8月24日 (木)

北陸新幹線飯山駅(飯山市)前でホテルの建設や運営を予定する飯山ホテル

「軽井沢のホテル業法人 :日本リゾートシステム」が諦めたことが公開済み。

Photo

信濃毎日新聞の2016年4月1日 記事の紹介、 元はここ

飯山市の北陸新幹線(長野経由)飯山駅前の市有地3千平方メートルでリゾートホテルの建設を計画していた日本リゾートシステム(東京)が計画を白紙撤回したことが31日、分かった。同社は「資金が限られており、他の事業を優先せざるを得ない」と説明。市は今後、新たに市有地で宿泊施設を運営する業者を公募する考えだ。

 同社と市によると、市有地の賃貸借について昨年1月に交わした覚書を3月31日付で解約した。市は5日の市議会運営委員会で経緯を説明するとしている。

 市は新幹線飯山駅開業前の14年6月、駅前への民間企業の進出を促そうと、小売店や宿泊施設を新設し、市民を雇用する業者を対象に、賃料や固定資産税などを一定期間免除することを盛った条例を制定。この市有地には同社を含む3社から進出の申し出があった。同社は当初、9階建てのホテルに60室程度の客室を備える計画を作成。昨年5月の着工を目指していたが、建設資材の高騰などで計画は先送りになっていた。

 同駅は冬季に外国人スキー客らが多く利用した一方、夏季は伸び悩んだ。同社は「長い目で見れば良い場所だと思うが、(資金の)回収は先になると判断した」とした。足立正則市長は「残念だが、民間企業の話なのでやむを得ない。駅前の宿泊施設の必要性は変わらず、できるだけ早く新たな事業者を決めたい」と述べた。

web魚拓はここ

法人としては26年ほどの歴史がある。

Photo2

************************************************

ビジネス的に成り立たないとの判断がでた土地を、 法人飯山市は活用しないと負の財産のまま進行中。

そこで、

飯山商工会議所に補助金15.5億ですから、ホテル建ててねねと、「市長:足立正則(2010年9月から2022年9月)氏が 動いた事案。

日本リゾートシステム(東京)には補助金ゼロ。

飯山ホテル(飯山商会主体)には、補助金15.5億。 詳細はここ

***************************************************************

北陸新幹線飯山駅(飯山市)前でホテルの建設や運営を予定する飯山ホテル(藤巻篤代表取締役)。

同社が飯山簡裁に民事調停を申請中。 ニュース

ニュースじゃ補助金額がすくなく報道されていてバイアス掛ってます。

***************************************

背景が報道されないのが、japan newsの特徴。

飯山駅前市有地宿泊施設整備促進事業に係る基本協定。。kyoteisyo.pdfをダウンロード。

内容は 補助金2件。 資金貸付1件 を利用とある。基本協定で補助金を2本明示ってのは、超レア。 それだけ この法人によりそっており、公平?? 。

 自己資金は総額の1割弱程度で済む???

1,「地域総合整備資金貸付制度を利用」(国からの支援金で 上限10.5億円)

2,飯山市健康増進施設整備事業補助金交付要綱  上限2億円

3,飯山駅周辺地区宿泊施設整備事業補助金交付要綱  上限3億円

合計15.5億。 

これに別途 直轄で国補助をつけれりゃもう20億ほど増えて35億。

 
 
 
 
 
 
 スキームは 全額補助金でホテルを建てる。     「お金かからないしいいんじゃない」:銀行からの借り入れ困難なのでそうしよう?????? 。「当初15億円」とニュースが8月25日。
 
ほらほら 現金ゼロで建物ができるスキームでしたね。
 

まず。

1,  ルートイン66がホテルを建ててこない立地条件。

  これは採算性がないとルートイン側の判断。 補助金10.5億つくならルートイン66もでてくるぜ。

  軽井沢のホテル業法人は撤退したので、あわてて補助金15.5憶案件に変更した。
 

2, 「環境条例違反なものを、特別に認めることは出来ない」が日本の行政ルール。

  飯山ホテルは 「ごり押しで認可しろ」との主張

  計画中の景観計画を遵法しているのは、飯山市長。 法令違反行為を予定中なのが飯山ホテル(藤巻篤代表取締役)。

  前市長の市有地宿泊施設整備促進事業特定法人向けヨイショしてた感が、市長戦の争点。つまり「ヨイショは駄目」が市民の意見。 

 
 

3, 市有地だから 払下げ( 今回 は賃貸 )には市議会での決議が必要。 市議会で 特定の法人をヨイショするのが通るかどうか??

