Powered by Six Apart

真空管ラジオ ST管 中波&短波 5球スーパー 5号機 Feed

2017年5月 5日 (金)

ST管ラジオを自作する。 まずはシャーシ加工。リードのS-5.

検索でhitした情報のみをreadしていく行為を「摘み食い」と良いネーミングですね。

オイラのlog fileなので、系統的にまとめてはいない。logだからね。

マジックアイの6BR5がshopにもないようだ。 最後まで出品していたここにももう見当たらない。売りきれだね。個人で引っ張ってもマジックアイの不良率は結構高いので輸入には二の足を踏むね。

D2e77306bee50615681c20d19483d8ba

2017022700068118roupeiro00011view

 

***********************************

ST管ラジオを自作する。

シャーシ加工に時間が掛かるが、我慢我慢。リードのS-5.

マジックアイはshop流通ゼロの6BR5. この球がオイラのラストワン。

014

上の受信周波数表示unitは、自作品。詳細はここにある

IFTには「tama」とあるので永井製作所製か?

015

IFTの向きは刻印通りではNGだ。その理由

ヒータピンは逆接地しないこと。メーカー製ラジオだと大半が逆接地。清く正しく配線するとこの程度のハム音になる。

016

ノイズトラップ基板とOSC基板を載せた。 OSC基板は浮動容量を前回より減らした新パターン。

次からのマジッアイは入手性のよい6E2に戻る。(と想っている)

017

一昨年の今ごろは「東京電力の電気量検針器」スマートメーターのキャップ封印機を設計していた。悪意のある人間が開けたかどうかがわかる封印キャップの圧入機。製造ラインの最終工程になる。東京電力のスマートメーターユーザの方、よろしくです。

2017年5月 6日 (土)

ST管ラジオを自作する。 短波のoscコイル製作する。.3バンドラジオ製作。

14939997980007

***********************************

シャーシがS-5と大きいので2バンドラジオになる。 一つしたのS-6でもIFT次第だがレイアウトが綺麗に納まる。 上サイズのS-4だと余裕が発生するので前作はトーンコントロールを入れた。

右はNPOラジオ少年製のOSC-220だ。馴染み深いと想う。左はmy OSC基板で3バンド向けだ。

020

まずPCBから切り離す。

021 my osc基板に移設する。

022

その後、短波用oscコイルを巻く。

使用ボビンとバリコン容量そして目的周波数に応じて巻き数を決める。 デップメーターでバリコンとの共振点を確認しながら巻き数を追い込むが、実装時の目安にはなる。

023

と3バンド用意した。okかどうかは実機通電で判明する。

出品中の商品はこちら

2017年5月10日 (水)

名板シールが変っていた

********************************

名板シールが変っていた。

034

そこそこ前進した。

033

2017年5月14日 (日)

短波で2バンド+bc帯の3バンドST管ラジオ。

Ypo1fyeyqem1342514

*********************************

製作中のst管ラジオはまとまった。

マジックアイは、国内SHOPに在庫ゼロの6BR5。yahooでももう見かけないね。

1,まずBC帯。

040

2,短波1は2.3~4.4Mhz

041

3,短波2は4.5~9.5Mhz

042

OSCコイルは手巻き。 

このバーアンテナ長に3バンド入れたのでやや苦しい。

043

oscコイルデータは取れた。これでbc帯から10MHzあたりまで、OSC出切る。

*******************************

出品中の商品はこちら

通算220番目の作例。

次のstepはST管で高周波増幅を載せるとS-4でも小さい。BC帯で感度が15dBも上がる必要はないと想うのでRFampは短波だけでいいように想う。

カテゴリ