 賃貸金額ゼロ円ってのも、市レベルでは頻繁にあるので、深い闇がある。   大町市では無償でサントリーに渡した。ゼロ円で土地43haをゲットしたサントリーは、「40歳定年」で有名なサントリーです。  ドンドン水を吸い上げ、水使用料金は発生しないスキーム。これが首長指示で通るいい町。

 

 
 

4、ホテルを運営するのは、接客業実績がない土建屋中心。

  ルートイン66がホテルを検討しないエリアで、土建業ホテルが軌道にのる科学的根拠がホテル側から公開されていない。
 
 

5,  飯山ホテルの中核をなす 藤巻建設は、飯山市商工会の副会頭。

Photo

   遵法する市長に、飯山市商工会がいちゃもんをつけている構図

 
 

6,金銭的背景としては 「自力での建設が無理なので、補助金くれ」。工事費総額はどこかにあると思うが、15~20億だろう。 

  「プラン作成したころは11億円でしあがったので、50%を補助金」

 
 

7,もうひとつの金銭背景。

 中核の藤巻建設は 某金融機関から常勤役員1名、非常勤役員1名の計2名くだってきている。  藤巻建設の売り上げからすれば、「下るのは非常勤1名」規模なんだが、 金融機関はどうしてか2名も出している。 2名ともなりゃ 駒ヶ根 ヤマウラ なみの年商がなきゃ、 超不自然。

 ここは登記簿に氏名が公開されているので、公知ですわ。

 
 
 
 

「税金で飯山市の企業を救ってくれ」てのが バンバンと見える飯山駅前市有地宿泊施設整備促進事業です。 こんなの議会で通る飯山市ってのは、民度がひくいぞ。

 *********************************************************

各部屋の面積が随分と狭い。 これで滞在型と呼ぶのはギャクだろう。  机も椅子もないので、病院の個室より劣る設計。     ワンベッドだと1.8坪程度の広さ。これを快適と考える日本人はほぼいないだろう。昭和の設計でもここまでは狭くしていない。

Photo3

 

Photo4

1Fはなんと666m2( 200坪)と オイラの敷地より狭い。

「田舎の農家宅地より狭くてお客が来る」って思想ですでにアウト

コンポーザルですでに支援してくれ、目先は5憶と小さく表記して、15.5憶の支援が調印書に盛り込まれている。

Photo5_2

*********************************************

売り上げは単年度2憶700万円。 病院個室より小さい広さなので1部屋9000円くらいか?

魚拓はここ

Photo6

建物工事費15億円のホテルであれば、固定資産税は1000万円超える。電気代は月150万くらいだろう。灯油代は???

計画では最大宿泊者が92名。

1日売り上げは、92 x9000=828,000円。 1年で302,220,000円(年3億円)

利用率70%で2.1憶円。

ホテル業ノウハウがない側の運営なので、稼働率35%が現実だ。それで試算すると年商1億円。つまり固定資産税を払えないことになる。予想されるスキームとしては「評価額100万円にさげる」

給湯器のメンテナンス費用を貯金必要だ。積み重ねていくと、正規社員への給料も出てこない計算になっていく。

2023年4月20日 (木)

JR飯山駅前市有地へのホテルの建設、運営を行う「飯山ホテル」(藤巻篤代表取締役)

ホテルルートインは上田市で祖業し全国区になった宿屋。 そのルートインが出てこない理由がある飯山市駅前です。

JR飯山駅前市有地へのホテルの建設、運営を行う「飯山ホテル」(藤巻篤代表取締役)

FSPS佐久市八風太陽光発電所事業の 事業主体である藤巻篤氏。藤巻建設の社長でもあり祖業は住宅工事。昨今は 県内金融機関から常時2名在社しておるので、飛ぶことはないとは思うが、、。

どうして「 銀行から2名も下ったのか?」はオイラはわからん。

*********************************************

今日の記事では、飯山市長は補助金交付に同意していない。 むしろ 景観条例違反??なので賛同できない立場だと 暗に表現している。

飯山市商工会会頭である藤巻敦氏のパワーを持っても、行政は遵法したいとの考えが行政にある。

法律にそって判断できる市長で、近隣住民は安堵しただろう。飯山市の前建設部長が天下りしていたら、話は変わったろうとは思う。

「藤巻篤」氏は、佐久平での太陽光発電事業計画においても 環境破壊では? と県知事からの意見がだされ、再度 書面を提出した経緯がある

70youyakusho_compressed.pdfをダウンロード

************************************************************

発電期間終了後の撤去資金があるかどうかは、その地域住人だけが気になる。認可した側の担当公務員は、別部署に配置されているので無関係。公務員がお金をつまむ時代なので、モラルなどは無い国。

天下りを受け入れないと許認可がでない国です。

 未来への準備金として毎年売り上げの5%??はつみたてが必要な時代です。太陽光発電事業のFIT満期ちかくなったら、 会社飛ばして逃げる奴も多発するだろう日本です。

ウェブページ

カテゴリ